Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)

気候変動の象徴?アタカマ砂漠の花園

数年に一度わずか10日間だけ現れる「アタカマ砂漠の花園」は、その出現の回数は徐々に増えていると言われる。4・5年に一度の出現と言われた花園も、近年は2・3年に一度は出現する傾向にある。世界的な気象変動と連動するとも言われているが、そのメカニズムは今も謎に満ちているのだ。

アタカマ砂漠を薄藤色に染めるマルビーリャ(アオイ科)

アタカマ砂漠で最も多い花「パタ・デ・グアナコ」は鮮やかな紫色に大地を染めるが、次に目立つこの「マルビーリャ」の花は、大地を上品な薄藤色に染める。

パタ・デ・グアナコとは住み分けをしているようで、マルビーリャの花は高台に咲いていたりする。2つの花が競うように群落を形成している大きな谷を見たときに、パタ・デ・グアナコに比べて、マルビーリャは乾燥した水分の少ない土壌を好むようだと思った。巨大な谷は、紫色と薄藤色の2色に綺麗に分かれて染まっていた

マルビーリャの花は、細い茎を50cmほど伸ばし、その細長い茎に何輪もの小さな花を咲かせている。風にゆらゆらと揺れていて、陽の光を浴びると、和紙に透かしたように細やかに輝く。まるで光を花に溜め込んで発光しているかのようだ。

アタカマ砂漠のみに自生するアタカマの固有種で、大量に発生する蝶の幼虫の餌としても、アタカマ砂漠の生態に大きく関係する植物だ

◎学名: Cristaria calderana(アオイ科 :Malvaceae)

関連ページ:アタカマ砂漠の花園

写真素材の販売/アマナイメージ

ブラジル・レンソイス縦断トレッキングの魅力

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. キャンプ・デナリからの手紙:アラスカ・デナリ国立公園

    2018.03.10
  2. 太平洋から吹く風「カマンチャカ」と砂漠にもたらす恵み

    2014.01.23
  3. アラスカの原野を歩く「キャンプ・デナリ&カリブー・ロッジ」ツアー報告

    2017.08.28
  4. 南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング

    2017.07.23
  5. キューバ革命と中南米の誇り:ラテンアメリカ的な愛国心とは?

    2019.08.29
  6. 「ペルー料理お食事会」青山の凄腕シェフの絶品料理&セビーチェ

    2017.11.04
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP