Loading

PHOTO-BLOG

アルゼンチン&パタゴニア縦断4000km:憧れの「ルート40」旅行

憧れのアンデス大縦断道「ルート40」

アルゼンチンの人々にとって、「ルート40」という名詞は特別な意味を持つ。アメリカでいえば“ルート66”のような存在だろう。「ルート40」は冒険への憧れの対象として、アルゼンチン人であれば誰もがいつか辿ってみたい道なのだ。

「ルート40」は、アルゼンチン内陸部を南北に縦断する約3800kmの国道だ。北はボリビアとの国境から始まり南はウシュアイアまで繋がるが、幹線道路とは異なり、人の往来が極端に少ない内陸部を縦断している。
アルゼンチン沿岸部の国道は舗装され、都市もあるのに比べて、ルート40は無人の荒野がひたすら続く厳しいルートなのだ 。

大きく区分けすると、3つの地域に分けられるだろう。

アルゼンチン北部

北はボリビア国境部から始まるアンデス高原部が「ルート40」の北部に当たる。この地域は、インカ系先住民文化の色合いが濃く、ウマワカ渓谷はインカ系ながら独特な遺跡を遺した渓谷だ。サルタ近郊には虹色に輝く谷があり、ウユニ塩湖のような巨大な塩湖もある。標高3000~4000mの高原を縦断する。

アルゼンチン中部

中部が、南米最高峰アコンカグア周辺のメンドーサから北部パタゴニアへと続く。6000峰を展望するアンデス高原から徐々に標高をおろし、パタゴニアの低地大草原へとつながる。アンデス高地にある「氷のオブジェ」ペニテンテ氷柱や、アコンカグア展望ハイキング、高原から下りれば南米随一のワイン産地メンドーサとなる。南下を続けると北部パタゴニアに入る。パタゴニアらしい荒野はウシュアイアまでひたすら続くことになるが、アンデス山域の様相は南部パタゴニアと少し異なる。“南米のスイス”と呼ばれるバリローチェを始め、風光明媚な景色が広がる。

アルゼンチン南部:パタゴニア

そうして南部は、中部パタゴニアから南米最南端の町ウシュアイアへ至る「中部・南部パタゴニア」だ。この区間は、アルゼンチンで最も人口の希薄な地域で、どこまでも広がる草原と、パタゴニアらしい岩峰群を延々と望みながら移動することになる。一見すると無人の荒野であるが、どこまでも続く草原はほぼ全て巨大な牧場(エスタンシア)、私有地なのだ。羊を追う生粋の牧童(ガウチョ)の姿も時折見ることができる。ツーリストはめったに来ない秘境であるが、ツーリストに宿舎を開放した牧場(エスタンシア)に泊まることができる。この区間はガソリンスタンドが極端に少ないことから、予備ガソリンの確保にも気を付けたいところだ。ときおり荒野に現れる巨大な氷河湖は息を飲むほどに美しいだろう。

アルゼンチン在住の人であれば誰もが、パタゴニアの「ルート40」に憧れるだろうが、実際に行くことができるのは冒険心豊かなほんの一握りの人だけなのだ。

関連ページ

姿形を変えて環境に対応する南極ブナ:秋のパタゴニア... パタゴニアに自生する南極ブナは、その環境に合わせて姿を変える。 標高が高く風通しの良い場所では、ハイマツのように地を這い低く小さく育つ。紅葉で色づくのも、まずは背の低い南極ブナからだ。 生息環境に適した場所では、南極ブナは森を形成して20メートルほどの高さに成長する。強烈な嵐の日も、この...
パタゴニア原生林のコンドル・ロッジとカヤック・ツアー(フィッツロイ)... 原生林のコンドル・ロッジ宿泊 パタゴニアの名峰フィッツロイ山麓エル・チャルテン村から車で約40分ほど、南極ブナの原生林にあるコンドル・ロッジは、パタゴニアの原始の自然を堪能するには最適な場所です。 わずか10人ほどが宿泊できるコンドル・ロッジの周囲には、半径5キロほどは無人です。美しいコ...
パタゴニアの岩峰群の成り立ち:花崗岩の怪峰パイネ・クエルノ... 花崗岩の怪峰「パイネ・クエルノ」 「角」を意味するパイネ山群の怪峰・クエルノは、見る角度により、形が全く異なります。 車道やトレッキングのトレイルからの展望で、花崗岩の独特な絶壁が刻々と姿・形を変えていくことに、きっと息を飲むほどに圧倒されるでしょう。 標高差2500m近い絶壁を周りながら...
パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態... パタゴニアとアンデス山脈の象徴:コンドル 暴風が吹き荒れる空にコンドルが舞うと、思わず人は立ち止まり、空を見上げてしまう。 どれだけコンドルを見慣れていても、やはり目で追ってしまうほどに、コンドルは悠々と舞う。そのコンドルの姿は我々にとってロマンや憧憬の対象であり、パタゴニアやアンデス山脈のシン...
パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む... パタゴニアで見るべき景色をいくつか挙げるとしたら、名峰フィッツロイの朝日が一番となるだろうか ペリトモレノ氷河の大氷壁や大草原パンパ、そしてパタゴニア独特の雲「レンズ雲」も見るべき景色だが、フィッツロイ峰の朝日は次元が違う美しさだからだ パタゴニアの名峰フィッツロイとは パタゴ...
シュティフター「水晶」の世界観/パタゴニアの聖地フィッツロイ... パタゴニアのフィッツロイ山麓が晴天に恵まれたある日、山を歩いていると、そのあまりにも清冽な景色に心を奪われる。森、草原、小川のせせらぎ、氷河を抱く山々、全てが完璧に調和して、静かに我々を包み込むように優しい。世界の全てが宝石のように輝いている あまりにも清浄で静謐なフィッツロイ山麓は、まる...

会報誌「ポコ・ア・ポコ」第8号:7月12日発行

ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)

関連記事

  1. 先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②

    2015.08.14
  2. アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」

    2017.07.20
  3. マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石

    2015.05.19
  4. パタゴニア・マルガリータの花畑:パイネ国立公園のワイルドフラワー

    2015.09.05
  5. フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

    2015.04.23
  6. パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ

    2016.03.31
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP