Loading

PHOTO-BLOG

世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

1.jpg

地の果ての魅力

“地の果て”と呼ばれる場所が大好きで、幸運にも世界中の地の果てを体験してきた。
その中で一番親しみがあるのは、もちろん南米です。
“地の果て”とは、“何もない世界”と解釈しています。
7.jpg
「何もない」とは、なんだろうか。
果てしなく延々と、どこまでも地平線が見え続ける。
ぐるりと、氷河をたたえる高峰群に囲まれている。
聞こえる音は、風や川や崩れる氷河だけ。
2.jpg
人がいない。動物も、じっと目と耳を澄ませないと見られない。
南米のいたる所、そして地球のいたる所に、この茫漠ともいえる“何もない世界”が広がっています。むしろ、その茫漠とした何もない世界が、地球の大部分を占めている。
3.jpg
今わたしたちがいる世界とは全く異なる、そんなもう一つの世界に身を置いてみる。
その地球を感じてる時間は、きっと生命観に関わる重要なことなんだろうと思っています。
6.jpg
パタゴニア、レンソイス、ウユニ塩湖など、南米各地の“地の果て”は、この“何もない世界”をじっくり体感する場所です。
“地の果て”の魅力を伝えることを、アンディーナトラベルの「世界観」の根底にしています。
5.jpg

マチュピチュの軽ハイキング・ルート:「太陽の門」

テント泊トレッキングの装備④:ダッフルバッグ、それともスタッフバッグ?

関連記事

  1. レンソイス砂漠の造形美:極小の風紋と極大の砂丘(ブラジル)

    2015.03.28
  2. 2018年ブログ人気記事セレクト

    2018.12.29
  3. レンソイス・トレッキング:馬とともに歩く

    2019.07.14
  4. 【ブラジル】レンソイス特集① レンソイス砂漠の魅力

    2013.04.02
  5. レンソイス砂漠に生きる野生動物の営み(ブラジル)

    2016.07.20
  6. レンソイス縦断トレッキング2020/水晶の白砂漠をテント泊で歩く

    2020.02.02
パタゴニア
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP