Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・ブランカ山群:ラフコルタ谷とワンツァンの大氷壁

ブランカ山群の名峰:ワンツァンの大氷壁とラフコルタ谷

南米随一の山岳展望を誇るブランカ山群。
大氷壁をたたえるワンツァンの迫力は、ブランカ山群でも群を抜く山岳写真の撮影には最適な絶景だ。

ワンツァン(6395m)の氷壁は圧巻だ。
左右に屏風のように広がる氷壁は見事なアンデス襞をたたえる。氷壁下部は氷河に変わり、美しいエメラルド色のラフコルタ湖に流れ込む。

ブランカ山群の“ブランカ”は、スペイン語で“白”を意味する。
ほんの数十年前、百年前は、この長大な山群は一面が氷河に覆われて、白い山脈のように見えたことから、ブランカ山群と呼ばれるようになった。

急激に後退する氷河は、山麓の河川の水量の減少につながっている。
多くの人々の畑作を支える水の減少は、地元の人々にとって深刻な問題となりつつある。

ワンツァン直下のラフコルタ湖は、悪路ではあるが車でアクセス可能だ。
入域には特別な許可証が必要なことから、無人の草原で山の展望を漫喫できる。

ペルー・ブランカ山群&ワイワッシュ山群:専用ページ

関連ページ

トレッキング前の7つの高所順応プラン:ペルー・ブランカ山群... 縦走トレッキング前の「高所順応」の重要性 ペルー・ワラスを基点にブランカ山群(ワスカラン国立公園)やワイワッシュ山群でテント泊の縦走トレッキングを行う場合、正しい「高所順応」を十分にしているかどうかがトレッキングの体調に大きく影響します。 標高4000~4700mを歩くこの地域の縦走トレ...
山岳写真撮影ツアー: ペルー・ブランカ山群の4つの魅力... ヒマラヤに匹敵する迫力の山岳展望 ペルー・アンデスで最も山岳展望が美しい地域が、ワラスを基点としたブランカ山群とワイワッシュ山群です。 林立する6000m峰の峰々の雪壁に付くアンデス襞の美しさなど、ヒマラヤに匹敵する山岳展望です。 車道が発達するブランカ山群では、専用車をフルに利用...
ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物... ワラス近郊の村へ、夕方のワスカランを望みに行く。 電線や建物の屋根が写真に入らないように、村の高台を探した。 外国人はまず来ないような生活道だ。 ワスカランは雲の中に隠れているが、周囲の雲は徐々に散っている。 日没までは時間があるので、しばらく待つことにした。 現地ガイドは近所のおばち...
ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイの朝日・夕日を定点観測... ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイ 南米の長大なアンデス山脈でヒマラヤ並みの氷雪峰を展望できるのが、ペルー・ブランカ山群です。 この山群は車道が発達しているので、4駆であれば山の懐深くに車で入り込むことができます。 このブランカ山群で容易に間近に望める山としては、まずワンドイ峰が挙がるで...
《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン... 標高差約2000mの大氷壁の名峰ワンツァン(6394m) ペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)の山々は、赤道直下で発達する“熱帯氷河”を抱く氷雪峰の一大山群だ。 広大な山域は真っ白な氷河に一面覆われていることから、「白い山脈=ブランカ山群」と呼ばれるようになった。 年々、氷河...
ワスカランとワンドイを望む、ユンガイ村の展望台... 今年のアンデス山脈は全般的に、乾季の始まりが遅れていた 例年では5月には乾季が始まり、すっきり晴れていることが多いのだが 6月にさしかかる頃も、ブランカ山群には雨季の厚い雲が多かった 時に雲は山を覆ってしまい山中では雨をもたらすが、夕陽が当れば美しく染め上がることもある 夕方、ユンガイ村...

世界のペルー料理:クスコの名店の美食メニュー(セビーチェなど)

ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイをヤンガヌコ峠から望む

パタゴニア

関連記事

  1. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
  2. 中南米グルメ・ブログ 「ラテンの台所」

    2015.11.17
  3. ペルー・インカを象徴する花:国花カントゥータ(ハナシノブ科)

    2018.04.16
  4. ペルー:コンドルが舞う谷、コルカ・キャニオンへ

    2016.07.30
  5. ペルー・ブランカ山群:グランピングの快適な宿泊設備

    2016.06.19
  6. アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

    2015.08.09
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP