Loading

PHOTO-BLOG

今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」


今年の9月上旬に出現したアタカマ砂漠の花園は、ここ数年でも一番の当たり年であったようで、砂漠は花で満たされました。

ツアーに同行した現地ガイドから、撮影した写真が届きました。

今年の花園の特長は、開花の時期が異なる花々が一斉に咲いたことでしょう。
紫の花(パタ・デ・グアナコ)を始め、アオイ科(マルビージャ)など、一つの花が砂漠に咲き乱れる期間は、1週間から10日間ほどで、花ごとに開花の時期は少しずつ異なります。

特に、深紅の雪洞のような花「ガラ・デ・レオン」は、砂漠の花が枯れた頃に咲く最後の花です。
今年は、これらの花をまとめて見ることができたので、現地ガイドは少し興奮気味でした。

雨季から乾季にかけて、毎月の降水量と気温の絶妙な積み重ねで、砂漠に花畑が出現する条件が整います。

その奇跡のような瞬間はわずかな期間ですが、一斉に咲き乱れる花々の生命力から、とてつもないエネルギーを受け取ることができます。
そんな瞬間に立ち会うことができなたら、それは一生に一度あるかどうかの幸せなことかもしれません。

アタカマ砂漠の花園:専用ページ

●専用ページ:アタカマ砂漠の花園

アタカマ砂漠の花園:動画

No.1

No.2

関連ページ

アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)... 「荒野の小さなバラ」を意味する「ロシータ・デル・カンポ」は、アタカマ砂漠の固有種の一つで、アカネ科の一年草です。 アタカマ砂漠に一斉に咲く花々はどれも可憐で儚げに揺れているものですが、「ロシータ・デル・カンポ」は特に小さく、その凛とした佇まいが目立つ花です。 砂漠を染めるような群生はして...
アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ... 南米大陸の秘境・アタカマ高地へ 南米大陸で最も人口の希薄なエリアといえば、パタゴニアとアタカマ高地、そしてアマゾンではないだろうか。 アタカマ高地とはあまり知られていない地名だが、アンデス高原というと少し分かりやすい。北端はボリビア・ウユニ塩湖で、南端は国境を越えてチリ北部のサンペドロ周...
アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)... 気候変動の象徴?アタカマ砂漠の花園 数年に一度わずか10日間だけ現れる「アタカマ砂漠の花園」は、その出現の回数は徐々に増えていると言われる。4・5年に一度の出現と言われた花園も、近年は2・3年に一度は出現する傾向にある。世界的な気象変動と連動するとも言われているが、そのメカニズムは今も謎に満ち...
チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園 アタカマ砂漠に訪れる奇跡 3~4年に一度わずか10日間ほどだけ、チリのアタカマ砂漠は地平線まで花で覆われます。その規模は、上空を通過する飛行機から見下ろすと、砂漠が紫色に輝いているほどです。 想像を超えるスケールの花畑がほんの一瞬だけ出現するのです 奇跡のような現象はなぜ起こるので...
写真素材の販売/アマナイメージ 写真素材フォトギャラリー/アマナイメージ 「アマナイメージ」で写真素材(作家:松井章)を販売中です。昨年は、カレンダーや雑誌の記事や広告などにご利用いただき、今年はさらに写真素材の販売登録を増やしています。 アマナイメージ:写真素材販売フォトギャラリー「松井章」 南米を中心とした絶...
砂漠を花が埋め尽くす「アタカマ砂漠の花園2017」... 2年ぶりにアタカマ砂漠に巨大な花園が現れました。今年の花園は、近年まれに見る当たり年のようです。 わずか10日間の花園がいつ現れるか、日々の降水量などのデータを基に日付を設定するのは、なかなか緊張感があります。半年前から降水・気温ともに順調に推移したことで、先週は一斉に芽吹いたわけです。 ...

アルゼンチン・スペイン合作映画『笑う故郷』上映

パタゴニアの草原に宿泊-クリスティーナ牧場(エスタンシア)

パタゴニア

関連記事

  1. 南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング

    2017.07.23
  2. 太平洋から吹く風「カマンチャカ」と砂漠にもたらす恵み

    2014.01.23
  3. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  4. アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

    2019.01.07
  5. 南米の絶品フルーツ:アタカマ産チリモヤ

    2014.01.24
  6. <動画>アタカマ砂漠の花園 “デシエルト・フロリド”

    2016.10.01
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP