Loading

PHOTO-BLOG

インカトレイル・トレッキング③:ペルー・アンデス山脈と古代遺跡の絶景を歩く

トレッキング4日目:壮大な遺跡群を歩く

トレッキング最終日は、夜明けに前に起きて、朝日を待ちたいところです。

稜線のキャンプは、インカトレイルで最も展望の良い立地だからです。
ビルカバンバ山群の最高峰サルカンタイ峰(6264m)とウマンタイ峰(5459m)が朝日に照り輝く瞬間は、プユパタマルカにキャンプしなければ望めない特別な展望です。

朝日と氷雪の峰々を望みながら朝食を食べて、いよいよトレッキング最終日の始まりです。

意気揚々とスタッフ達も出発します。
キャンプの真下にあるプユパタマルカ遺跡を見学しながら、少しづつ標高を下げて森の中へ。ここからは山の展望はなくなり、森の中を遺跡見学しながら歩きます。

ここまで来ると、古道の出来はさらに堅固なのとなり、当時の職工たちの執念が伝わってきます。たとえ行く手に大きな岩があったとしても、道は避けることなく、巨岩を階段状に削りながら道は進みます。インカ時代の人々の頑固さをきっと感じることでしょう。

密林に埋もれて、まだ発掘されていない遺跡が顔を覗かせている部分もあります。マチュピチュ遺跡も含めて、まだ当時の遺跡の全容は掴めていないのです。


“太陽の畑”を意味する日当たりの良い斜面の「インティパタ遺跡」も、全容が掴めない巨大遺跡の一つで、密林から一部だけ顔を出しています。
遺跡内の階段を歩き、インカトレイルをさらに奥へ。

お昼前に到着するのが「ウィニャイワイナ遺跡」です。
遺跡を見学する前に昼食を食べて、いよいよ最後の「ウィニャイワイナ遺跡」を見学します。見事な段々畑は半円状に広がります。遺跡の段々畑は下は森に覆われていますが、谷底まで続く巨大な遺跡です。

ウィニャイワイナ遺跡の見学後、いよいよインカトレイルの最後の部分です。最後は、じわじわと登る石段を一歩一歩登ります。ストーリー性までも考えて作られたインカトレイルでは、この最後の登りで景色を見せないのも一つの仕掛けなのかもしれません。

石段のかなたに「門」が見えてきたら、インカトレイルのゴールも間近です。「太陽の門(インティプンク)」をくぐると、目の前にマチュピチュ遺跡が現れます。
4日間かけて歩いた末に現れるマチュピチュ遺跡は感動的で、ときに涙を流す人もいるほどです。

「太陽の門」から望むマチュピチュ遺跡の背後には、巨大なワイナピチュ峰も見えます。「太陽の門」からマチュピチュ遺跡までは、感動の余韻にひたりながら、約40分ほど歩き、トレッキングは終了となります。

この日はマチュピチュ遺跡内に入る時間はありませんので、シャトルバスでマチュピチュ村へ下ります。

先に到着したポーター達が、荷物をホテルに届けているはずです。

4日間のテント泊トレッキングの達成感とともに、まずはシャワーを浴びて、ビールを飲みたいところです。
マチュピチュ村は標高2400mで低いです。インカトレイルで慣れた体には高山病の恐れもないので、ビールの味も格別でしょう。

関連ページ

聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ... ウルバンバ谷は、その地形的な好条件により気候は割と温暖で、インカ帝国の時代にはクスコからの避寒地や穀倉地帯として栄えた。農業試験場跡のモライやマラス塩田など多くの遺跡が残り、インカ帝国にとって、ウルバンバ谷はインカ文明の核心部であった。そのことから、「聖なる谷」と呼ばれる。 谷を通り、マチ...
ペルーとイグアスの滝を結ぶ直行便:ラ・タム航空... ペルー&イグアスの滝を周遊するラタム航空の航空券 広大な南米大陸の周遊には、「ペルー」と「イグアスの滝」を周遊する、ラタム航空の航空券(日本発着)が非常にリーズナブルです。 ペルーの首都リマと、イグアスの滝(ブラジル側)に就航しているラタム航空の直行便で、リマ/イグアスを往復するのが条件...
マチュピチュ遺跡の展望ポイント:石切り場... 「失われた都市」マチュピチュ遺跡 「空中都市」とも呼ばれるマチュピチュ遺跡は、アンデス高原とアマゾンの中間に位置する。標高2400mの尾根に建設された遺跡は、山麓からは全く見えず、欧米の探検隊の侵入を阻んでいた。その隠された都市もかつては山麓から標高差約400mに渡り、高さ3mの段々畑が延々と...
先住民のミスミナイ村が目指すツーリズムとの共存... アンデスの女性は働き者だ。農作業の傍ら、家事や育児、そして織物の内職などに勤しむ。 立ち話をしているような時間も、余っている手で糸を紡いでいたりする。 そんなミスミナイ村の女性が作った織物は、ツーリスト向けに加工されて、クスコのお土産屋に運ばれる。 ミスミナイ村コーナーがあり、ミスミナ...
2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近... マチュピチュへ、インカの古道を歩く 「インカトレイル」の入山許可証の確保は、年々厳しさを増しています。 世界中のトレッカーの注目を浴びていますが、入山制限の条件は同じなので、今では4ヶ月前には完売してしまうような状況です。 2015年のインカトレイル入山許可証は、一月中旬に開始する予定です...
第二のマチュピチュ:チョケキラオ遺跡・テント泊トレッキング... 第二のマチュピチュ:密林の巨大遺跡チョケキラオ マチュピチュ遺跡の南西約40kmに位置するチョケキラオ遺跡は、その保存状態の良さと規模の大きさから、第二のマチュピチュ遺跡と言われます。 この遺跡の規模は、マチュピチュの約12倍というとてもつもない大きななのです。 トレッキングが唯一のア...

インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く

南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)

パタゴニア

関連記事

  1. ペルーの白亜の古都「アレキパ」:青と紅の聖カタリーナ修道院

    2016.07.31
  2. マチュピチュの軽ハイキング・ルート:「太陽の門」

    2015.03.15
  3. 南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング

    2018.05.28
  4. アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ」:リニューアル運行

    2017.05.11
  5. 【ペルー・アマゾン】クルーズで望む、燃えるような朝日と夕日

    2017.06.20
  6. ペルー・インカを象徴する花:国花カントゥータ(ハナシノブ科)

    2018.04.16
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP