Loading

PHOTO-BLOG

アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行

憧れのアンデス大縦断道「ルート40」

アルゼンチンの人々にとって、「ルート40」という名詞は特別な意味を持つ。アメリカでいえば“ルート66”のような存在だろう。「ルート40」は冒険への憧れの対象として、アルゼンチン人であれば誰もがいつか辿ってみたい道なのだ。

「ルート40」は、アルゼンチン内陸部を南北に縦断する約3800kmの国道だ。北はボリビアとの国境から始まり南はウシュアイアまで繋がるが、幹線道路とは異なり、人の往来が極端に少ない内陸部を縦断している。
アルゼンチン沿岸部の国道は舗装され、都市もあるのに比べて、ルート40は無人の荒野がひたすら続く厳しいルートなのだ 。

大きく区分けすると、3つの地域に分けられるだろう。

アルゼンチン北部

北はボリビア国境部から始まるアンデス高原部が「ルート40」の北部に当たる。この地域は、インカ系先住民文化の色合いが濃く、ウマワカ渓谷はインカ系ながら独特な遺跡を遺した渓谷だ。サルタ近郊には虹色に輝く谷があり、ウユニ塩湖のような巨大な塩湖もある。標高3000~4000mの高原を縦断する。

アルゼンチン中部

中部が、南米最高峰アコンカグア周辺のメンドーサから北部パタゴニアへと続く。6000峰を展望するアンデス高原から徐々に標高をおろし、パタゴニアの低地大草原へとつながる。アンデス高地にある「氷のオブジェ」ペニテンテ氷柱や、アコンカグア展望ハイキング、高原から下りれば南米随一のワイン産地メンドーサとなる。南下を続けると北部パタゴニアに入る。パタゴニアらしい荒野はウシュアイアまでひたすら続くことになるが、アンデス山域の様相は南部パタゴニアと少し異なる。“南米のスイス”と呼ばれるバリローチェを始め、風光明媚な景色が広がる。

アルゼンチン南部:パタゴニア

そうして南部は、中部パタゴニアから南米最南端の町ウシュアイアへ至る「中部・南部パタゴニア」だ。この区間は、アルゼンチンで最も人口の希薄な地域で、どこまでも広がる草原と、パタゴニアらしい岩峰群を延々と望みながら移動することになる。一見すると無人の荒野であるが、どこまでも続く草原はほぼ全て巨大な牧場(エスタンシア)、私有地なのだ。羊を追う生粋の牧童(ガウチョ)の姿も時折見ることができる。ツーリストはめったに来ない秘境であるが、ツーリストに宿舎を開放した牧場(エスタンシア)に泊まることができる。この区間はガソリンスタンドが極端に少ないことから、予備ガソリンの確保にも気を付けたいところだ。ときおり荒野に現れる巨大な氷河湖は息を飲むほどに美しいだろう。

アルゼンチン在住の人であれば誰もが、パタゴニアの「ルート40」に憧れるだろうが、実際に行くことができるのは冒険心豊かなほんの一握りの人だけなのだ。

関連ページ

写真を展示:小川清美 写真教室『はじめの一歩写真展』... 代表・松井の写真を展示させていただきました スイス・アルプス撮影の第一人者、小川清美さんの写真教室の写真展『はじめの一歩写真展』が、10/9から1週間、銀座のギャラリー向日葵で開催されます。 小川先生と写真教室の参加者の方の力作を集めた写真展です。毎年開催している写真展も、今年で19...
パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために... 幻想的なフィッツロイ峰の朝日と夕日 パタゴニアの名峰フィッツロイは、その圧倒的な存在感に涙を流す人もいるほどで、それは神様に近いほどなのだ。チャルテン村に暮らす人々は、フィッツロイを毎日仰ぎ見て、飽きることなく見入ってしまう。そんな場所に自由に住めるアルゼンチンの人々が羨ましくてしょうがい。 ...
フィッツロイ峰の山頂が姿を現す一瞬:パタゴニア... フィッツロイを取り巻く雲が一度山頂に張り付けば、なかなか剥がれないものだ。 そんな時には、ほんの一瞬でも山頂が顔を出したなら運が良いだろう。 たとえチャルテンで晴れていても、フィッツロイやセロトーレの山頂の天候とは異なるので、一瞬を待ってじっくりと望める時間が欲しいものだ ...
パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて... パタゴニアの草原を闊歩する「ガウチョ」 パタゴニアの草原を闊歩する牧童「ガウチョ」にとって、大空と草原はきっと世界そのものだ。 360度の地平線に覆いかぶさるような「空」は、天蓋というべき存在感だ。パタゴニアでは常に空の大きさを感じるほどに、あまりにも大きく、その大きさに耐えられない圧迫...
パタゴニア:秋のウエムル氷河と森 チャルテンから北へ車で約1時間半ほど行くと、アルゼンチンとチリの国境デシエルト湖に着く。 チリからの湿った空気の影響を強く受けるので、チャルテン付近に比べて、森が深く氷河が発達している。 南極ブナの木には、コケやサルオガセがびっしりと張り付き、地面はフカフカしている。 1時間も森を歩き斜面を登る...
秋から冬へ:紅葉のフィッツロイ山麓(パタゴニア)... 雪が降るたびに、秋は一段と深まる 晩秋のパタゴニアに降る雪は、まだまだ根雪にはならず、積もっていた雪も日差しが当たるとみるみる内に融けて行く。朝晩の冷えも確実に厳しくなっていく。 降雪の繰り返しの中で、南極ブナの紅葉はより進み、ゆるやかに冬に向かっていく ...

会報誌「ポコ・ア・ポコ」第8号:7月12日発行

ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ペリト・モレノ氷河:前進・後退を繰り返す不思議

    2015.04.19
  2. 薄明のパタゴニア・フィッツロイ峰:知覚できない領域へ

    2018.09.14
  3. 「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典

    2017.10.07
  4. 紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森トレッキング

    2017.01.31
  5. フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代

    2017.08.01
  6. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP