Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイをヤンガヌコ峠から望む

ペルー・ブランカ山群の名峰・ワンドイ

ブランカ山群の大きな魅力は、車で大展望のポイントへアクセスできることだ。

早朝3時頃に出発して、ヤンガヌコ峠の4500m付近の展望台を目指す。
この展望台から、ペルー最高峰ワスカランを始め、ワンドイ、チョピカルキなどの名峰を望めるからだ。

高度は高いが滞在時間は短いので、ここで高山病の症状が出る前に下山できるほどには、うまく高度順応を仕上げておくと体に楽だろう。
そのためには高度障害の影響が出る“宿泊高度”での高度順応が一番重要になる。

ヤンガヌコ峠に着いたとき、頭上にはまだ満天の星空が広がっていた。
徐々に空が明るくなり、静かな黎明の時間を過ごす。

ほぼ赤道直下のブランカ山群では、6時頃が夜明けの時間だ

夜明けの一線が鋭く山頂に当たると、峰々は赤く染まっていく。
みるみるうちに燃えるような「赤」に峰全体が染まった。

一瞬の神聖な時間帯の後、鳥はさえずりを始め、ようやくブランカ山群に朝が訪れる。

関連ページ

《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン... 標高差約2000mの大氷壁の名峰ワンツァン(6394m) ペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)の山々は、赤道直下で発達する“熱帯氷河”を抱く氷雪峰の一大山群だ。 広大な山域は真っ白な氷河に一面覆われていることから、「白い山脈=ブランカ山群」と呼ばれるようになった。 年々、氷河...
ブランカ山群・ワイラス回廊:カルワス村の市場... ブランカ山群に沿って南北に細長く伸びる広い谷のことを「ワイラス回廊」と呼ぶ。 深く細いヤンガヌコ谷から出て、ワイラス回廊のユンガイ村に出ると、天気は一変して晴れ上がった。 気温も上がり過ごしやすくなる。 先住民の村が、なぜワイラス回廊に集中するかも理解できる気がする。比較的に安定して温暖な...
ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)... ペルー・アンデス:ブランカ山群とは 南米大陸の長大なアンデス山脈の中で、最も氷雪峰が集まる山群が、ペルー・アンカシュ県ワラス近郊の「ブランカ山群」です 6000m峰が林立し、名だたる名峰が集中することから、「南米の屋根」と呼ぶに相応しいエリアです。 基点となる町・ワラスは、標高30...
ヤンガヌコ谷のキャンプで天気待ち(ブランカ山群)... ワスカラン北峰も、山頂部だけ雲から姿を現した。 丸くどっしりとした存在感を持つのが北峰だが、左の南峰の方が山容が派手で美しい。 明け方まで見えていたワンドイは、日の出の頃から厚い雲の中に姿を隠してしまった。ピスコとチャクララフも雲に隠れていて、とうとう姿を現さなかった。 上空の風は強い...
南米随一の山岳展望を望む:ペルー・ブランカ山群トレッキング... ヒマラヤ並みの迫力の山岳展望:ブランカ山群 ペルー・アンデス山脈のワラスは、5000~6000m峰に囲まれた“南米のスイス”と呼ばれる風光明媚な町です。町のすぐそばには、ペルー最高峰ワスカラン(6768m)が聳えます。 このブランカ山群は主峰ワスカランを始め、6000m峰が約40座、5000...
ペルー・ブランカ山群:ヤンガヌコ峠で氷雪峰の撮影... ワンドイ:右・東峰(6,070m)、左・北峰(6,395m) ペルー最高峰ワスカランの大展望 ペルー・ブランカ山群はほぼ赤道直下に位置するが、標高4,000m以上では朝晩は凍てつくように寒い。 朝3:00にキャンプ(3,400m)を出発して、車でヤンガヌコ峠直下の展望台(4,500m)...

ペルー・ブランカ山群:ラフコルタ谷とワンツァンの大氷壁

ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ペルー料理の原点:インカの聖なる料理「パチャマンカ」①

    2016.06.11
  2. 《ペルー料理の食材》大地が赤く染まる唐辛子の天日干し

    2018.06.26
  3. インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは

    2017.07.07
  4. ペルー:10ドルで、原生自然の保護「カーボン・オフセット」

    2014.10.30
  5. 【ペルー・アマゾン】「デルフィン号」ネイチャー・クルーズの魅力

    2017.06.03
  6. もう一つのインカトレイル。「サルカンタイ・トレック」

    2012.07.29
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP