Loading

PHOTO-BLOG

2018年ブログ人気記事セレクト


今年のブログでアクセスの多かった記事をいくつかをピックアップしました。

中世スペインとアラビア文明の衝突:ピレネー山脈トレッキングの魅力

アラビアからヨーロッパへ文明の主役が交代する時、その激動の舞台はスペイン・イベリア半島でした。トレッキングで壮大なピレネー山脈を歩き、風景・花・歴史・食を堪能するのが、アンディーナトラベルの「スペインの山旅」です。「トレッキング(山歩き)」をテーマに、ぶれないこだわりの旅の企画です。
https://www.andina-travel.com/blog/spain180928/

●お勧め作家:スペインの歴史を通して、人間の諸行無常・広大無辺を書き綴った「堀田善衛」。今は亡き実力派の作家です
●2019年7月11日~21日「ピレネー山脈 2大山群展望トレッキングと、バスク地方“サンティアゴ巡礼路”ハイキング 11日間」。花と残雪が最も美しい7月中旬、ピレネー山脈を歩きます。「山歩き」にこだわる日程で、ピレネー山脈とバスク地方の最も美しい風景を望みます。

『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

極北に生きる白いオオカミの一族に密着した伝説の写真家ジム・ブランデンバーグの写真集について。アンディーナトラベルでは極北アラスカの手配をしています。名峰デナリ山麓で、野生動物カリブー、ムース、グリズリーを、大草原に孤立したロッジで観察・ハイキングするようなマニアックな企画をしています。
https://www.andina-travel.com/blog/wolf180605/

奇跡の絶景:水晶の白砂漠レンソイスを歩く

世界は奇跡の集合体だと思っています。森羅万象のあらゆる場所に「美」を見つけることができるのですが、ブラジル・レンソイス砂漠は訪れて知れば知るほどに、その摩訶不思議な風景と組成に驚きます。
https://www.andina-travel.com/blog/lencois181119/

パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検

名峰フィッツロイ山群とパタゴニア南部氷原は、神様が自分のために作ったのではないか?と感じてしまうような「神々の庭」です。その人智の及ばぬ秘境に、ある火山が発見されました。探検家シプトンの調査をも覆す発見は、パタゴニアの大ニュースでしょう
https://www.andina-travel.com/blog/patagonia181109/

ペルー料理:アンデスの食材・スーパーフード「キヌア」とは

世界の美食にランキングされるほどに発展を遂げたペルー料理は、インカ、ヨーロッパ、和食、中華が融合して完成した料理です。日本でもペルー料理の優良店がいくつもあります。
https://www.andina-travel.com/blog/quinua180523/

パタゴニアの美食「羊」:アルゼンチン伝統料理アサード

パタゴニアだけで食べることができる羊の丸焼き「アサード」。アルゼンチンが築き上げた豪胆にして繊細な焼肉は芸術品レベルです
https://www.andina-travel.com/blog/patagonia181011/

2018年の添乗員ツアー

今年は、パタゴニア、南米最高峰アコンカグア、イースター島に添乗員として同行させていただきました。少人数催行の静かなグループ・サイズですが、山旅には最適な人数だと確信を強くしました。
https://www.andina-travel.com/travelclub/

松井章 写真事務所

「南米の幻想風景」をテーマに発信する中で、今年は雑誌やカレンダー、テレビ番組に、思ったよりも多く掲載していただくことができました。また、額装写真のご注文もいただき、写真をプリントする機会にも恵まれました。7月にはガラパゴス諸島を訪れ、人を恐れない無垢な野生動物を撮影しました
来年はもっと“振り切った”写真を撮りたいと思います
https://www.andina-travel.com/akira-matsui/

関連ページ

劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>... 「フィッツロイで朝日を迎えたい」という問い合わせを、今年は頻繁にいただけるようになり、とても嬉しいです。 フィッツロイで最も美しい時間帯は、間違いなく「朝日」だからです。 その朝日を確実に安全に望むには、プライベート・キャンプでのテント泊がベストです。 ダイニング用のドーム・テ...
パタゴニア-マゼラン海峡の最果ての町、プンタアレナス... プンタアレナスは、チリ最南端部、マゼラン海峡に面する小さな町です。 パタゴニアがかつて羊毛で栄えた時代に、ヨーロッパへの港として開拓されたのが町の始まりです。 プンタアレナスに最初に入植したのは、イギリスの宣教師でした。 キリスト教文明の先兵として宣教師がまず布教に乗り出すのは、そ...
「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲... かつて先住民に「煙を吐く山」という意味で、フィッツロイは“チャルテン”と呼ばれていました。そして、大航海時代に訪れたヨーロッパ人も、フィッツロイを活火山と考える時代が長く続きました。 晴れていたフィッツロイの山頂部に小さく湧いた雲は、いつまでも消えず徐々に大きくなり、フィッツロイを覆っていくこ...
ペルー・マチュピチュ遺跡のモデルプラン:8~10日間... 南米で山歩きをするとなると構えてしまう方もいるでしょうが、体力や経験や日数に合わせて、ライトな日帰りハイキングから、ハードな縦走トレッキングまで、三者三様の旅を作ることができます。もちろん、遺跡内を中心に歩く観光もお勧めですが、ご希望があれば、マチュピチュを「歩く」プランも手配しています。 ...
パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落... 急激に後退するフィッツロイ山麓のビエドマ氷河 パタゴニアの氷河といえば、巨大な氷壁が崩れる壮大な景観が有名です。 フィッツロイ峰の山麓チャルテン村の近くにあるビエドマ氷河は、ペリトモレノ氷河のように末端部の氷壁が高さ50~60m、幅は5kmに及ぶ「ビエドマ氷河」は、ペリトモレノ氷河に次い...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑩ 鋭鋒ノルテ峰... クリスティーナ牧場から北へ約25キロ歩くと、ビエドマ湖へ抜けるルートがある。 ノルテ峰の直下を右に、深い谷の中を歩く。 南側はクリスティーナ牧場、北側はヘルシンガー牧場の私有地だ。特別な許可が無ければ入域できないので、パタゴニアでもほとんど知られていない。それだけトレイルの状況も悪く、体力も...

秋のアラスカの魅力:紅葉ハイキングとオーロラ観測

富士山の初日の出「紅富士」を東京・大岳山から望む

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアのワイルドフラワー:荒れ地に咲く深紅の花「ノトロ」

    2017.02.04
  2. ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”

    2016.02.02
  3. ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック

    2015.07.11
  4. 本当は平和なリオデジャネイロの過ごし方(ブラジル)

    2017.08.04
  5. ブランカ山群の山岳展望:ペルー・アンデス山脈の大地創生の成り立ち

    2017.12.08
  6. パタゴニア:金色に輝くコイロンの大草原パンパ

    2016.04.30
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP