Loading

PHOTO-BLOG

世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

1.jpg

地の果ての魅力

“地の果て”と呼ばれる場所が大好きで、幸運にも世界中の地の果てを体験してきた。
その中で一番親しみがあるのは、もちろん南米です。
“地の果て”とは、“何もない世界”と解釈しています。
7.jpg
「何もない」とは、なんだろうか。
果てしなく延々と、どこまでも地平線が見え続ける。
ぐるりと、氷河をたたえる高峰群に囲まれている。
聞こえる音は、風や川や崩れる氷河だけ。
2.jpg
人がいない。動物も、じっと目と耳を澄ませないと見られない。
南米のいたる所、そして地球のいたる所に、この茫漠ともいえる“何もない世界”が広がっています。むしろ、その茫漠とした何もない世界が、地球の大部分を占めている。
3.jpg
今わたしたちがいる世界とは全く異なる、そんなもう一つの世界に身を置いてみる。
その地球を感じてる時間は、きっと生命観に関わる重要なことなんだろうと思っています。
6.jpg
パタゴニア、レンソイス、ウユニ塩湖など、南米各地の“地の果て”は、この“何もない世界”をじっくり体感する場所です。
“地の果て”の魅力を伝えることを、アンディーナトラベルの「世界観」の根底にしています。
5.jpg

関連ページ

レンソイス砂漠に生きる先住民のルーツ... ブラジル北東岸のレンソイス周辺は、インディオのあまり居住しない土地として、長く無人でした。その無人の土地に人が入り込み始めたのは、16世紀以後のポルトガルによる植民地化の頃からです。サトウキビのプランテーション開発のために、多くの黒人がアフリカ西岸から奴隷として連れてこられた時期が、レンソイス周...
白い砂漠の夕景:レンソイス縦断トレッキング(ブラジル)... レンソイス砂漠で迎える夕日 レンソイスで過ごす時間の中で、最も穏やかな時間帯は夕方です。 陽の高い時間は日差しがかなり強いのですが、陽が傾くと気温も適度に下がり過ごしやすくなります。 大きな空と白い砂丘だけが広がる徹底的に“何も無い世界”で、夕陽を迎える 風音以外には無音の静...
黄昏時のレンソイス砂漠を包む、淡くシンプルな世界の色彩... 色彩が変化するレンソイス砂漠 レンソイス砂漠に現れる青や緑の湖と白い砂丘、二つの鮮やかなコントラストはレンソイス砂漠の大きな魅力です。 そのコントラストが映える時間帯は、太陽が真上に位置する時間帯です。 太陽が傾き始めると、鮮やかなレンソイスの色彩は徐々に、〝淡い”美しさに変わっていきます...
レンソイス砂漠:2万個の湖の華麗な色彩変化(ブラジル)... レンソイス砂漠に現れる2万個の湖 最大で2万個とも言われるブラジル・レンソイスの湖は、全ての湖の色が異なります。 セスナ機で空から見ると同じ色の湖が延々と連なるように見えますが、実際に砂漠の目線で見れば、緑から黄土色、赤まで、さらに細かい色彩の変化は無限とも言えるほど多彩。 その時...
レンソイス砂漠トレッキング:異世界的な絶景が広がる... 一年に数ヶ月だけ現れるエメラルド色の湖は数百におよび、それらの湖と白砂の砂漠が織りなす景色には、「異景」という言葉がぴったりです。 地平線まで真っ白な砂漠はまるで雪原のようで、サングラスが無ければ“雪焼け”ならぬ“砂焼け”してしまうような場所です。 風の音以外に何も聞こえない砂漠を歩き、湖畔...
《動画》ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」... 動画で追体験するレンソイス:奇跡の絶景 アマゾン上流から流されてきた水晶の結晶が、気の遠くなるような年月をかけて蓄積して形成されたのが、ブラジルの「レンソイス砂漠」です。 大西洋から吹き付ける風と波に洗われて、純度の高い白い砂漠ができるまでの創生の歴史は、人智の及ばない壮大な「地球のリズム」...

マチュピチュの軽ハイキング・ルート:「太陽の門」

テント泊トレッキングの装備④:ダッフルバッグ、それともスタッフバッグ?

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ブラジル・レンソイス砂漠の畔に暮らす人々

    2015.01.16
  2. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
  3. 【幻想風景】ブラジル・レンソイス砂漠の夕景/国際コンテスト入選作品

    2018.10.05
  4. 白砂の砂漠を歩く、レンソイス縦断トレッキング

    2016.07.11
  5. 《動画》ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」

    2017.12.04
  6. レンソイス砂漠:2万個の湖の華麗な色彩変化(ブラジル)

    2015.03.29
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP