Loading

風景写真家・松井章のブログ

アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)

黄色い花を咲かせる「ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)」

「荒野の小さなバラ」を意味する「ロシータ・デル・カンポ」は、アタカマ砂漠の固有種の一つで、アカネ科の一年草です。
アタカマ砂漠に一斉に咲く花々はどれも可憐で儚げに揺れているものですが、「ロシータ・デル・カンポ」は特に小さく、その凛とした佇まいが目立つ花です。

砂漠を染めるような群生はしていませんが、内陸・海岸部を問わず広く分布しているので、すぐに見つけられるでしょう。意識していないと、「パタ・デ・グアナコ」や「マルビージャ」の群落に目を取られ見過ごしてしまいますが、地面をよく見ているとあちこちに咲いていることが分かります。

アタカマ砂漠を彩る花々の中で、「ロシータ・デル・カンポ」は名脇役といった存在です

開花の期間は割と長いのか、あるいは分布が広いのか、他の花々が咲かない環境でも、この花だけが咲いていることもありました

◎学名: Cruckshanksia pumila (アカネ科 :Rubiaceae)

【動画】砂漠が花に覆われる:チリ・アタカマ砂漠の絶景

==★チャンネル登録はこちらをクリック★==

「アタカマ砂漠の花畑」ブログ関連記事集

「チリ」ブログ関連記事集

アタカマ砂漠の花園:エルニーニョ現象と生命の連鎖 3つの不思議

3~5年に一度だけ、わずか10日間だけ出現するアタカマ砂漠の花畑が、いま満開とのことです。エルニーニョ現象と生命が生み出す奇跡の自然現象について

【悠久の南米大陸】NHKラジオ「まいにちスペイン語」8月号:アタカマ砂漠の花畑

アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)

アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)

アタカマ砂漠の花:ススピロ(ナス科ノラナ)

チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園:フラワーリングデザート

チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園②/アニャニュカ

チリ/「南米大陸の幻想風景」写真展」:撮影エリア紹介⑥

「チリ」専用ページ

アタカマ砂漠の花:ススピロ(ナス科ノラナ)

【スペインの山旅】ピレネー山脈&シエラネバダ山脈トレッキング

関連記事

  1. ギアナ高地の核心部:世界最大落差の滝・エンジェルフォール

    2018.08.25
  2. マチュピチュ遺跡を巡る①:絶景スポット「見張り小屋」

    2020.09.11
  3. パイネ国立公園の夕景: YOUR SHOT<ナショジオ選出の1枚>

    2017.04.26
  4. チリ暴動による地方の最新状況:パタゴニア・パイネ国立公園

    2019.11.08
  5. “空から望む”ブラジル・レンソイス砂漠:空撮写真集

    2019.11.11
  6. アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族

    2018.05.08
パタゴニア
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP