Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)


「荒野の小さなバラ」を意味する「ロシータ・デル・カンポ」は、アタカマ砂漠の固有種の一つで、アカネ科の一年草です。
アタカマ砂漠に一斉に咲く花々はどれも可憐で儚げに揺れているものですが、「ロシータ・デル・カンポ」は特に小さく、その凛とした佇まいが目立つ花です。

砂漠を染めるような群生はしていませんが、内陸・海岸部を問わず広く分布しているので、すぐに見つけられるでしょう。意識していないと、「パタ・デ・グアナコ」や「マルビージャ」の群落に目を取られ見過ごしてしまいますが、地面をよく見ているとあちこちに咲いていることが分かります。

アタカマ砂漠を彩る花々の中で、「ロシータ・デル・カンポ」は名脇役といった存在です

開花の期間は割と長いのか、あるいは分布が広いのか、他の花々が咲かない環境でも、この花だけが咲いていることもありました

◎学名: Cruckshanksia pumila (アカネ科 :Rubiaceae)

関連ページ:アタカマ砂漠の花園

アタカマ砂漠の花:ススピロ(ナス科ノラナ)

【スペインの山旅】ピレネー山脈&シエラネバダ山脈トレッキング

パタゴニア

関連記事

  1. 砂漠を花が埋め尽くす「アタカマ砂漠の花園2017」

    2017.09.12
  2. 太平洋から吹く風「カマンチャカ」と砂漠にもたらす恵み

    2014.01.23
  3. <動画>チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園②/アニャニュカ

    2016.11.04
  4. アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)

    2019.01.11
  5. 《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島

    2017.06.13
  6. エルニーニョ現象:「アタカマの花園」と「ビクーニャ」への影響

    2015.12.17
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP