Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・マチュピチュ遺跡:2019年からの入場制限

マチュピチュ遺跡の入場制限

マチュピチュ遺跡では、今年7月より遺跡の最大滞在時間(最大4時間)が決められ、入場にはガイド同行が義務付けられました。来年2019年1月からはさらに新しい入場制限が付加適用されることになります。

2019年1月からの新規定により、最大滞在時間の4時間は厳格化されて、入場者を効率的に循環させるのが目的のようです。これまではトイレ休憩などで、一度退場してから再入場が可能でしたが、原則的にはこのような再入場は不可となります。

マチュピチュ遺跡の滞在は最大4時間という規定がありますので、午前・午後で2回の入場を希望する場合には、それぞれ2枚の入場券が必要となり、もちろん2回ともガイド同行が必須です。
このことから、今後はマチュピチュ遺跡に丸一日いる観光客は減り、半日観光のみを選ぶツーリストが大半となります。

ワイナピチュ登山

マチュピチュ遺跡観光とともに、ワイナピチュ山(またはマチュピチュ山)を登る場合には、この4時間という最大滞在時間は適用されませんが、今後は「登山+遺跡観光」での遺跡滞在の規定も細かく指定される可能性が高いです

関連ページ

関連ページ

アンデスの氷河と生きる:ケチュア族の子供たち... アンデスの先住民「ケチュア族」の子供たち アンデス山脈を旅していると、子供達の目がキラキラしていることに気づくだろう。 不思議なほどに輝く目で、通りすがりの旅行者をじっと見ていたりする。何かを話しかけても答えられないほどにシャイだが、しかし遠くに離れるわけでもない。 何を話すわけでもな...
2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近... マチュピチュへ、インカの古道を歩く 「インカトレイル」の入山許可証の確保は、年々厳しさを増しています。 世界中のトレッカーの注目を浴びていますが、入山制限の条件は同じなので、今では4ヶ月前には完売してしまうような状況です。 2015年のインカトレイル入山許可証は、一月中旬に開始する予定です...
南米アンデス・トレッキング④:専属ガイド同行『インカトレイル』... テント泊インカトレイル・トレッキング ①ではマチュピチュの「日帰りハイキング」、③ではテント泊インカトレイルの“混載ツアー”を紹介しました。 今回は、3泊4日のインカトレイルを、“専属ガイド同行の貸し切りツアー”で歩くトレッキング・ツアーを紹介します。 会社の休みが最大でも8~10...
マチュピチュ遺跡の撮影:石切場で日差しを待つ... 早朝、まだマチュピチュ村からシャトルバスが大量に来ない時間帯、マチュピチュ遺跡はとても静かだ。 マチュピチュ遺跡では、石切場が好きだ。 今では遺跡のいたる所がロープで区切られて立ち入り禁止になり、監視員が目を光らせている。だから、マチュピチュをじっくりと時間をかけて見れる場所は意外に少な...
マチュピチュ遺跡の展望ポイント:石切り場... 「失われた都市」マチュピチュ遺跡 「空中都市」とも呼ばれるマチュピチュ遺跡は、アンデス高原とアマゾンの中間に位置する。標高2400mの尾根に建設された遺跡は、山麓からは全く見えず、欧米の探検隊の侵入を阻んでいた。その隠された都市もかつては山麓から標高差約400mに渡り、高さ3mの段々畑が延々と...
マチュピチュ遺跡へ歩く:インカトレイル・トレッキング... 世界的な人気を誇るトレッキング・ルート:インカトレイル インカ時代の古道を歩き、マチュピチュ遺跡へ3泊4日のテント泊トレッキングで目指す「インカトレイル・トレッキング」は世界的に人気のコースです。 欧米では、世界で最も歩きたいトレッキング・コースの一つとして必ず挙げられるほどに有名なルートで...

ガラパゴス諸島のシンボル:世界最大のゾウガメ

マチュピチュ遺跡の展望ポイント:石切り場

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ペルー・ブランカ山群のワイラス回廊とアンデス山脈

    2014.02.06
  2. アンデス山脈の黄昏:氷雪峰の魔法の色彩 -ペルー・ブランカ山群

    2017.11.30
  3. 世界のペルー料理:クスコの名店の美食メニュー(セビーチェなど)

    2016.06.24
  4. ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」

    2016.05.02
  5. ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック

    2015.07.11
  6. ペルーの古都アレキパから、コンドル舞うコルカキャニオンへ

    2016.07.28
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP