Loading

PHOTO-BLOG

ウユニ塩湖を貸切る:キャンピングカー「エアストリーム」滞在

デラックス・キャンパーで貸切る“ウユニ塩湖”

ウユニ塩湖でグランピングする。この途方も無い体験は、キャンピングカー「エアストリーム」を使用して実現できます。それはまるで「ウユニ塩湖を貸切る」贅沢です。

ボリビア・ウユニ塩湖は、年間を通して世界中からツーリストが訪れます。日本人は主に12月~4月の雨季に訪れて、欧米人はおもに5月~10月の乾季に訪れます。
岐阜県と同じくらいの面積に渡り、地平線まで広がる塩の平原では、一般ツーリストが訪れるポイントは同じなので、意外に塩湖でも人口過密であったりします。誰もいないウユニ塩湖を満喫するには、グランピングがベストな手段です

キャンピングカー「エアストリーム」は、ボリビアにはわずか2台しかない貴重なキャンピングカーです。このキャンピングカーを人の全く入り込まない場所に設置しますので、それはウユニ塩湖を貸切るような状態なのです。

驚くほどに高性能な車両は、トイレ・シャワー・暖房を完備しています。ガイド、シェフ、給仕も専属で同行しています。シェフはラパスから連れてきますので、洗練された料理を出してくれます。特にお勧めは、ウユニ塩湖の塩を舐めて育ったリャマのステーキでしょうか

キャンピングカーとともに、4WDのランドクルーザーも一台貸切っていますので、日中、夕日の時間は、絶景を求めて遠出することができます。
どこまでも無限に広がるかのような塩の平原も、よく見ていると表面が美しい亀甲模様になっている場所が分かってきます。斜光線が亀甲模様に当たると、美しく輪郭が浮かび上がります。車が通る場所では地面が荒れているので、このような模様は見れませんが、グランピングは車の来ない場所に設置するので、このような絶景も簡単に見つけることができます

何よりも良いのは、キャンピングカーで望む朝日、夕日、星空です。暖房の効いたキャンピングカーから、誰もいない・人工の光も一切ない絶景を望めるでしょう。

モデルプラン

モデルプラン
1日目:
午前、ラパス着
専用車でホテルへ。
午後、ラパス市内観光
ラパス泊

2日目
専用車でラパス空港へ
国内線でウユニへ
ウユニ空港着
専属ガイドとともに、キャンピングカーへ移動
昼食後、付近の岸にある高台にハイキングして、ウユニ塩湖を一望したりします
キャンピングカー泊

3日目:
ウユニ塩湖の名所・インカワシ島やウユニ塩湖を遠望する高台へ
キャンピングカー泊

4日目:
朝食後、グランピングをチェックアウト
専用車でウユニ空港へ。
国内線でラパスへ
専用車でホテルへ
ラパス泊

5日目:
専用車でラパス空港へ

関連ページ:ボリビア

「ボリビア」専用ページ

関連ページ

アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ... リカンカブール山を回り込むように、チリ国境へ向かう 大きな湖の畔にビクーニャが数頭いた。 チリでは簡単には見れなくなるので、これが見納めとなるだろう いくつもの湖を通り過ぎるが、どれもそれぞれ目を惹く色を持ち、濃淡が違う。 2週間前に降った大雪で国境は一時閉鎖されていたが、無事に開通...
乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ... 5月~11月、乾季を迎えるウユニ塩湖では、景色が一変します。 雨季の“天空の鏡”から、“真っ白な大平原”に変化します。 ここは同じ地球なのかと思えるほど、大地の「白」と空の「青」のみ。 この単純な世界を、4駆で疾走します。 目指すは、「サボテンの島(インカワシ)」。 そして、乾...
乾季ウユニ塩湖の南十字星と天の川:デラックス・キャンパー④... ウユニ塩湖で望む星空は格別だ 360度の周囲に凹凸さえもない、本当に何もない場所で、満天の星を独り占めできるとしたら、 それはなんという贅沢な経験だろうか。 月出の時間は深夜なので、夕食後に早速、星空撮影を開始する。 降るような星、とはまさにこのことだろう。 防寒具を着込み、時々キ...
乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する... 乾季のウユニ塩湖は、どこまでも果てしない塩の大平原となります。車で2,3時間ほど走って縦断するのですが、その間に道はまったくありません。遠く対岸に見える山を目印にして、道なき大平原を走ります。 その光景は、今までに見たことのない景色と経験となるでしょう。 日本では雨季のウユニ塩湖に人気があり...
乾季ウユニ塩湖を独占する:グランピング・ツアー(モデルプラン)... 乾季限定・ウユニ塩湖でのグランピング体験 ウユニ塩湖で乾季限定の特別プランが、キャンピングカーに滞在する日本発着グランピング体験8日間です。 ウユニ塩湖の自然を朝から晩まで体感したいのであれば、このキャンピングカーが最も良い手段です。 モデルプラン:エアストリーム滞在デラックスキャンパー ...
「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング... 岐阜県と同じ面積のウユニ塩湖 世界一巨大な塩湖・ウユニ塩湖の広さを日本でたとえると、その面積は岐阜県とほぼ同じです。標高3700mのアンデスの高原で、これほど大きな塩の塊があることを想像するのが難しい途方もないスケールです。 ウユニ塩湖の悠久の成り立ち ウユニ塩湖は、かつて海の底でした。悠...

ペルー・アンデス山脈の花と食材:ルピナス

「世界一美しいカモメ」アカメカモメ -ガラパゴス諸島

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ

    2015.03.10
  2. アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて

    2015.07.18
  3. インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは

    2017.07.07
  4. ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景

    2015.06.27
  5. 「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)

    2018.05.26
  6. ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”

    2016.02.02
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP