Loading

PHOTO-BLOG

ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)

塩の大平原:乾季のウユニ塩湖

乾季のウユニ塩湖では、無限にも広がる塩の大平原を疾走するのが大きな魅力だ。

真っ白な大塩原に凹凸は無く、遠くに見える対岸の山を目印に、車は延々と1時間も2時間も進む。
まるでこの世とは思えないような「白」と青空の「青」だけの世界は、私たちの文明世界とは完全に対局の世界だ。

すれ違う人もなく、地球に自分だけが取り残されたような感覚だ。
言い換えれば、これまでの世界観に、一つ新しい世界を上書きするようなものだろう。

このウユニ塩湖で見れるドラマは、朝や夕刻、そして夜の星空が最も美しい。
昼間の圧倒的な白と青の世界を味わった後は、そのまま飽きるまでさらに滞在したい。

そよ風が耳に当たる音だけが聴こえるような静けさのなかで、耳目を済ませて、太陽光線が引き起こす色彩変化をじっくりと望む。
光線の角度により刻々と変化する大塩原は、その日の微妙な光の匙加減により、表現しきれない色の違いがもたらされる。それは一度として同じ景色は訪れないということだ。

その一瞬一瞬を逃さないように、ある緊張感を持ちつつ、朝・夕の特別な時間を過ごす。
自然がもたらす色彩変化は、スケールの大きな万華鏡なのだ。

エリア紹介ページ

ボリビア専用ページ

関連ページ

デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤... 専属で同行するシェフの料理は、まさに“腕によりをかけた”気合の入れ様だ ウユニ塩湖の大平原で、限られた調理器具と調理場という条件下で、驚くほど美味しい料理の数々だ 特別にリクエストした“リャマ”のステーキは素晴らしかった。お店によりけりで肉の質がかなり異なるものだが、ウユニ塩湖の塩を舐め...
「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)... 岐阜県と同じ面積の世界一の塩湖:ウユニ ウユニ塩湖は岐阜県とほぼ同じ面積の広大な塩の大平原です。岐阜県に匹敵する面積で、世界で最も大きな塩湖でもあります。標高3700mの高原に広がるウユニ塩湖が、かつて海の底にあったことはにわかに想像しにくいことでしょう。 長い時間をかけて隆起しながら、...
ウユニ塩湖:デラックスキャンパーでグランピング(ボリビア)... ウユニ塩湖でキャンピングカーに宿泊 日本でも各地で流行り始めた豪華キャンプ「グランピング」は、南米各地では一足先に定着しています。 欧米人の要望に応じて発展したサービスなので、想像以上に豪華で大人なクオリティです。 ボリビア・ウユニ塩湖では、デラックス・キャンパーをお勧めしています...
ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”... ウユニ塩湖で望む夕日。 陽が沈む寸前、斜光線が、見事な亀甲模様を照らす。 塩の結晶が作り出す亀甲模様は、ウユニ塩湖の特定の場所に現れる。 特に、「乾季」に見ることができる。 じっくりと滞在できる時間があってこそ見ることができる特別な景色だ。 ボリビア・ウユニ塩湖にて...
雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する... ボリビア・雨季のウユニ塩湖 12月下旬から「雨季・ウユニ塩湖」のシーズンが始まります。 鏡張りのウユニ塩湖を展望するには、連泊が鍵となるでしょう。 雨雲が多いので、天候待ちをできる余裕を持つために、2日間は終日でウユニ塩湖に入れる時間を欲しいところです。 そして鏡張りになるた...
ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没... ボリビア・ラパスの展望台で霊峰イリマニの夕刻を撮影する。 夕焼けが終わると、今度は街のナトリウム灯のオレンジのネオンが美しくなる。 背後のイリマニ峰は、徐々に夜の闇に沈んでいく。...

アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行

アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」

関連記事

  1. デラックス・キャンパーの専属シェフ:乾季・ウユニ塩湖⑤

    2015.06.26
  2. キャンピングカーに宿泊して感じるウユニ塩湖の魅力

    2015.11.06
  3. 【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ

    2015.11.07
  4. 乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する

    2014.07.11
  5. チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景

    2015.07.19
  6. 数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区

    2014.10.23
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP