Loading

PHOTO-BLOG

花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

新刊「野の花づくし -季節の植物図鑑-」

日本・世界の植物の撮影を40年続ける植物写真家・木原浩さんの新しい著書が、平凡社から発売されました。「日本の植物を再発見する」ことをテーマに、季節を代表する花や珍しい花などを選りすぐり、花にまつわるお話しを物語のように書き連ねています。

植物一つ一つの写真を丁寧に、そして余計な演出は無しに真正面から取り組んだ作品の数々は、花々の表情や背景に吸い込まれるように見惚れてしまうでしょう。そして取り上げる植物の一つ一つには、細かい開花や植生に関する情報とともに、花にまつわるお話しを随筆のように記しています。

下記リンクで購入可能です。

「野の花づくし -季節の植物図鑑[春・夏編]写真・文=木原浩」(平凡社)

人気書籍「世界植物記: アフリカ・南アメリカ編」


世界の植物を膨大な写真とともにまとめた「世界植物記」は、海外の植物に興味のある方にはバイブルのように重宝する図鑑です。「アフリカ・南アメリカ編」では、南米大陸の各地の植物が、じっくりと現場で密着することで撮影された数百点が掲載されています。

ペルー・アンデス山脈の撮影では、弊社代表・松井が企画手配で協力させていただきました。

「世界植物記: アフリカ・南アメリカ編」木原浩著(平凡社)

花の山旅・フラワーハイキング:お勧めエリア

花の山旅①「ペルー・ブランカ山群&ワイワッシュ山群」


5月は、ペルーの乾季が始まり、花々が咲き乱れる季節です。南米随一の氷雪峰が連なるブランカ山群とワイワッシュ山群は、花々が特に集中して咲くエリアとしても有名です。花の観察をテーマに、日帰りハイキングを手配します。ルピナスの原種を始め、珍しい高山植物が一斉に咲き乱れます

ブランカ山群:専用ページ

花の山旅②「ブータン&ネパール・ヒマラヤ山脈」


5月~8月は、ヒマラヤ山脈の雨季です。この季節はヒマラヤ各地で花々が咲き乱れます。5月はサクラソウやシャクナゲ、ブルーポピーが咲きます。チベットの横断山脈周辺では、セイタカダイオウが有名です。また、エベレストBCを目指すエベレスト街道でも、青いブルーポピーが咲きます。

ネパール:専用ページ
ブータン:専用ページ 

花の山旅③「7~8月:ピレネー山脈」


スペイン・フランス国境の7・8月は、花の季節です。メルヘンのような美しい風景で、花がまた景色を美しくします。山岳展望、花、氷河、山小屋、素朴な村々など、静かなピレネー山脈では全てが美しく整っています。
スペイン:専用ページ

★添乗員同行ツアー★
「ピレネー山脈 2大山群展望トレッキングと、バスク地方“サンティアゴ巡礼路”ハイキング 10日間」
ピレネー山脈の美しい山小屋に宿泊して、メルヘンな山岳展望を楽しみ、バスク地方ではサンティアゴ巡礼路を歩き素朴な田園風景を楽しみます。スペイン料理を本場の「バル」で楽しみ、世界で注目されるバスク料理も堪能しましょう。ツーリストの殺到するスイス・アルプスと異なり、スペイン・フランスのピレネー山脈は静かなのも魅力です。

※当ツアーは、アンディーナトラベル・クラブの会員ツアーです。ご興味ある方は、「アンディーナトラベルクラブ」にご入会ください。
アンディーナトラベル・クラブ:専用ページ

花の山旅④「12月:パタゴニア」


12月はパタゴニアに花が咲き乱れます。フィッツロイ山群やパイネ国立公園の各地で、可憐な花々を観察しましょう。花の観察に特化したツアーを手配します。
パタゴニア:専用ページ

関連ページ

パタゴニア氷原を取り巻く、この世あらざる景色... 台風のような嵐の翌日、雨雲は飛び去り、パタゴニア南部氷原(大陸氷床)では珍しい“晴天”が訪れた 風の音が消え去り、聞こえる音は雪を踏みしめる足音だけの静寂で、耳鳴りが気になるほどだった。 東西は屏風のように屹立するアンデス山脈に挟まれて、氷原は南北に果てしなく続く 「直観とは魂でものを見る...
ネパール・エベレスト街道トレッキング専用ページを開設... 世界最高峰エベレストの展望は、トレッキングが好きな方は、誰もが憧れるのではないでしょうか。弊社ではカトマンズ発着の個人旅行として、エベレストを展望するトレッキングの黄金ルート「エベレスト街道トレッキング」をお勧めします。 カトマンズ到着以降は、現地ガイドが全てアテンド、トレッキングでも専属トレ...
パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き... パタゴニアの名物料理アサードとは パタゴニアの名物料理といえば、羊の丸焼き「パリーシャ(アサード)」が代表料理です。 野趣あふれる豪快な味付けや見かけとは裏腹に、繊細・端麗な味わいに、近年では欧米人から非常に人気があります。 日本では「羊=マトン」として、臭いが気になるようですが、...
「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞... 海外の写真コンテスト「The EPSON International Pano Awards 2017」で、代表・松井の写真が『Special Awards』に入賞しました。 この写真は、パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓で撮影した夕焼けです。暴風の吹き荒れるパタゴニアに訪れた奇跡のような一...
モアイの森から草原ハイキング – イースター島最高峰テレバカ山... ポリネシア文化圏の東端:イースター島 太平洋の孤島イースター島は、南米チリに所属しますが、文化は完全にポリネシアに根差します。 イースター島は南米のラテンではなくポリネシアなのだと、空港を降りた瞬間に五感で感じるでしょう。 太平洋に囲まれたイースター島の空気はどこまでも澄み渡り、一日も...
「パタゴニア大陸氷床トレッキング」... 1月、フィッツ・ロイ山群のセロ・トーレを中心に、ぐるりと1週間かけて歩いてきました。 パタゴニア大陸氷床では果てしない雪原を歩き、セロ・トーレを西面から望み、ビエドマ氷河を源流部から末端まで歩く、盛りだくさんのコースです。 10年ぶりとも言われる好天に恵まれて、素晴らしいトレッキングとなりました。 ...

アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ

お勧めのラテン映画「家へ帰ろう」/アルゼンチン・スペイン合作

関連記事

  1. メリノウールの毛刈り行程:パタゴニア

    2015.10.06
  2. アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族

    2018.05.08
  3. パタゴニアのシンボル:黄金色のコイロン草と羊

    2015.03.06
  4. パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日

    2016.03.29
  5. 【パタゴニア】旅する気分を感じるために

    2013.02.21
  6. アルゼンチン・パタゴニアの牧童「ガウチョ」の騎馬祭

    2017.04.25
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP