Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)


「荒野の小さなバラ」を意味する「ロシータ・デル・カンポ」は、アタカマ砂漠の固有種の一つで、アカネ科の一年草です。
アタカマ砂漠に一斉に咲く花々はどれも可憐で儚げに揺れているものですが、「ロシータ・デル・カンポ」は特に小さく、その凛とした佇まいが目立つ花です。

砂漠を染めるような群生はしていませんが、内陸・海岸部を問わず広く分布しているので、すぐに見つけられるでしょう。意識していないと、「パタ・デ・グアナコ」や「マルビージャ」の群落に目を取られ見過ごしてしまいますが、地面をよく見ているとあちこちに咲いていることが分かります。

アタカマ砂漠を彩る花々の中で、「ロシータ・デル・カンポ」は名脇役といった存在です

開花の期間は割と長いのか、あるいは分布が広いのか、他の花々が咲かない環境でも、この花だけが咲いていることもありました

◎学名: Cruckshanksia pumila (アカネ科 :Rubiaceae)

関連ページ:アタカマ砂漠の花園

関連ページ

アタカマ砂漠の花①:パタデ・グ・アナコ(チリ)... 砂漠の花園で主役となる花は、砂漠をピンクに染め上げる「パタ・デ・グアナコ」だ。 これは俗名で、スペイン語で“グアナコの足”を意味する。 グアナコはラクダ科の一種で、アンデス高地に行けば、リャマやアルパカが親戚となる。 学名は「Cistanthe grandiflora」。スベリヒユ科の一種...
チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園②/アニャニュカ... チリ・アタカマ砂漠の花園の動画をYou Tube「アンディーナ・トラベル・チャンネル」にアップしました。 今回の動画は、アタカマ砂漠の『海岸部』をテーマにしています。 海岸部では、ユリ科のアニャニュカなどが咲き、内陸とは植生が全く異なります。 内陸ではスベリヒユ科のパタ・デ・グアナ...
アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ... 南米大陸の秘境・アタカマ高地へ 南米大陸で最も人口の希薄なエリアといえば、パタゴニアとアタカマ高地、そしてアマゾンではないだろうか。 アタカマ高地とはあまり知られていない地名だが、アンデス高原というと少し分かりやすい。北端はボリビア・ウユニ塩湖で、南端は国境を越えてチリ北部のサンペドロ周...
アタカマ砂漠の花園 “デシエルト・フロリド”... チリ・アタカマ砂漠の花園 "デシエルト・フロリド" 世界で最も乾燥した砂漠と言われる“チリ・アタカマ砂漠”では、世界でも稀な奇跡が、約4年に一回だけ起こります。 わずか10日間ほどだけ、巨大な花園「デシエルト・フロリド」が現れるのです。英語では、フラワーリング・デザート呼ばれます。 ...
今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」... 今年の9月上旬に出現したアタカマ砂漠の花園は、ここ数年でも一番の当たり年であったようで、砂漠は花で満たされました。 ツアーに同行した現地ガイドから、撮影した写真が届きました。 今年の花園の特長は、開花の時期が異なる花々が一斉に咲いたことでしょう。 紫の花(パタ・デ・グアナコ)を始め...
アタカマ砂漠の花:ススピロ(ナス科ノラナ)... ナス科ノラナ属「ススピロ」 アタカマ砂漠に広く自生するナス科ノラナ属のススピロは、高さ40~50cmに育ち、たくさんの花をつける多年草です。「ススピロ」はスペイン語で、「ため息」を意味します。ノラナ科の花言葉は「揺れる心」を意味することから、愛称としてこの花は「ススピロ」と呼ばれるようになった...

アタカマ砂漠の花:ススピロ(ナス科ノラナ)

【スペインの山旅】ピレネー山脈&シエラネバダ山脈トレッキング

パタゴニア

関連記事

  1. アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)

    2019.01.11
  2. アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ

    2015.12.15
  3. アタカマ高地からウユニ塩湖へ② ミスカンティ湖

    2012.06.03
  4. 今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」

    2017.09.22
  5. アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ

    2019.02.15
  6. 太平洋から吹く風「カマンチャカ」と砂漠にもたらす恵み

    2014.01.23
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP