Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間

2017年ゴールデンウイーク企画「インカの古道と信仰の山を歩く 7日間」

2017年ゴールデンウイーク企画「インカの古道と信仰の山を歩く 7日間 ~インカトレイル、マチュピチュ、 ワイナピチュ、レインボーマウンテン~」

観光だけでは物足りない、体験をもっと深くしたお方向けに企画したのが、こちらのツアーです。

インカの古道インカトレイルを始め、ワイナピチュ登頂、ウルバンバ谷ハイキング、レインボーマウンテン・ハイキングなど、盛りだくさんのツアーです。

ハイキングをツアーの主体にすることで、より深くペルーの人々や文化に触れあうことができるでしょう。

マチュピチュ遺跡への古道「インカトレイル」、マチュピチュ遺跡の背後にそびえる「ワイナピチュ峰」、インカの聖なる峰・アウサンガテの山麓「レインボーマウンテン」、そして地元ケチュア族の村から田園風景を望む「ウルバンバ谷展望の丘」を歩きます。

マチュピチュ遺跡へ続く、インカトレイルとは

インカ時代の古道で最も重要な区間は、マチュピチュ遺跡へと繋がる区間でした。その最後の最も重要な区間を歩くのが、インカトレイルです。
スペイン人の侵略でほとんどの古道が破壊される中、奇跡的にこの区間は100年前まで手つかずで隠し続けられた区間でもあります。
インカ時代に人々が見た光景と同じ道を見ることができます。

インカトレイル日帰りハイキングでは、鉄道を途中で下りて、徒歩でマチュピチュ遺跡を目指します。途中には、インカトレイル入山者のみが見れる貴重な遺跡を見学することも可能です。最後の峠を越えて、太陽の門をくぐると、眼前にマチュピチュ遺跡が現れます。
※インカトレイルは厳しい入山者数の制限がされています。1日約200人の入山者に限定されているために、乾季のベストシーズンの入山許可証は約4ヶ月前には完売しています。

マチュピチュ遺跡&ワイナピチュ峰登頂ハイキング

インカ文明の秘密が詰め込まれたマチュピチュ遺跡では、遺跡の中枢を担った神殿地区を中心に、地元ガイドならではの切り口で解説をします。
観光だけではなく、マチュピチュ遺跡の背後に聳えるシンボリックな山・ワイナピチュ峰に登頂します。
見かけほどには困難な道ではないので、ゆっくり慎重に歩けば問題の無い山です。往復約2.5時間の歩行では、山頂から見下ろすマチュピチュ遺跡がハイライトとなります。

ウルバンバ谷の小さな村・ミスミナイ

クスコとマチュピチュ遺跡の中間に位置するウルバンバ谷には、標高が低く気候も過ごしやすいことから高度順応に一日滞在します。

かつてインカ帝国の皇帝は、避寒地として、このウルバンバ谷を利用していました。
谷には無数の遺跡がひしめき、インカ帝国にとって重要な谷であったことが分かります。

ウルバンバ谷の滞在日には、ケチュア族のミスミナイ村を訪問します。
弊社のインカトレイルでは、この村からポーターが派遣されています。一つの村からポーターが来ることで、トレッキング・スタッフともより家族的な関係をもつことができています。
ミスミナイ村では、古代から続く聖なる儀式や、天然染料を使った織物の制作過程などを、村人が実演してくれるでしょう。

また、村の外れの丘へ軽ハイキングをします。
丘からは、ウルバンバ谷の広大な田園風景を望めます。かつてこのウルバンバ谷周辺がインカ帝国の重要な穀倉地帯であったことも分かるでしょう。
眼下には、かつて農業試験場であったと言われるモライ遺跡も見えます。

ウルバンバ谷のマラス塩田とオリャンタイタンボ遺跡

ウルバンバ谷の小さな大地の裂け目から、塩水が染み出る場所があります。
小さな小川とも言えないほどの流れから、とても大きな塩田が生まれました。
マラス塩田は古代から綿々と受け継がれて、今も利用されている塩田です。
眼を疑うほどの規模の塩田を実際に歩いてみましょう。

インカ時代の遺跡が集中する約30kmほどのウルバンバ谷には訪問する場所もいくつもあります。
ここでは“遺跡”はとても身近な存在なのです。

谷から山の斜面を見上げれば、風景に同化している遺跡をいたるところで目にします。
ウルバンバ谷の宿泊は、マチュピチュ鉄道駅のすぐ近くです。

徒歩でオリャンタイタンボ遺跡も訪れます。巨石が針を通さぬほど精緻に組まれていることで有名な遺跡です。
地元ガイドの歴史解説も熱くなる場所です。

インカ帝国の古都クスコ

インカ帝国の古都であるクスコは、首都リマからマチュピチュへの基点です。
単に通過してしまう場合もありますが、やはり滞在すべき素敵な場所です。

スペイン統治時代のコロニアル建築が広がるこの町も、多くの魅力を秘めています。
街の全体を覆う遺跡と、白い壁と橙色の瓦のスペイン建築に彩られて、とても居心地の良い場所です。

インカ帝国の重要な神殿であったコリカンチャを始め、クスコを見守る高台に鎮座する巨石のサクサイワマン遺跡を訪問します。

霊峰アウサンガテ山麓・レインボーマウンテン

霊峰アウサンガテは、今もケチュア族に信仰される聖なる山です。
この霊峰の山麓に、近年注目を集めているレインボーマウンテンがあります。

太陽光線の当たり具合により、地中に含まれる鉱物に微妙に反射して、綺麗な七色が浮かび上がります。
かつてはテント泊で4・5日かけて歩く必要がありましたが、今では日帰りハイキングで見ることができます。
ここ数年、注目されている場所です。

ツアー詳細と日程表

このように、7日間のペルー滞在では、ハイキングをメインに観光要素もふんだんにした内容です。
毎日盛りだくさんの日程の中で、“歩く”ことを通して、ペルーの今を体験することができるでしょう。
詳しくはお問い合わせください。

関連ページ(ペルー)

関連ページ

マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ... 早朝、まだマチュピチュ村からシャトルバスが大量に来ない時間帯、マチュピチュ遺跡はとても静かだ。 マチュピチュ遺跡では、石切場が好きだ。 今では遺跡のいたる所がロープで区切られて立ち入り禁止になり、監視員が目を光らせている。だから、マチュピチュをじっくりと時間をかけて見れる場所は意外に少な...
アンデス高原鉄道① 古都クスコから天空のチチカカ湖へ... チベットの西蔵鉄道に次いで、世界で二番目に標高の高い鉄道「アンディアン・エクスプローラー号」は、ペルーの古都クスコとチチカカ湖畔のプーノを繋ぐ豪華鉄道だ。 正確に説明すると、世界で二番目にカウントされる根拠は、最高地点・ラヤ峠が4,320mを通過するからだ。ボリビアやアルゼンチンにも高原鉄...
マチュピチュ遺跡で朝日を待つ-撮影ツアー... マチュピチュの日の出は少し遅い。 周囲はもっと標高の高い山々に囲まれて、マチュピチュは深い谷の中腹に位置するからだ。 早朝の夜明けの後、太陽が東の山の端から顔を出すまでは、少し静かな時間がある。 ひとたび陽光がワイナピチュ峰の山頂を照らすと、遺跡に陽が届くのは早い。 斜光線に照らされ...
ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」... アンデスの高原を列車にゴトゴト揺られながら旅をする 鉄道の旅ならではの独特の旅情に浸れるのが、クスコ/プーノ間を結ぶ「アンディアン・エクスプローラー号」です。 私自身も子供の時に、「世界の車窓から」でこの路線を知り、大いに好奇心を沸かせたものです。 いつか自分も世界を旅するのだと、子供...
南米アンデス・トレッキング④:専属ガイド同行『インカトレイル』... テント泊インカトレイル・トレッキング ①ではマチュピチュの「日帰りハイキング」、③ではテント泊インカトレイルの“混載ツアー”を紹介しました。 今回は、3泊4日のインカトレイルを、“専属ガイド同行の貸し切りツアー”で歩くトレッキング・ツアーを紹介します。 会社の休みが最大でも8~10...
先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存... アンデスの女性は働き者だ。農作業の傍ら、家事や育児、そして織物の内職などに勤しむ。 立ち話をしているような時間も、余っている手で糸を紡いでいたりする。 そんなミスミナイ村の女性が作った織物は、ツーリスト向けに加工されて、クスコのお土産屋に運ばれる。 ミスミナイ村コーナーがあり、ミスミナ...

白い水晶の砂と青空のコントラスト:レンソイス砂漠の奇跡

レンソイス砂漠の大きな入道雲(ブラジル)

パタゴニア

関連記事

  1. ペルー料理お食事会:新世代のシェフの絶品料理

    2019.04.22
  2. 《山岳写真》ペルー・ブランカ山群の名峰ワンドイの朝日

    2018.08.22
  3. 世界のペルー料理:クスコの名店の美食メニュー(セビーチェなど)

    2016.06.24
  4. ペルー・マチュピチュ遺跡:2019年からの入場制限

    2018.08.13
  5. インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く

    2017.12.15
  6. ペルー・アンデス山脈の壮麗な山岳展望:ブランカ山群トレッキング

    2017.11.11
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP