Loading

PHOTO-BLOG

ウユニ塩湖を貸切る:キャンピングカー「エアストリーム」滞在

デラックス・キャンパーで貸切る“ウユニ塩湖”

ウユニ塩湖でグランピングする。この途方も無い体験は、キャンピングカー「エアストリーム」を使用して実現できます。それはまるで「ウユニ塩湖を貸切る」贅沢です。

ボリビア・ウユニ塩湖は、年間を通して世界中からツーリストが訪れます。日本人は主に12月~4月の雨季に訪れて、欧米人はおもに5月~10月の乾季に訪れます。
岐阜県と同じくらいの面積に渡り、地平線まで広がる塩の平原では、一般ツーリストが訪れるポイントは同じなので、意外に塩湖でも人口過密であったりします。誰もいないウユニ塩湖を満喫するには、グランピングがベストな手段です

キャンピングカー「エアストリーム」は、ボリビアにはわずか2台しかない貴重なキャンピングカーです。このキャンピングカーを人の全く入り込まない場所に設置しますので、それはウユニ塩湖を貸切るような状態なのです。

驚くほどに高性能な車両は、トイレ・シャワー・暖房を完備しています。ガイド、シェフ、給仕も専属で同行しています。シェフはラパスから連れてきますので、洗練された料理を出してくれます。特にお勧めは、ウユニ塩湖の塩を舐めて育ったリャマのステーキでしょうか

キャンピングカーとともに、4WDのランドクルーザーも一台貸切っていますので、日中、夕日の時間は、絶景を求めて遠出することができます。
どこまでも無限に広がるかのような塩の平原も、よく見ていると表面が美しい亀甲模様になっている場所が分かってきます。斜光線が亀甲模様に当たると、美しく輪郭が浮かび上がります。車が通る場所では地面が荒れているので、このような模様は見れませんが、グランピングは車の来ない場所に設置するので、このような絶景も簡単に見つけることができます

何よりも良いのは、キャンピングカーで望む朝日、夕日、星空です。暖房の効いたキャンピングカーから、誰もいない・人工の光も一切ない絶景を望めるでしょう。

モデルプラン

モデルプラン
1日目:
午前、ラパス着
専用車でホテルへ。
午後、ラパス市内観光
ラパス泊

2日目
専用車でラパス空港へ
国内線でウユニへ
ウユニ空港着
専属ガイドとともに、キャンピングカーへ移動
昼食後、付近の岸にある高台にハイキングして、ウユニ塩湖を一望したりします
キャンピングカー泊

3日目:
ウユニ塩湖の名所・インカワシ島やウユニ塩湖を遠望する高台へ
キャンピングカー泊

4日目:
朝食後、グランピングをチェックアウト
専用車でウユニ空港へ。
国内線でラパスへ
専用車でホテルへ
ラパス泊

5日目:
専用車でラパス空港へ

関連ページ:ボリビア

「ボリビア」専用ページ

関連ページ

ウユニ塩湖を貸し切る:デラックス・キャンパー滞在①... 「ウユニ塩湖を貸し切る」という表現も大袈裟ではないのが、 乾季のみ宿泊できる高級キャンピングカー“デラックス・キャンパー”です。 ガイド、コック、ドライバーなど数名の専属スタッフが同行して、誰もいないウユニ塩湖で優雅にキャンプします。 地平線を望む大塩原での優雅なアドベンチャー生活を、...
ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没... ボリビア・ラパスの展望台で霊峰イリマニの夕刻を撮影する。 夕焼けが終わると、今度は街のナトリウム灯のオレンジのネオンが美しくなる。 背後のイリマニ峰は、徐々に夜の闇に沈んでいく。...
宿泊設備にこだわる、デラックス・キャンパー②:ウユニ塩湖... ウユニ塩湖のイメージに合うキャンピングカーとして、この銀色で流線型の“エアストリーム”が選ばれた。 高級キャンピングカーとして有名な“エアストリーム”はボリビアでは販売されていないので、アメリカから輸入したそうで、オーナーの意気込みが伝わってくる。 内装も豪華で、ソファとベッドを始め、水...
乾季ウユニ塩湖を独占する:グランピング・ツアー(モデルプラン)... 乾季限定・ウユニ塩湖でのグランピング体験 ウユニ塩湖で乾季限定の特別プランが、キャンピングカーに滞在する日本発着グランピング体験8日間です。 ウユニ塩湖の自然を朝から晩まで体感したいのであれば、このキャンピングカーが最も良い手段です。 モデルプラン:エアストリーム滞在デラックスキャンパー ...
乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する... 乾季のウユニ塩湖は、どこまでも果てしない塩の大平原となります。車で2,3時間ほど走って縦断するのですが、その間に道はまったくありません。遠く対岸に見える山を目印にして、道なき大平原を走ります。 その光景は、今までに見たことのない景色と経験となるでしょう。 日本では雨季のウユニ塩湖に人気があり...
刻々と変化するウユニ塩湖の色彩:デラックス・キャンパー③... ウユニ塩湖の上でキャンプする、という地の理を活かして 移り変わる時間で変化する「色彩」の変化を楽しみたい 小さな定点観測を決め込み、じっくりとウユニ塩湖に取り組むのも デラックス・キャンパーだからできる特権だ。 黎明から日の出、薄暮から日没、そして満天の星空まで 乾季にはマイナス1...

ペルー・アンデス山脈の花と食材:ルピナス

「世界一美しいカモメ」アカメカモメ -ガラパゴス諸島

パタゴニア

関連記事

  1. チチカカ湖「太陽の島」に広がる古代の段々畑

    2015.07.22
  2. アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて

    2015.07.18
  3. 雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する

    2017.10.06
  4. チチカカ湖・太陽の島から望むレアル山群と朝焼け

    2015.07.21
  5. ボリビア・ラパスのシンボル、イリマニ峰の夕景

    2015.06.27
  6. チチカカ湖を望む絶景のロッジ:インカ発祥「太陽の島」

    2019.01.22
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP