Loading

風景写真家・松井章のブログ

ペルー・ブランカ山群で望む満天の星空と最高峰ワスカラン


ペルーで最も氷雪峰が集中する山域が「ブランカ山群」だ。

5000~6000m峰の総数は540座に及び、ペルー最高峰ワスカラン(6394m)もまたブランカ山群にある。

写真は標高4800mのヤンガヌコ峠から望むワスカラン峰(左)とワンドイ(右:6395m)だ。

もうすぐ夜明けの時間で東の空は白み始めたが、西の空はまだ闇に包まれて天の川が瞬いていた。
赤道よりやや南にあるために、5月の乾季は真冬に当たる。明け方の外気温はマイナス8℃だった。

世界で3番目に大きな氷塊:パタゴニア南部氷原

アンデス山脈のシンボル:巨鳥コンドルの生態

関連記事

  1. アルゼンチン北部の絶景:ウマワカ渓谷の14色の山「オルノカル」

    2019.06.19
  2. ペルー:10ドルで、原生自然の保護「カーボン・オフセット」

    2014.10.30
  3. 【日本の風景写真】能登半島の見附島:夜闇に浮かぶ鳥居

    2020.06.01
  4. 「秋のパタゴニア」トレッキング・ツアー添乗から帰国しました

    2018.04.24
  5. パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉に染まる

    2020.11.18
  6. 本日完成のアートパネル(額装写真)レンソイスの白砂漠と入道雲

    2017.09.06
パタゴニア
2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP