Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・インカ極彩色の民族衣装:天然染料の手織物

アンデス山脈の民族衣装


ペルー・ボリビア・エクアドルを中心としたアンデス山脈の民は色彩豊かな民族衣装を今も着ています。インカ文明を興したケチュア族やアイマラ族の人々にとって、民族衣装はアイデンティティそのものなのです。

天然染料と手織物


インカ文明以前、2000年以上も前の先インカ時代から、アンデスの人々はカラフルな民族衣装をまとっていました。その美しく鮮やかな色は全て天然染料から抽出されていました。

今では、合成染料を使うのが一般的ですが、値段の高い手織物は天然染料で染め上げています。

紫色は紫トウモロコシから、赤色はコチニール虫、その他の色も木の皮や植物の葉、そして鉱石を使ったりしています。

鮮やかな赤を作る「コチニール虫」


アンデスを歩いていると、ウチワサボテンの葉に白い点がたくさん付いているのが目につきます。その白い点は、全てコチニールという虫です。日本ではエンジムシ、またはコチニールカイガラムシと呼ばれ、ウチワサボテンに寄生して生きています。

この虫を手に取り潰すと、手に紫色の体液が付きます。
この体液にレモン汁をかけてこすると鮮やかな赤色に変化します。

染料に使う場合には、コチニール虫は潰さずに乾燥させてから、粉上に磨り潰してから染料として使われています。

関連ページ:ペルー・エクアドル・ボリビア




ペルー・アンデスの保存食:ジャガイモの「チューニョ」

世界で3番目に大きな氷塊:パタゴニア南部氷原

関連記事

  1. ペルー・ブランカ山群の花畑をフラワーハイキングで巡る

    2017.10.01
  2. マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開

    2016.02.18
  3. 《モノクローム写真》パタゴニアの嵐と名峰フィッツロイ

    2017.11.20
  4. チチカカ湖を望む絶景のロッジ:インカ発祥「太陽の島」

    2019.01.22
  5. 花も豊富なインカトレイル

    2013.12.03
  6. 【今日の写真】パタゴニアの“逆さフィッツロイ”

    2015.12.23
パタゴニア
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP