Loading

PHOTO-BLOG

インカトレイルの魅力② サヤクマルカ遺跡~マチュピチュ遺跡

2泊目のパカマヨ・キャンプでは、インカの遺跡である段々畑(アンデネス)の段にテントを張ります。
3日目は、飛脚(チャスキ)の休憩所であったルンクラカイ遺跡を通りルンクラカイ峠を越えると、徐々に道はインカ道らしく整備されてきます。
1.JPG
城塞都市としての機能があったと言われるサヤクマルカ遺跡。高台にありますが、さらに上の山の中腹に小さなダム湖を作りそこから水を引いていたと言われます。遺跡には水路が通っています。
2.jpg
水路は、壁の上部を通っていたりします。遺跡では、どのように水を張り巡らせていたかも見学できます。
3.jpg
小規模な遺跡をいくつも通ります
4.jpg
道の直下は絶壁であったり、岩のトンネルを通ったりします。絶壁にどのように作ったのか想像するだけでもロマンがあります。インカ人は、道を作ると決めたルートには何としても作ったようです。大きな岩のある場所では、岩を階段状に削った場所もあります。
5.jpg
プユパタマルカ遺跡。この遺跡を見下ろす丘の上が3泊目のキャンプ地です。遠く見える峠が「太陽の門」です。前方の山は、マチュピチュ山。その山の裏が翌日のゴール、マチュピチュ遺跡です。
6.JPG
7.JPG
キャンプから見る夜明けのサルカンタイ峰。ビルカバンバ山群の最高峰で標高は6264mです。
8.JPG
弊社が手配するトレッキングでは、ここに必ず宿泊します。欧米人のトレッカーと一緒に歩く混載ツアーでは、さらに奥の展望の悪いキャンプ地に泊まるので非常にもったいないです。手配するツアーの種類や会社により、キャンプ地は異なりますので、ご注意ください。
9.JPG
翌朝、プユパタマルカ遺跡を通り、マチュピチュを目指します。トレッキング最終日!
10.JPG
インティパタ遺跡。マチュピチュに近づくほどに遺跡は巨大になり、インカ道も堅牢になります。これらの遺跡を見れるのは、インカトレイルを歩く方だけです。
11.JPG
ウィニャイワイナ遺跡
12.JPG
13.JPG
14.jpg
最後の長い登り。太陽の門へ。
15.JPG
太陽の門に到着!この門を通ると、マチュピチュ遺跡が、どーんと現れます。
16.jpg
マチュピチュ遺跡の遠望。右の山がワイナピチュ峰。4日間かけて歩いた末に、マチュピチュを目にすると、涙が出るほどに感動します。
17.jpg
最後の余韻に浸りながら、マチュピチュへ。
18.JPG
マチュピチュ到着。この日は15:00頃に到着するので、遺跡には入らずにマチュピチュ村へ下ります。
19.JPG
翌朝、まずは遺跡を通り、ワイナピチュ峰へ
20.JPG
ワイナピチュ峰山頂から望む、マチュピチュ遺跡。左側に続く一筋の道をたどると太陽の門も見えます。
この後で下山して、遺跡主要部を見学します。

関連ページ

ケチュア族のミスミナイ村:信仰に根付く生活風景... ケチュア族の生活を見学するために、ミスミナイ村へ。 クスコとウルバンバ谷の中間にあるので、アクセスがとても良い。 村に着くと、入口で村人が迎えてくれる。 笛と太鼓の音を通して、ケチュア族の別世界へ引き込まれる。 ケチュア語とスペイン語の混じる村人の案内は、日本語ガイドのセルヒオが細か...
ペルー・ブランカ山群:ヤンガヌコ峠で氷雪峰の撮影... ワンドイ:右・東峰(6,070m)、左・北峰(6,395m) ペルー最高峰ワスカランの大展望 ペルー・ブランカ山群はほぼ赤道直下に位置するが、標高4,000m以上では朝晩は凍てつくように寒い。 朝3:00にキャンプ(3,400m)を出発して、車でヤンガヌコ峠直下の展望台(4,500m)...
アンデス山脈の黄昏:氷雪峰の魔法の色彩 -ペルー・ブランカ山群... ペルー・ブランカ山群:名峰ワンツァン(6395m)の夕景 刻々と変化する氷雪峰の色彩変化を見つめるのは、この上ない喜びだ。 それはとても原初的で純粋な感嘆なのだと自身で感じることができるだろう アンデス山脈でひときわ高峰が集まるペルー・ブランカ山群では、朝夕の薄明・薄暮の黄昏時が特にダ...
ペルー:10ドルで、原生自然の保護「カーボン・オフセット」... 旅行活動で生じる二酸化炭素 ペルーを旅行することは、およそ0.7トンの二酸化炭素の排出に相当する活動行為であると言われます。 活動することで生じてしまう二酸化炭素の排出を相殺するために、「カーボン・オフセット制度」を利用して、“地球の肺”の役目を担うアマゾンの熱帯雨林の保護に貢献することが可...
ペルー&ボリビア:アンデス山脈の山岳展望を求めて... 圧倒的に広い南米大陸の大地 南米大陸で巡り合わせた風景は、空も山も大きくて、人の存在は圧倒的に小さいものだ 日本の風景や生活に“渇望”される何かが、南米の風景には秘められているのだろうか。その曖昧模糊な乾いた無意識が、異次元的なスケールと麗しい生命の営みが織りなす南米的な風景に惹きつけら...
代表的なメニューを完食!「ペルー料理お食事会」... ペルー名物のマリネ(セビーチェ) 先週の土曜日は「ペルー料理のお食事会」を開催しました。 ありがたいことに10名様にご参加いただき、代表的なメニューはだいたい食べれたでしょうか。 ペルーのビールは“クスケーニャ”と“クリスタル”、さらにペルーやチリの国民的なカクテル“ピスコサワ...

インカトレイルの魅力① スタート地点~ワルミワニュスカ峠

「ウルトラ・トレイル Mt.フジ」に、ベネズエラ人選手が挑戦!

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ツーリズムに門戸を開く、先住民のミスミナイ村

    2015.07.28
  2. アンデスの聖なる料理「パチャマンカ」の作り方②

    2016.06.13
  3. インカトレイル・トレッキング③:ペルー・アンデス山脈と古代遺跡の絶景を歩く

    2017.12.19
  4. ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する

    2016.02.29
  5. ペルー・ブランカ山群の花畑をフラワーハイキングで巡る

    2017.10.01
  6. ペルー:10ドルで、原生自然の保護「カーボン・オフセット」

    2014.10.30
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP