Loading

PHOTO-BLOG

トレッキング前の7つの高所順応プラン:ペルー・ブランカ山群

縦走トレッキング前の「高所順応」の重要性

ペルー・ワラスを基点にブランカ山群(ワスカラン国立公園)やワイワッシュ山群でテント泊の縦走トレッキングを行う場合、正しい「高所順応」を十分にしているかどうかがトレッキングの体調に大きく影響します。

標高4000~4700mを歩くこの地域の縦走トレッキングでは、できれば、トレッキング前に1日か2日の時間を作り、しっかりと高所順応を行いたいものです。

弊社では、トレッキング前の『高所順応プラン』としていくつかプログラムを用意しています。下記で簡単に高山病について説明していますが、高山病の影響を最小限に抑えるには下記の心がけとともに、『高所順応プラン』に参加することが最も有効です。

高山病とは

「高所病」とは、正確には病気ではなく、高地で生じる様々な症状の総称です。症状の大小はありますが、症状のまったくでない人はいませんので、高山病にはかかるものと考えると良いでしょう。では、その高山病の影響を最少にするにはどうすべきかを下記リンクにまとめました

【高山病の安全管理】高山病を予防するための正しい知識と対策

7つの高所順応プラン

ブランカ山群とワイワッシュ山群のトレッキング適期は、5月~9月です。

高所順応プラン①:ヤンガヌコ谷


専用車でペルー最高峰ワスカランの北麓のヤンガヌコ谷へ。ヤンガヌコ湖とチナンコチャ湖の美しい氷河湖でワスカラン国立公園に入ります。
車で4700mの峠まで登り、ワスカラン、チョピカルキ、ワンドイ、ピスコ、チャクララフなどの名峰を望みます。

高山病が発症する前に、体力を使わずに車だけで高所順応するプランです。約2時間ほどのハイキングを含めることも可能です。

高所順応プラン②:ウルタ谷


専用車で4900mのオリンピカ峠を目指します。この峠からは、ペルー最高峰ワスカランを始め、チョピカルキ、コントライェルバス、ウルタなどを望みます。

高山病が発症する前に、体力を使わずに車だけで高所順応するプランです。車で少し下山して4000m前後の花畑を2時間ほどハイキングして、ピクニックすることも可能です。

高所順応プラン③:ラフコルタ湖


名峰ワンツァン峰と巨大なアイスフォールの迫力ある展望がラフコルタ谷(4200m)の魅力です。入山には許可が必要なことから、入山者は少なく迫力の山岳展望を静かに楽しめます。
車でアプローチするので、歩行時間はないですので、初日の高所順応に有効です。

高所順応プラン④:パロン湖


ピラミッドのような山容の名峰ピラミデを望むパロン湖(4100m)で、約2時間の軽ハイキングをします。エメラルド色がひときわ濃い氷河湖と氷雪峰にずらりと囲まれた展望の谷を歩きます。

高所順応プラン⑤:山岳写真+グランピング


ヤンガヌコ方面の日当たりの良い草原でグランピングをします。目の前に、名峰ワスカランとワンドイが聳えていますので、山岳写真には最高の立地です。朝日・夕日・星空まで望む時間はたっぷります。キャンプはグランピング仕様で、テントの中には椅子とテーブルとベッドも置きます。専属シェフは美味しいペルー料理を作り、食堂テントも貸し切りとなります。常に温かい紅茶やコーヒーが出る環境の中で、体力を使わずに高所順応するプランです。

高所順応プラン⑥:チュルップ峰ハイキング

山麓の氷河湖を往復する約6時間のハイキングです。3800mから4400mの氷河湖を往復します。

高所順応プラン⑦:69湖ハイキング

名峰チャクララフ直下の氷河湖ラグーナ69(4600m)を4100mのデマンダ谷から往復する往復約6時間のハイキングです。ワスカラン、チョピカルキ、ヤナパッチャ、ピスコ、チャクララフの名峰群を望めます。

関連ページ:ペルー・ブランカ山群&ワイワッシュ山群

関連ページ

ペルー・アンデス山脈のセーター植物:高原サボテン... 高原サボテンの群落 ペルー・アンデス高原の山岳地帯のサボテン「学名:Tephrocactus floccosus(またはTephrocactus rauhii)」を見つけたのは、ペルー中央部のワイワッシュ山群の草原でした。5000m峰がずらりと並ぶ大展望の斜面で、山岳展望に見惚れていたら、危う...
ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...
山岳写真・撮影旅行8~10日間: モデル①ペルー・ブランカ山群... アンデスの写真撮影をテーマに旅をする。 それは決して特別な事ではなく、道路網の発達した「ペルー・ブランカ山群」であれば、重い機材を担いで歩く必要もなく、誰もが写真撮影を楽しめます。 弊社では、ワラスをベースにしたサポート体制の基、高山病の安全管理ができる専属山岳ガイド(英語)がツアーを運行し...
南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング... ヒマラヤ並みの迫力の山岳展望:ブランカ山群 ペルー・アンデス山脈のワラスは、5000~6000m峰に囲まれた“南米のスイス”と呼ばれる風光明媚な町です。町のすぐそばには、ペルー最高峰ワスカラン(6768m)が聳えます。 このブランカ山群は主峰ワスカランを始め、6000m峰が約40座、5000...
ペルー・アンデスの核心部を歩く:ワイワッシュ山群トレッキング... アンデス山脈の主脈:ブランカ山群とワイワッシュ山群 南米大陸を縦断する長大なアンデス山脈で核心部ともいえる山群が、ペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)とワイワッシュ山群です。どちらも山岳リゾートであるワラスが基点となります。一日1便の国内線を利用すれば、首都リマからわずか1時間で到着しま...
ペルー・アンデス山脈の壮麗な山岳展望:ブランカ山群トレッキング... 南米随一の山岳展望を誇る、ブランカ山群 南米を代表する高峰が集中するペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)は、南米で最も壮麗な山が集中している地域と言ってもよいでしょう。 その迫力はヒマラヤに引けを取らないほどの密度の濃さを誇ります。 車道が発達していることから、日帰りハイキングや...

ペルー・アンデスの核心部を歩く:ワイワッシュ山群トレッキング

アルゼンチン文化の象徴:マテ茶の正しい飲み方

パタゴニア

関連記事

  1. 第二のマチュピチュ:チョケキラオ遺跡・テント泊トレッキング

    2018.05.21
  2. ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間

    2016.09.20
  3. ペルー・ブランカ山群:グランピングの快適な宿泊設備

    2016.06.19
  4. マチュピチュ遺跡からインカ道を“太陽の門”へ歩く

    2015.07.31
  5. ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)

    2018.04.20
  6. ペルー・アンデス山脈の壮麗な山岳展望:ブランカ山群トレッキング

    2017.11.11
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP