Loading

PHOTO-BLOG

ブランカ山群を歩く【ペルー・アンデス】

sign5.png
乾季のアンデス山脈は、山歩きに最適な時期です。
「ペルーで歩く」となるとマチュピチュやインカトレイルが、まずイメージされますが、抜群の山容を誇るのはブランカ山群です。ペルー北部ワラスを起点として、日帰りハイキングやテント泊トレッキング、様々なコースを組めます。
圧倒的な迫力のアンデス山脈を見たいなら、ブランカ山群がお勧めです。
マチュピチュへは遠いですが、セットにすることも可能です。
6月の間際の出発も、国際線さえ取れれば、予約はまだまだ可能です。

関連ページ

ペルーの山岳リゾート・ワラスとワスカラン国立公園... ブランカ山群の基点:ワラス ペルー中西部の町ワラスは、トレッキングの基地として有名な標高3000mの高原都市です。ペルー最高峰ワスカラン(6768m)はワラス町のシンボルのような山です。ワスカラン周辺のワスカラン国立公園は世界遺産に登録されていて、南米で最も氷雪峰が集中することでも有名です。5...
インカトレイル・トレッキング③:ペルー・アンデス山脈と古代遺跡の絶景を歩く... トレッキング4日目:壮大な遺跡群を歩く トレッキング最終日は、夜明けに前に起きて、朝日を待ちたいところです。 稜線のキャンプは、インカトレイルで最も展望の良い立地だからです。 ビルカバンバ山群の最高峰サルカンタイ峰(6264m)とウマンタイ峰(5459m)が朝日に照り輝く瞬間は、プユパ...
《ペルー料理の食材》大地が赤く染まる唐辛子の天日干し... トウガラシの天日干し ペルー料理で欠かせないトウガラシの天日干しは、5月頃に最盛期を迎えます。 人口約800万人の巨大都市にトウガラシを供給する大産地として、ペルー北部の谷が赤く染まります。 ここでは、主に赤いトウガラシを中心に、黄色や橙色の唐辛子も乾燥させています。まだ干し始めた...
インカの聖なる谷“ウルバンバ谷”の7つの魅力(ペルー旅行)... クスコとマチュピチュの中間地点:ウルバンバ谷 インカ文明の中心を担った“聖なる谷”として知られるウルバンバ谷は、クスコとマチュピチュの中継地点としての役割だけではなく、丸一日を費やしても時間が足りないほどの魅力があります。 インカ帝国の都クスコ(3400m)とマチュピチュ遺跡(2400m...
アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ... アンデス高原鉄道のアンディアンエクスプローラ号にて。 展望車両で景色を眺めていると、民族音楽(フォルクローレ)の楽団が音楽を奏で始めた。ケーナとチャランゴの音色は、どこか哀愁を漂わせていて、アンデスの高原(アルティプラーノ)の風景にピッタリと合う。 音楽と風景の不可分の関係性を、フォルク...
聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ... ウルバンバ谷は、その地形的な好条件により気候は割と温暖で、インカ帝国の時代にはクスコからの避寒地や穀倉地帯として栄えた。農業試験場跡のモライやマラス塩田など多くの遺跡が残り、インカ帝国にとって、ウルバンバ谷はインカ文明の核心部であった。そのことから、「聖なる谷」と呼ばれる。 谷を通り、マチ...

自立した旅行を応援します【アルゼンチン・パタゴニア】

アタカマ高地からウユニ塩湖へ① 月の谷

パタゴニア

関連記事

  1. ペルー・マチュピチュ遺跡:2019年からの入場制限

    2018.08.13
  2. インカトレイルの魅力① スタート地点~ワルミワニュスカ峠

    2013.04.18
  3. 山岳写真撮影ツアー: ペルー・ブランカ山群の4つの魅力

    2015.12.21
  4. ペルー・アンデス山脈の花と食材:ルピナス

    2018.12.08
  5. ウルバンバ谷:ケチュア族のミスミナイ村の生活風景(ペルー)

    2016.06.21
  6. BS朝日で放映「5つ星☆小型客船で巡る!秘境アマゾン冒険クルーズ」

    2013.11.09
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP