Loading

風景写真家・松井章のブログ

アンデス高原鉄道②:過ぎ行くアルティプラーノの景色

2.jpg
1.jpg
アンデス高原鉄道・アンディアンエクスプローラ号は町に入ると、鉄道は速度を緩めて徐行する。
線路の両側はギリギリまで露店の軒先が伸びていて、油断すると展望車両の乗客は接触してしまいそうだ。
鉄道が通り過ぎると、何事もなかったように線路を人々が行き交う。なかには風呂敷を広げて露店を再開する人の姿も見えた。
農村風景が延々と続くと、標高が4,000mに達する地域であるのを忘れてしまいそうだ。
農作業をする人々が見える。特に子供達は鉄道をじっと見つめていて、手を振ってくれたりする。
最高地点のラヤ峠に向けて標高が徐々に上がるにつれて、人の姿もまばらになり、険しいアンデスの山々が姿を現す。ラヤ峠では20分ほど車両は止まり、下車することができる。
峠を越えると鉄道の旅はいよいよ後半で、ゆるやかに標高は下がり、チチカカ湖を目指すことになる。
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg

アンデス高原鉄道① 古都クスコから天空のチチカカ湖へ

アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

関連記事

  1. 6月24日は、「太陽の祭(インティライミ)」の日です。

    2013.03.05
  2. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
  3. ペルー・インカ極彩色の民族衣装:天然染料の手織物

    2019.12.04
  4. アンデス高原で人と供に暮らすラクダ「リャマ」

    2019.03.11
  5. ペルー・アンデスの核心部を歩く:ワイワッシュ山群トレッキング

    2019.04.15
  6. ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する

    2016.02.29
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP