Loading

風景写真家・松井章のブログ

ペルー・アンデス山脈の花と食材:ルピナス

花に覆われるワスカラン国立公園

アンデス山脈が乾季を迎える5月、標高4000mの高原にルピナスの花が咲き乱れます。氷河を抱く峰に覆われるブランカ山群(ワスカラン国立公園)は水も豊かなので、特にルピナスが好む気候なのでしょう。ルピナスは必ずと言って良いほどに、山岳展望の良い場所に自生していますので、花を一斉に咲かせるこの季節は、氷雪峰と花が素晴らしい景観を作ります
ルピナスというと、ニュージーランドが有名ですが、本来の原産地はアンデス山脈のマメ科の植物です

ルピナスとアンデス先住民の深い歴史

ルピナスと人との関わりはとても深く、アンデス山脈に住むケチュア族の人々は、インカ文明以前のプレ・インカ時代から畑作に利用しています。
2000年以上もの歴史の中で、ルピナスは品種改良されてきました。野生の野に生える大きなルピナスに比べて、畑のルピナスが小さいのが特徴です。

食用ルピナスのセビーチェ

ルピナスは、農場の休耕地の土壌回復のため、そして種はアンデスには欠かせない食材でもあります。

その種にはアルカノイドという毒が含まれていますので、収穫した種は1週間ほど流水に漬けて毒を取り除く作業が必要です。そこまでしても食べたいほどに、ルピナスの種は美味なのです。

ルピナスの種はスーパーや都市部では購入が難しく、ブランカ山群などの氷雪峰の山麓の村に行く必要があります。小さな村の市場(メルカード)に行くと、きっと見つかるでしょう。
そして、市場の片隅の屋台を覗いてみれば、ルピナスの料理を食べています。ルピナスのセビーチェはとても美味です。「セビーチェ」とは本来はペルー海岸部で食する「白身魚のマリネ」で、ペルー料理の定番中の定番ともいえる国民的な料理です。

しかし、アンデスの奥地では新鮮な魚が手に入らないので、ルピナスの種で代用しているのです。タマネギ、トマト、香菜に、ライムの果汁をかけます。そして、サツマイモとトウモロコシを添えれば、ヘルシーなアンデス風セビーチェの出来上がりです

関連ページ

【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏

ウユニ塩湖を貸切る:キャンピングカー「エアストリーム」滞在

関連記事

  1. 風と雲が作り出す幻想風景:パタゴニア・パイネ国立公園の夕日

    2020.12.10
  2. ペルー旅行の魅力を解説③:“天空の湖”チチカカ湖

    2020.04.17
  3. ペルー・インカを象徴する花:国花カントゥータ(ハナシノブ科)

    2018.04.16
  4. マチュピチュ遺跡とインカトレイルを堪能するペルー旅行『 7つのポイント』

    2016.05.24
  5. 中南米周遊に強い航空会社:ラタム航空(JAL系ワンワールド)

    2019.06.11
  6. 【動画】ボリビア絶景集:アンデス山脈・ウユニ塩湖・チチカカ湖を巡る

    2021.03.08
パタゴニア
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP