Loading

PHOTO-BLOG

アルゼンチン・スペイン合作映画『笑う故郷』上映


9/16に、アルゼンチン映画『笑う故郷』が、まず東京から上映開始されました。

人間が持つ本性の両面の描写が、シニカルでコミカルに表現されていて、少し歯がゆく胸が痛くなったりします。

そんな人それぞれの多面性を思わず笑いながら、またそこで進行する不気味な人間劇は見てのお楽しみでしょう。
人間はそんなものだと作品の根底に流れる雰囲気は、作者の人間愛かもしれません。

退屈で閉鎖的な故郷や一般的な退屈な日常の描写は、脳裏にすぐ浮かぶほど現実的に世界共通であり、どこに行こうとも自分はついてくるので、地球の裏に行ったとしても世界は実は何も変わらないものです。

主人公にとっては故郷を捨てることで得た成功と行き詰まりを、故郷に戻ることで起こる人間劇にどのように向き合っていくのか。

ラテン映画らしい切り口で、しっかり笑いも散りばめられて、なおかつラテン社会を知っている人にとっては身近に感じる描写で、退屈しない仕掛けをたくさん仕込んだ映画です。

南米アルゼンチンという国をイメージできない方には、アルゼンチンという国や国民性を知るためにもお勧めの映画です。
====================================
映画『笑う故郷』
9月16日(土)~岩波ホールにて公開
名古屋シネマスコーレ他全国順次公開予定
====================================
2016年ヴェネチア国際映画祭の最優秀主演男優賞に輝くオスカル・マルティネスの圧倒的な演技と緻密に入り組んだドラマ構成。監督は『ル・コルビュジエの家』の奇才ガストン・ドゥプラットとマリアノ・コーン。可笑しくて、哀しくて…笑うに笑えず、泣くに泣けない人間模様!数多くの映画賞を受賞した話題作『笑う故郷』
2017年9月16日(土)岩波ホールにて公開!!

WEBサイトの紹介

●映画『笑う故郷』専用WEBサイト:http://www.waraukokyo.com/
◎エリア紹介ページ①:アルゼンチン
◎エリア紹介ページ②:パタゴニア

スペイン:専用ページ

スペイン -ピレネー山脈・シエラネバダ山脈・サンティアゴ巡礼路トレッキング:専用ページ

関連ページ

映画『笑う故郷』の舞台背景:南米アルゼンチンとは... スペイン・アルゼンチン合作映画『笑う故郷』の舞台:アルゼンチン 映画『笑う故郷』の舞台、アルゼンチンは日本から最も遠く離れた国です。 マラドーナとタンゴというイメージしかありませんが、アルゼンチンの自然は多様で、国土の大半を覆う大草原パンパはとにかく広い。 タンゴで有名な首都ブエノスアイレ...
スペイン・アルゼンチン合作映画『笑う故郷』上映開始... スペイン・アルゼンチン合作映画の名作『笑う故郷』 アルゼンチンやスペインで成功を始め、映画祭の賞を多数獲得した映画「笑う故郷」が、日本でもいよいよ上映開始されます。 「笑う故郷」の原作名は「Ciudadano Ilustre」で、“名誉市民”という意味です。 スペインで成功を収めたアル...
お勧めのラテン映画「家へ帰ろう」/アルゼンチン・スペイン合作... 原題「The Last Suit」の由来とは 年末から上映されている、スペイン・アルゼンチン合作の映画「家へ帰ろう」(原題「The Last Suit」)が好評なので、シネスイッチ銀座に観に行ってきました。 この映画は、ユダヤ人としての過去を引きずるアルゼンチン人・アブラハムが、人生最後...

秋のパタゴニア:紅葉に染まる南極ブナの森と暴風

今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」

パタゴニア

関連記事

  1. アルゼンチン:ツーリストへの免税で目指す観光立国

    2017.04.20
  2. 草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

    2015.10.02
  3. アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂

    2017.06.01
  4. パタゴニアから

    2013.01.10
  5. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
  6. アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行

    2017.07.15
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP