Loading

PHOTO-BLOG

ブランカ山群を歩く【ペルー・アンデス】

sign5.png
乾季のアンデス山脈は、山歩きに最適な時期です。
「ペルーで歩く」となるとマチュピチュやインカトレイルが、まずイメージされますが、抜群の山容を誇るのはブランカ山群です。ペルー北部ワラスを起点として、日帰りハイキングやテント泊トレッキング、様々なコースを組めます。
圧倒的な迫力のアンデス山脈を見たいなら、ブランカ山群がお勧めです。
マチュピチュへは遠いですが、セットにすることも可能です。
6月の間際の出発も、国際線さえ取れれば、予約はまだまだ可能です。

関連ページ

海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは... 過酷な環境に柔軟に対応する「ダッフルバッグ」 防水で耐久性のある「ダッフルバッグ」は、海外トレッキングや秘境地域で大きく活躍します。パタゴニア、ペルーやボリビアのアンデス山脈、ギアナ高地やレンソイス砂漠など、あらゆるアウトドア・シーンで必要な基本装備です。 ポーターやロバ(リャマ)が運ぶ...
ペルー・インカの都クスコを一望する城塞:サクサイワマン遺跡... ピューマの形を模したインカ帝国の都「クスコ」 ペルー・インカ帝国の都「クスコ」は、大地を司る聖なる動物・ピューマの形を模して建設されたと言われます。 インカの王様が住んだ帝国の首都として、南米中に広がるネットワークの中心がクスコであり、情報と物の全てがここに集まりました。 クスコはもと...
【ペルー・アンデス】「ブランカ山群トレッキング」シーズン、あとわずか!... ウニオン峠から望むタウリラフ 南米の中で最も山岳展望の素晴らしい地域の一つ、ペルー・アンデスのブランカ山群のトレッキング・シーズンは、10月頃までとなります。 5,000~6,000m峰が集中する「ブランカ山群」の縦走トレッキングは、“ヒマラヤひだ”ならぬ“アンデスひだ”の山々を望める抜群の展望ト...
《ペルー料理の食材》大地が赤く染まる唐辛子の天日干し... トウガラシの天日干し ペルー料理で欠かせないトウガラシの天日干しは、5月頃に最盛期を迎えます。 人口約800万人の巨大都市にトウガラシを供給する大産地として、ペルー北部の谷が赤く染まります。 ここでは、主に赤いトウガラシを中心に、黄色や橙色の唐辛子も乾燥させています。まだ干し始めた...
【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏... 乾季アンデスの収穫祭 ペルーのアンデス山脈は5月から乾季を迎える。赤道から少し南に位置するために季節は日本と真逆で、秋に当たるこの季節は、アンデス各地でお祭りが催される。5月から6月の冬至にかけて、農作物の収穫を大地の神様・パチャママに感謝するための祝祭だ。年に一度の祭りを祝うために、ペルー先...
【ペルー・アマゾン】クルーズで望む、燃えるような朝日と夕日... ペルー・アマゾンの夕日 ほぼ赤道直下のアマゾンでは、年間を通してほぼ同じ時刻、日の出は6時、日没は18時頃です。 パタゴニアやアラスカのような緯度の高い極地の朝日や夕日は、ときに何時間もかけてじわじわと変化していきます。 それに比べると、赤道直下の朝日や夕日はとても短く、しかし一瞬に燃...

自立した旅行を応援します【アルゼンチン・パタゴニア】

アタカマ高地からウユニ塩湖へ① 月の谷

関連記事

  1. ペルー・ブランカ山群:ヤンガヌコ峠で氷雪峰の撮影

    2016.05.31
  2. ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック

    2015.07.11
  3. ペルーの古都アレキパから、コンドル舞うコルカキャニオンへ

    2016.07.28
  4. 《ペルー・アンデス》ブランカ山群の名峰ワンツァンの大氷壁

    2016.10.28
  5. アンデスの多彩な民族衣装:ペルー・ケチュア族とインカ文明

    2017.10.11
  6. ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する

    2016.02.29
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP