Loading

PHOTO-BLOG

2018年ブログ人気記事セレクト


今年のブログでアクセスの多かった記事をいくつかをピックアップしました。

中世スペインとアラビア文明の衝突:ピレネー山脈トレッキングの魅力

アラビアからヨーロッパへ文明の主役が交代する時、その激動の舞台はスペイン・イベリア半島でした。トレッキングで壮大なピレネー山脈を歩き、風景・花・歴史・食を堪能するのが、アンディーナトラベルの「スペインの山旅」です。「トレッキング(山歩き)」をテーマに、ぶれないこだわりの旅の企画です。
https://www.andina-travel.com/blog/spain180928/

●お勧め作家:スペインの歴史を通して、人間の諸行無常・広大無辺を書き綴った「堀田善衛」。今は亡き実力派の作家です
●2019年7月11日~21日「ピレネー山脈 2大山群展望トレッキングと、バスク地方“サンティアゴ巡礼路”ハイキング 11日間」。花と残雪が最も美しい7月中旬、ピレネー山脈を歩きます。「山歩き」にこだわる日程で、ピレネー山脈とバスク地方の最も美しい風景を望みます。

『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

極北に生きる白いオオカミの一族に密着した伝説の写真家ジム・ブランデンバーグの写真集について。アンディーナトラベルでは極北アラスカの手配をしています。名峰デナリ山麓で、野生動物カリブー、ムース、グリズリーを、大草原に孤立したロッジで観察・ハイキングするようなマニアックな企画をしています。
https://www.andina-travel.com/blog/wolf180605/

奇跡の絶景:水晶の白砂漠レンソイスを歩く

世界は奇跡の集合体だと思っています。森羅万象のあらゆる場所に「美」を見つけることができるのですが、ブラジル・レンソイス砂漠は訪れて知れば知るほどに、その摩訶不思議な風景と組成に驚きます。
https://www.andina-travel.com/blog/lencois181119/

パタゴニア南部氷原:衛星で発見された新火山とシプトン探検

名峰フィッツロイ山群とパタゴニア南部氷原は、神様が自分のために作ったのではないか?と感じてしまうような「神々の庭」です。その人智の及ばぬ秘境に、ある火山が発見されました。探検家シプトンの調査をも覆す発見は、パタゴニアの大ニュースでしょう
https://www.andina-travel.com/blog/patagonia181109/

ペルー料理:アンデスの食材・スーパーフード「キヌア」とは

世界の美食にランキングされるほどに発展を遂げたペルー料理は、インカ、ヨーロッパ、和食、中華が融合して完成した料理です。日本でもペルー料理の優良店がいくつもあります。
https://www.andina-travel.com/blog/quinua180523/

パタゴニアの美食「羊」:アルゼンチン伝統料理アサード

パタゴニアだけで食べることができる羊の丸焼き「アサード」。アルゼンチンが築き上げた豪胆にして繊細な焼肉は芸術品レベルです
https://www.andina-travel.com/blog/patagonia181011/

2018年の添乗員ツアー

今年は、パタゴニア、南米最高峰アコンカグア、イースター島に添乗員として同行させていただきました。少人数催行の静かなグループ・サイズですが、山旅には最適な人数だと確信を強くしました。
https://www.andina-travel.com/travelclub/

松井章 写真事務所

「南米の幻想風景」をテーマに発信する中で、今年は雑誌やカレンダー、テレビ番組に、思ったよりも多く掲載していただくことができました。また、額装写真のご注文もいただき、写真をプリントする機会にも恵まれました。7月にはガラパゴス諸島を訪れ、人を恐れない無垢な野生動物を撮影しました
来年はもっと“振り切った”写真を撮りたいと思います
https://www.andina-travel.com/akira-matsui/

関連ページ

ラクダ科・リャマとアルパカの違いとは... 標高約3,500mから高地には、リャマ、アルパカ、そしてビクーニャが環境を住み分けて生息しています。 マチュピチュ周辺は標高が低いので、本来はリャマが生息する高さではありませんが、観光用と芝生の管理人を兼ねて、数頭がマチュピチュ遺跡内に飼われています。 リャマ、アルパカは、プレ・インカ時代か...
嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア... フィッツロイ山群で天候が悪化するときには、フィツロイよりも先に、セロトーレが雲に包まれることが多い。 空は概ね晴れているが、分厚い雲がセロトーレだけを不気味に覆っていることがよくある。セロトーレ付近が、台風のような強烈な嵐に見舞われる時の天気だ。 パタゴニア大陸氷床から流れてきた悪天の影響を...
ペルー:10ドルで、原生自然の保護「カーボン・オフセット」... 旅行活動で生じる二酸化炭素 ペルーを旅行することは、およそ0.7トンの二酸化炭素の排出に相当する活動行為であると言われます。 活動することで生じてしまう二酸化炭素の排出を相殺するために、「カーボン・オフセット制度」を利用して、“地球の肺”の役目を担うアマゾンの熱帯雨林の保護に貢献することが可...
紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森トレッキング... パタゴニア・フィッツロイ山麓が紅葉に染まる秋 パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓にて、紅葉に紅く染まるブッシュは、ほとんど全てが南極ブナです。 地形に合わせて、高さ20mの森を形成したり、風の強い場所ではハイマツのように小さく育つこともできます。 氷河が溶けた水は鉱物を含み濁っているもの...
全てがアート:ブラジル・レンソイス縦断トレッキング... レンソイス砂漠のアートな世界観 個人や社会の世界観に影響を与えるのが「アート」であるならば、ブラジル・レンソイス砂漠に広がる森羅万象の風景は、全てがアートそのものかもしれない。 断捨離という言葉さえも陳腐に聞こえるほどに、世界はあまりにも単純で深いことを、途方も無い自然のリズムの中では人...
パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態... パタゴニアとアンデス山脈の象徴:コンドル 暴風が吹き荒れる空にコンドルが舞うと、思わず人は立ち止まり、空を見上げてしまう。 どれだけコンドルを見慣れていても、やはり目で追ってしまうほどに、コンドルは悠々と舞う。そのコンドルの姿は我々にとってロマンや憧憬の対象であり、パタゴニアやアンデス山脈のシン...

秋のアラスカの魅力:紅葉ハイキングとオーロラ観測

富士山の初日の出「紅富士」を東京・大岳山から望む

パタゴニア

関連記事

  1. フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア

    2015.06.18
  2. お勧めのラテン映画「家へ帰ろう」/アルゼンチン・スペイン合作

    2019.02.27
  3. ブランカ山群を歩く【ペルー・アンデス】

    2012.05.16
  4. ペルー料理でランチ:恵比寿「ミラフローレス」

    2016.03.18
  5. 巨石の要塞:クスコ展望の丘のサクサイワマン遺跡

    2015.07.24
  6. 《山岳写真》パタゴニア・パイネ国立公園の朝焼け

    2018.09.27
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP