Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイをヤンガヌコ峠から望む

ペルー・ブランカ山群の名峰・ワンドイ

ブランカ山群の大きな魅力は、車で大展望のポイントへアクセスできることだ。

早朝3時頃に出発して、ヤンガヌコ峠の4500m付近の展望台を目指す。
この展望台から、ペルー最高峰ワスカランを始め、ワンドイ、チョピカルキなどの名峰を望めるからだ。

高度は高いが滞在時間は短いので、ここで高山病の症状が出る前に下山できるほどには、うまく高度順応を仕上げておくと体に楽だろう。
そのためには高度障害の影響が出る“宿泊高度”での高度順応が一番重要になる。

ヤンガヌコ峠に着いたとき、頭上にはまだ満天の星空が広がっていた。
徐々に空が明るくなり、静かな黎明の時間を過ごす。

ほぼ赤道直下のブランカ山群では、6時頃が夜明けの時間だ

夜明けの一線が鋭く山頂に当たると、峰々は赤く染まっていく。
みるみるうちに燃えるような「赤」に峰全体が染まった。

一瞬の神聖な時間帯の後、鳥はさえずりを始め、ようやくブランカ山群に朝が訪れる。

関連ページ

ワンドイを望むアンデスの小さな村とキヌア畑... ヤンガヌコ谷の手前で、小さな村に立ち寄った 村からは、ヤンガヌコの深い谷とアンデスを望めるが、あいにく厚い雲に覆われていた。 雲間から、ときどきワンドイとワスカランが姿を現す。 この天気では、これから向かうわずか数キロ先の谷の中は、きっと寒さも厳しいことだろう。 雨季に見られるような大き...
【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏... 乾季アンデスの収穫祭 ペルーのアンデス山脈は5月から乾季を迎える。赤道から少し南に位置するために季節は日本と真逆で、秋に当たるこの季節は、アンデス各地でお祭りが催される。5月から6月の冬至にかけて、農作物の収穫を大地の神様・パチャママに感謝するための祝祭だ。年に一度の祭りを祝うために、ペルー先...
山岳写真撮影ツアー: ペルー・ブランカ山群の4つの魅力... ヒマラヤに匹敵する迫力の山岳展望 ペルー・アンデスで最も山岳展望が美しい地域が、ワラスを基点としたブランカ山群とワイワッシュ山群です。 林立する6000m峰の峰々の雪壁に付くアンデス襞の美しさなど、ヒマラヤに匹敵する山岳展望です。 車道が発達するブランカ山群では、専用車をフルに利用...
ペルー・アンデスの秘境:ワイワッシュ山群の秀峰“ヒリシャンカ”... ペルー・アンデスの秘境ワイワッシュ山群へ ペルー・アンデスのワイワッシュ山群は、ブランカ山群から南へ丸一日、谷を上り下りしてようやく辿り着く秘境の山群です。 6000m峰が集中する中心部の迫力ある山容は、壮麗さにおいてブランカ山群と肩を並べるほどでしょう。 ワイワッシュ山群の秀峰“...
ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック... 世界的に注目される発展を遂げた“ペルー料理”を、アウトドアでも味わいたい ワスカラン展望の後は、高山病の影響を低くするために、早々に標高の低いウルタ谷に下りた ルピナスの花畑の中に、テーブルを広げて、専属コックによる昼食だ 人数が少なければ少ないほどに、コックも調理に手をかけることがで...
ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...

ペルー・ブランカ山群:ラフコルタ谷とワンツァンの大氷壁

ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)

パタゴニア

関連記事

  1. ラクダ科・リャマとアルパカの違いとは

    2015.01.28
  2. サンクチュアリ・ロッジを基点にマチュピチュ遺跡を歩く

    2015.08.03
  3. アンデスの食べ物① 食も楽しむ

    2012.04.01
  4. もう一つのインカトレイル。「サルカンタイ・トレック」

    2012.07.29
  5. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
  6. 世界のペルー料理:クスコの名店の美食メニュー(セビーチェなど)

    2016.06.24
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP