Loading

PHOTO-BLOG

トレッキング前の7つの高所順応プラン:ペルー・ブランカ山群

縦走トレッキング前の「高所順応」の重要性

ペルー・ワラスを基点にブランカ山群(ワスカラン国立公園)やワイワッシュ山群でテント泊の縦走トレッキングを行う場合、正しい「高所順応」を十分にしているかどうかがトレッキングの体調に大きく影響します。

標高4000~4700mを歩くこの地域の縦走トレッキングでは、できれば、トレッキング前に1日か2日の時間を作り、しっかりと高所順応を行いたいものです。

弊社では、トレッキング前の『高所順応プラン』としていくつかプログラムを用意しています。下記で簡単に高山病について説明していますが、高山病の影響を最小限に抑えるには下記の心がけとともに、『高所順応プラン』に参加することが最も有効です。

高山病とは

「高所病」とは、正確には病気ではなく、高地で生じる様々な症状の総称です。症状の大小はありますが、症状のまったくでない人はいませんので、高山病にはかかるものと考えると良いでしょう。では、その高山病の影響を最少にするにはどうすべきかを下記リンクにまとめました

【高山病の安全管理】高山病を予防するための正しい知識と対策

7つの高所順応プラン

ブランカ山群とワイワッシュ山群のトレッキング適期は、5月~9月です。

高所順応プラン①:ヤンガヌコ谷


専用車でペルー最高峰ワスカランの北麓のヤンガヌコ谷へ。ヤンガヌコ湖とチナンコチャ湖の美しい氷河湖でワスカラン国立公園に入ります。
車で4700mの峠まで登り、ワスカラン、チョピカルキ、ワンドイ、ピスコ、チャクララフなどの名峰を望みます。

高山病が発症する前に、体力を使わずに車だけで高所順応するプランです。約2時間ほどのハイキングを含めることも可能です。

高所順応プラン②:ウルタ谷


専用車で4900mのオリンピカ峠を目指します。この峠からは、ペルー最高峰ワスカランを始め、チョピカルキ、コントライェルバス、ウルタなどを望みます。

高山病が発症する前に、体力を使わずに車だけで高所順応するプランです。車で少し下山して4000m前後の花畑を2時間ほどハイキングして、ピクニックすることも可能です。

高所順応プラン③:ラフコルタ湖


名峰ワンツァン峰と巨大なアイスフォールの迫力ある展望がラフコルタ谷(4200m)の魅力です。入山には許可が必要なことから、入山者は少なく迫力の山岳展望を静かに楽しめます。
車でアプローチするので、歩行時間はないですので、初日の高所順応に有効です。

高所順応プラン④:パロン湖


ピラミッドのような山容の名峰ピラミデを望むパロン湖(4100m)で、約2時間の軽ハイキングをします。エメラルド色がひときわ濃い氷河湖と氷雪峰にずらりと囲まれた展望の谷を歩きます。

高所順応プラン⑤:山岳写真+グランピング


ヤンガヌコ方面の日当たりの良い草原でグランピングをします。目の前に、名峰ワスカランとワンドイが聳えていますので、山岳写真には最高の立地です。朝日・夕日・星空まで望む時間はたっぷります。キャンプはグランピング仕様で、テントの中には椅子とテーブルとベッドも置きます。専属シェフは美味しいペルー料理を作り、食堂テントも貸し切りとなります。常に温かい紅茶やコーヒーが出る環境の中で、体力を使わずに高所順応するプランです。

高所順応プラン⑥:チュルップ峰ハイキング

山麓の氷河湖を往復する約6時間のハイキングです。3800mから4400mの氷河湖を往復します。

高所順応プラン⑦:69湖ハイキング

名峰チャクララフ直下の氷河湖ラグーナ69(4600m)を4100mのデマンダ谷から往復する往復約6時間のハイキングです。ワスカラン、チョピカルキ、ヤナパッチャ、ピスコ、チャクララフの名峰群を望めます。

関連ページ:ペルー・ブランカ山群&ワイワッシュ山群

関連ページ

《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン... 標高差約2000mの大氷壁の名峰ワンツァン(6394m) ペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)の山々は、赤道直下で発達する“熱帯氷河”を抱く氷雪峰の一大山群だ。 広大な山域は真っ白な氷河に一面覆われていることから、「白い山脈=ブランカ山群」と呼ばれるようになった。 年々、氷河...
ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物... ワラス近郊の村へ、夕方のワスカランを望みに行く。 電線や建物の屋根が写真に入らないように、村の高台を探した。 外国人はまず来ないような生活道だ。 ワスカランは雲の中に隠れているが、周囲の雲は徐々に散っている。 日没までは時間があるので、しばらく待つことにした。 現地ガイドは近所のおばち...
ワスカランとワンドイを望む、ユンガイ村の展望台... 今年のアンデス山脈は全般的に、乾季の始まりが遅れていた 例年では5月には乾季が始まり、すっきり晴れていることが多いのだが 6月にさしかかる頃も、ブランカ山群には雨季の厚い雲が多かった 時に雲は山を覆ってしまい山中では雨をもたらすが、夕陽が当れば美しく染め上がることもある 夕方、ユンガイ村...
アンデス山脈の黄昏:氷雪峰の魔法の色彩 -ペルー・ブランカ山群... ペルー・ブランカ山群:名峰ワンツァン(6395m)の夕景 刻々と変化する氷雪峰の色彩変化を見つめるのは、この上ない喜びだ。 それはとても原初的で純粋な感嘆なのだと自身で感じることができるだろう アンデス山脈でひときわ高峰が集まるペルー・ブランカ山群では、朝夕の薄明・薄暮の黄昏時が特にダ...
ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する... ペルー・ブランカ山群の魅力は、ヒマラヤ並の山岳展望が望めることに加えて、人々の生活風景を撮影できることも魅力です。 アンデスの山麓の村々では、民族衣装を着た人々が今も街を行き交います。 写真を撮られることに慣れない人々ですので、笑顔を撮るチャンスを作るには、 少し長めの日程を取り...
ペルー・ブランカ山群:ヤンガヌコ峠で氷雪峰の撮影... ワンドイ:右・東峰(6,070m)、左・北峰(6,395m) ペルー最高峰ワスカランの大展望 ペルー・ブランカ山群はほぼ赤道直下に位置するが、標高4,000m以上では朝晩は凍てつくように寒い。 朝3:00にキャンプ(3,400m)を出発して、車でヤンガヌコ峠直下の展望台(4,500m)...

ペルー・アンデスの核心部を歩く:ワイワッシュ山群トレッキング

アルゼンチン文化の象徴:マテ茶の正しい飲み方

パタゴニア

関連記事

  1. ペルー・アンデス最大の祭り「インティライミ(太陽の祭り)」:1日ツアー

    2019.06.09
  2. インカの聖なる谷“ウルバンバ谷”の7つの魅力(ペルー旅行)

    2016.05.23
  3. 「ペルー料理お食事会」青山の凄腕シェフの絶品料理&セビーチェ

    2017.11.04
  4. ペルー・ブランカ山群:グランピングの快適な宿泊設備

    2016.06.19
  5. アンデス先住民の多彩な民族衣装と山高帽

    2016.03.05
  6. ペルー・ナスカの地上絵と砂漠の絶景

    2019.04.09
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP