Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ砂漠の花:ススピロ(ナス科ノラナ)

ナス科ノラナ属「ススピロ」

アタカマ砂漠に広く自生するナス科ノラナ属のススピロは、高さ40~50cmに育ち、たくさんの花をつける多年草です。「ススピロ」はスペイン語で、「ため息」を意味します。ノラナ科の花言葉は「揺れる心」を意味することから、愛称としてこの花は「ススピロ」と呼ばれるようになったのでしょう。

アタカマ砂漠の花園を代表するスベリヒユ科の「パタ・デ・グアナコ」、アオイ科の「マルビージャ」の次に目立つほどに群生していて、アタカマ砂漠を代表する花の一つと言えます。

海の霧「カマンチャカ」

この花はアタカマ砂漠の南北500㎞以上に渡り広がる砂漠に広く分布しています。そして、このナス科の仲間は、チリからペルーにかけての南北3000㎞に渡り、砂漠地帯に沿うように自生しています。南米大陸の西岸の広大な沿岸砂漠と、太平洋がもたらす僅かな湿度に適応した植物です。
太平洋のエルニーニョ現象と密接に関係した海の霧は、アタカマ砂漠では「カマンチャカ」、ペルーでは「ガルーア」と呼ばれ、世界で最も乾燥した大地に貴重な水分をもたらすのです。

・学名: Nolana rupicola(ナス科:Solanaceae)

関連ページ:アタカマ砂漠の花園

関連ページ

今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」... 今年の9月上旬に出現したアタカマ砂漠の花園は、ここ数年でも一番の当たり年であったようで、砂漠は花で満たされました。 ツアーに同行した現地ガイドから、撮影した写真が届きました。 今年の花園の特長は、開花の時期が異なる花々が一斉に咲いたことでしょう。 紫の花(パタ・デ・グアナコ)を始め...
エルニーニョ現象:「アタカマの花園」と「ビクーニャ」への影響... 今年は“スーパー・エルニーニョ”とも呼ばれる強力なエルニーニョ現象に、世界中が翻弄されている。 エルニーニョとは、スペイン語で「El Niño」と書き、「神の子(=キリスト)」を意味する。 海水温の異常な上昇によって、ある地域では奇跡のような景観を生み出し、ある地域には災禍をもたらす...
チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園②/アニャニュカ... チリ・アタカマ砂漠の花園の動画をYou Tube「アンディーナ・トラベル・チャンネル」にアップしました。 今回の動画は、アタカマ砂漠の『海岸部』をテーマにしています。 海岸部では、ユリ科のアニャニュカなどが咲き、内陸とは植生が全く異なります。 内陸ではスベリヒユ科のパタ・デ・グアナ...
アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)... 「荒野の小さなバラ」を意味する「ロシータ・デル・カンポ」は、アタカマ砂漠の固有種の一つで、アカネ科の一年草です。 アタカマ砂漠に一斉に咲く花々はどれも可憐で儚げに揺れているものですが、「ロシータ・デル・カンポ」は特に小さく、その凛とした佇まいが目立つ花です。 砂漠を染めるような群生はして...
太平洋から吹く風「カマンチャカ」と砂漠にもたらす恵み... チリ中部からペルー北部まで伸びる長大な太平洋の西岸砂漠は、太平洋の海流の影響を常に強く受けています。その海流の名前は、フンボルト海流です。南極から北上する冷たい海流の影響で赤道近くのペルーでも海水は冷たく、大気も冷やします。 5月~10月頃は、この海流の影響で吹く風と霧により、気温はぐっと...
【チリ・アタカマ砂漠】テレビ番組「チキュウノハテ」のご案内... 南米チリの北半分を占める「アタカマ砂漠」は、世界一乾燥した砂漠として有名です。 チリの大西洋岸に沿って南極から北上するフンボルト海流は、数年に一度だけ、この砂漠に奇跡のようなドラマを演出します。 『アタカマの「天」と「地」』。過酷な地にも関わらず咲く「花」と、過酷な地だからこそ見ることができ...

「世界一美しいカモメ」アカメカモメ -ガラパゴス諸島

アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. アタカマ高地からウユニ塩湖へ① 月の谷

    2012.05.31
  2. 南米の絶品フルーツ:アタカマ産チリモヤ

    2014.01.24
  3. アタカマ高地で、天の川の星空撮影

    2015.07.04
  4. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  5. アタカマ高地からウユニ塩湖へ② ミスカンティ湖

    2012.06.03
  6. 今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」

    2017.09.22
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP