Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・インカトレイル・トレッキング1日目:マチュピチュ遺跡へ

インカトレイルとは

ペルー・インカ古道「インカトレイル」は、マチュピチュ遺跡へと続く約30kmの道です。

南米中に張り巡らされたインカ時代の道のなかで、この区間だけがインカ時代から封印されるように、約100年前にハイラムビンガムに発見されるまで、マチュピチュ遺跡とともに密林の中で眠っていました。

インカ帝国の都・クスコを中心に、巨大なネットワークとして全長約4万キロとも言われる古道の中で、約30キロだけが手つかずで残っていたという事実は、ロマンを越えて奇跡に近いと思えてきます。

深い山奥を通る道なので、この区間は一般のツーリストはアプローチができません。訪れることができるのは、一日200名に限定された3泊4日のトレッカーのみなのです。
世界中のトレッカーに注目されているので、この200名の枠(入山許可証)は半年以上前に完売することが多いです。

インカトレイルの準備

インカトレイルの手配では、トレッキング・ガイドや荷物を運ぶポーター、コックなど、同行スタッフも同時に手配します。アップダウンのあるルートで快適に歩くには、同行スタッフの手配内容が大きく影響します。適材適所で必要な人数がいて、全員がうまく機能しなければ、思わぬ苦労を味わうことになるでしょう。
トレッキング専門の会社がトレッキングを手配することで、そのような出発前からの気苦労がなくなります。

トレッキング前日の高所順応のコツ

トレッキング前日は、リマからクスコに到着します。クスコは標高3400mの高所ですので、一日目にクスコに宿泊するのは、あまりお勧めはしません。翌日からのインカトレイルを快適に行うには、この日はクスコから約1時間の距離にあるウルバンバ谷に宿泊するのをお勧めしています。ウルバンバ谷はクスコよりも800mほど標高が低いので、高所順応に丁度良い場所です。
午後、クスコでトレッキング・ガイドと合流して、ウルバンバ谷へ向かいます。
※ウルバンバ谷に宿泊の場合、ガイドや専用車の拘束時間が増えるので、クスコ泊の場合よりも料金は高くなります。

トレッキング1日目:谷の生活道を歩く

朝、専用車でトレッキング登山口(2700m)へ移動します。マチュピチュへ続く鉄道の線路に沿って、ここまで車道が通っています。登山口に着くと、ポーターやコックも待っています。

弊社のトレッキングでは、お客様の荷物の大半はポーターが運びます。現場で用意する「寝袋」「マット」に加えて、一人当たり数キロの荷物は、現場でお渡しするダッフルバッグに入れていただき、ポーターが運びます。個人装備の大半はポーターが運ぶので、自分で担ぐ荷物は水・貴重品・カメラ・雨具などだけで、「日帰り」用のザック(リュックサック)で歩けます。
共同装備である「テント」「携帯トイレ(テント付き)」「食事」「調理器具」「椅子・テーブル」「食堂テント」は、ポーターが運びます。弊社で手配するポーターは、すべて同じ村の出身者で固めますので、非常に雰囲気が良くフレンドリーに動いてくれるでしょう。

登山口で、ポーターが荷物を預かると、トレッキング開始です。ポーターやコックたちは先に歩いていきます。昼食ポイントで椅子やテーブルを広げるために先行します。
登山口では、パスポート・コントロールがあり、ここで入山許可証をチェックします。ここから先は、入山許可証を持つ人だけが入ることができます。

この日の行程は足慣らしに丁度良い区間です。約6キロの間、標高差はほとんどなく、地元先住民の暮らす生活道を歩きます。すれ違う村人に挨拶をしながら、そしてときおり、線路を鉄道が通過するでしょう。そして、小さな遺跡がちらほらと目につくでしょう。
正午過ぎに、最初の大規模な遺跡・リャクタパタに到着します。段々畑が連なる遺跡の光景に圧倒されますが、トレイル後半ではもっと迫力のある遺跡をいくつも見るでしょう。
リャクタパタを過ぎると、コックやポーターがお昼ご飯用に食堂テントを張って待っています。谷底の道から、上を仰ぐように振り返れば、氷雪をまとうベロニカ峰(5620m)が見えてきます。

昼食後、再びトレッキングを開始して、約2時間ほどで、最初のキャンプ地・ワイリャバンバ(3000m)に到着します。
ワイリャバンバは小さな集落で、ここまでが生活道ですので、道中で飲み物を買うこともできます。

ここから先が、いよいよ本格的な「インカトレイル」の始まりです。
人の生活もなく、約100年前まで埋もれていた時とほとんど同じ風景を歩くことになります。

それは、インカ時代の人々が見たであろう景色と同じ景色を追体験するような貴重なトレッキング・コースを歩きます。

関連ページ

マチュピチュ遺跡とインカトレイルを堪能するペルー旅行『 7つのポイント』... 峻険な渓谷を見下ろす、天空の遺跡マチュピチュとは 峻険な岩山の尾根を覆うように建設されているマチュピチュ遺跡は、コンドルのように空から見なければ発見することができない、まさに“空中都市”です。 “空中都市”マチュピチュがハイラムビンガムに発見されたのは1911年でした。 その発端は、付...
ワイナピチュ峰からマチュピチュ遺跡の全貌を望む... マチュピチュの背後に聳えるワイナピチュ峰をよく見ると、断崖の上部は遺跡で覆われているのが分かる。 巨大な宗教施設であるマチュピチュにとって、ワイナピチュはご神体のような存在なのだろう。 ワイナピチュ峰は標高差約300mを登ることになる。直登なので見た目ほどには山頂まで時間はかからない。 ...
インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは... インカの段々畑「アンデネス」とは アンデス山脈の遺跡の特長といえば、幾重にも連なる段々畑がすぐに思い出されるだろう。 この段々畑は、「アンデネス」と呼ばれる。 山の斜面を隅々まで使うかのように、インカ時代、そして前インカ時代の人々は、とてつもない執念でどこにでも畑を作ったのだ。 ...
サンクチュアリ・ロッジを基点にマチュピチュ遺跡を歩く... ベルモンド・サンクチュアリ・ロッジは、マチュピチュ遺跡の入口にある唯一のホテルだ。 遺跡の入口に隣接している、というメリットは計り知れない価値がある。 早朝や夕方、人の少ない時間帯にマチュピチュ遺跡にいることができるのだ。 他の全てのホテルが、遺跡からシャトルバスで約30分の“マチュピ...
マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石... 石組みの精巧さの違いで、その建物の重要度が分かる。 神殿などでは、クスコと同じく、針一本をも通さないほどに見事に組み合わされている。 マチュピチュで、そういった宗教的な施設と見られる場所には、巨石がある。巨石を削ったり、あるいは巨石に一体化するかのように石組みを重ね、元々の地形を尊重して...
インカの聖なる谷“ウルバンバ谷”の7つの魅力(ペルー旅行)... クスコとマチュピチュの中間地点:ウルバンバ谷 インカ文明の中心を担った“聖なる谷”として知られるウルバンバ谷は、クスコとマチュピチュの中継地点としての役割だけではなく、丸一日を費やしても時間が足りないほどの魅力があります。 インカ帝国の都クスコ(3400m)とマチュピチュ遺跡(2400m...

ブランカ山群の山岳展望:ペルー・アンデス山脈の大地創生の成り立ち

インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く

パタゴニア

関連記事

  1. マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開

    2016.02.18
  2. インカの天然染料:ウチワサボテンの虫、コチニージャ

    2015.03.14
  3. ペルー・マチュピチュ遺跡のモデルプラン:8~10日間

    2015.11.28
  4. 南米アンデス・トレッキング④:専属ガイド同行『インカトレイル』

    2015.12.10
  5. ペルー・アンデスの核心部を歩く:ワイワッシュ山群トレッキング

    2019.04.15
  6. ペルー料理:アンデスの山の幸「ルピナスのセビーチェ」

    2017.11.28
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP