Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・インカを象徴する花:国花カントゥータ(ハナシノブ科)

ペルーの国花「カントゥータ」

ペルーの国花「カントゥータ」は、ハナシノブ科カンツア属の常緑木です。美しい赤と黄の二色の花は、ペルーを象徴する花として愛されています。

標高2500-4000mほどの標高を好むカントゥータは、クスコ周辺には特に多く、中央広場(アルマス広場)で見ることも可能です。

インカ時代から聖なる花として珍重されたカントゥータは、ペルー独立の象徴として、まさに国花なのです。

インカを象徴する花としては、同じインカ系のボリビアでも、国花としてカントゥータを愛しています。
その“赤”は、生贄として捧げられた血の色ともいわれるほどに、深紅です。

可憐で大胆なカントゥータの美しさは、アンデス山脈の生命を象徴しているかのようです。

関連ページ(ペルー)

インカ文明の聖なる3種の動物:“巨大な祭壇”ケンコー遺跡(ペルー)

ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)

関連記事

  1. 初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて

    2017.08.16
  2. ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイをヤンガヌコ峠から望む

    2016.07.01
  3. ギアナ高地の核心部:世界最大落差の滝・エンジェルフォール

    2018.08.25
  4. “パックラフトで行く”ブラジル・レンソイス横断トレッキング

    2019.08.28
  5. “スペインの中の異国” バスク地方とは

    2019.10.21
  6. ペルー・ナスカの地上絵と砂漠の絶景

    2019.04.09
パタゴニア
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP