Loading

PHOTO-BLOG

テント泊トレッキングの装備④:ダッフルバッグ、それともスタッフバッグ?

1.JPG

ダッフルバッグ、それともスタッフバッグ?

テント泊トレッキングで、ロバ、リャマ、あるいはポーターに預ける荷物は、どのようなバッグが良いでしょう。
それは、トレッキングのコースやスタッフの手配内容で千差万別ですが、総じて下記の二つのどちらかで良いでしょう。

ダッフルバッグ

ダッフルバッグは、ロバやリャマに縛り付ける時に便利です。ある程度は形が崩れる事もなく、一部の荷物が紛失することもなく、多少は乱暴に扱われても大丈夫です。それらの荷物にはシートで包んだり防水処置もされるものですが雑に覆われるだけな時もあるので、悪天では濡れる可能性は常にあります。素材は防水加工であれば確実です。

ライトウェイト・ブラックホール・ダッフル 30L

ライトウェイト・ブラックホール・ダッフル 45L

ブラックホール・ダッフル 60L

ブラックホール・ダッフル 90L

ブラックホール・ダッフル 120L

スタッフバッグ(大)

ポーターが人力で担ぐ時には、バッグよりも袋状の方が良い場合もあります。ポーターが持っているのは一つの大型ザックであったり、背負子であったりして、そこに複数を押し込むことがあるからです。
このように、防水素材の重くてかさばるダッフルバッグよりも、スタッフバッグで預けた方が良い場合もあります。念のために中身で大事なものは、個別に防水処置を施してスタッフバッグに入れる必要があります。



2_edited-1.jpg
石井スポーツ ISUKA:60-80L

関連ページ

海外トレッキングの道具:車輪付ダッフルバッグ... アウトドア体験を目的に旅行をすると、どうしても荷物が多くなることがあります。また、現地への交通手段も、空路であればセスナ機~中型機まで様々、バスや船、時にはロバやヤクが運搬することもあります。寒冷地への旅行であれば、装備も増えるでしょう。そのような状況に対応できる手段としては、スーツケースよりも...
海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは... 過酷な環境に柔軟に対応する「ダッフルバッグ」 防水で耐久性のある「ダッフルバッグ」は、海外トレッキングや秘境地域で大きく活躍します。パタゴニア、ペルーやボリビアのアンデス山脈、ギアナ高地やレンソイス砂漠など、あらゆるアウトドア・シーンで必要な基本装備です。 ポーターやロバ(リャマ)が運ぶ...

世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

アラビアの砂漠に辿り着く、中南米のコロニアル建築の原点

パタゴニア

関連記事

  1. テント泊トレッキングの装備:テルモスと耐熱性ボトル

    2014.01.26
  2. 海外トレッキングの道具:車輪付ダッフルバッグ

    2014.02.02
  3. 登山の服装:ベースレイヤー編「メリノウール」

    2015.12.27
  4. 登山の服装:インサレーション編「ダウンセーター」

    2016.01.01
  5. テント泊トレッキングの装備②:ダウン・ジャケット

    2014.02.19
  6. テント泊トレッキングの装備③:ナイフ

    2014.12.21
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP