Loading

PHOTO-BLOG

アンデス高原鉄道②:過ぎ行くアルティプラーノの景色

2.jpg
1.jpg
アンデス高原鉄道・アンディアンエクスプローラ号は町に入ると、鉄道は速度を緩めて徐行する。
線路の両側はギリギリまで露店の軒先が伸びていて、油断すると展望車両の乗客は接触してしまいそうだ。
鉄道が通り過ぎると、何事もなかったように線路を人々が行き交う。なかには風呂敷を広げて露店を再開する人の姿も見えた。
農村風景が延々と続くと、標高が4,000mに達する地域であるのを忘れてしまいそうだ。
農作業をする人々が見える。特に子供達は鉄道をじっと見つめていて、手を振ってくれたりする。
最高地点のラヤ峠に向けて標高が徐々に上がるにつれて、人の姿もまばらになり、険しいアンデスの山々が姿を現す。ラヤ峠では20分ほど車両は止まり、下車することができる。
峠を越えると鉄道の旅はいよいよ後半で、ゆるやかに標高は下がり、チチカカ湖を目指すことになる。
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg

関連ページ

ペルー&ボリビア:アンデス山脈の山岳展望を求めて... 圧倒的に広い南米大陸の大地 南米大陸で巡り合わせた風景は、空も山も大きくて、人の存在は圧倒的に小さいものだ 日本の風景や生活に“渇望”される何かが、南米の風景には秘められているのだろうか。その曖昧模糊な乾いた無意識が、異次元的なスケールと麗しい生命の営みが織りなす南米的な風景に惹きつけら...
ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間... 2017年ゴールデンウイーク企画「インカの古道と信仰の山を歩く 7日間」 2017年ゴールデンウイーク企画「インカの古道と信仰の山を歩く 7日間 ~インカトレイル、マチュピチュ、 ワイナピチュ、レインボーマウンテン~」 観光だけでは物足りない、体験をもっと深くしたお方向けに企画したのが、...
インカの聖なる谷“ウルバンバ谷”の7つの魅力(ペルー旅行)... クスコとマチュピチュの中間地点:ウルバンバ谷 インカ文明の中心を担った“聖なる谷”として知られるウルバンバ谷は、クスコとマチュピチュの中継地点としての役割だけではなく、丸一日を費やしても時間が足りないほどの魅力があります。 インカ帝国の都クスコ(3400m)とマチュピチュ遺跡(2400m...
インカ文明の聖なる3種の動物:“巨大な祭壇”ケンコー遺跡(ペルー)... 巨大な祭壇:ケンコー遺跡 ペルー・インカ帝国の都・クスコ周辺に点在する聖なる遺跡の一つ、ケンコー遺跡は、他の遺跡と異なる芸術品です。 かつて宗教の儀式で使用されていたという遺跡は、巨大な数枚の石灰岩で構成されています。 この巨岩の表面・内部を徹底的に彫ることで、複雑怪奇な階段や祭壇が岩...
巨石の要塞:クスコ展望の丘のサクサイワマン遺跡... クスコの町を一望する高台に、サクサイワマン遺跡がある。 高さ5m・重さ300トンもある巨石を組み合わせた要塞の遺跡だ。 これらの巨石は、針さえも通さないほど精巧に削られて組み立てられている。 侵略したスペイン人も、とうとう遺跡の基礎を破壊することはできなかったようだ。 遺跡からクスコ...
ペルー・インカの都クスコを一望する城塞:サクサイワマン遺跡... ピューマの形を模したインカ帝国の都「クスコ」 ペルー・インカ帝国の都「クスコ」は、大地を司る聖なる動物・ピューマの形を模して建設されたと言われます。 インカの王様が住んだ帝国の首都として、南米中に広がるネットワークの中心がクスコであり、情報と物の全てがここに集まりました。 クスコはもと...

アンデス高原鉄道① 古都クスコから天空のチチカカ湖へ

アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

パタゴニア

関連記事

  1. マチュピチュ遺跡のシンボル:ワイナピチュ登頂ハイキング

    2015.03.11
  2. インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く

    2017.12.15
  3. ペルーの古都アレキパから、コンドル舞うコルカキャニオンへ

    2016.07.28
  4. アンデスの食べ物① 食も楽しむ

    2012.04.01
  5. ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)

    2018.04.20
  6. ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間

    2016.09.20
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP