Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ高地からウユニ塩湖へ① 月の谷

DSCN0052.JPG
周囲には火山がたくさんあります。
DSCN0038.JPG
月の谷
アタカマ高地は、チリ北部とボリビア南部に広がる高原の名前です。標高は2500~4500mくらいで、大平原に、不思議な湖や山が点在しています。道はオフロードで、まさに秘境気分たっぷりな場所です。
通常では、高所順応をうまくするために、チリ側から入ります。基点となる町は、サン・ペドロ・デ・アタカマ村です。乾季はいつも真っ青な空がどこまでも広がり、なんだか空がまぶしいところです。
観光名所はありませんが、自然の中にどっぷり浸かる体験をしたい方には、名所だらけです。
この写真は、月の谷で撮りました。
日没をここで見ると、けっこう感動します。
それはきっと完全に異世界だからでしょう。
日本にいると想像できない体験から来る感動です。とてもキレイです。
ワイキキ・ビーチに沈む夕陽もけっこう感動します。
でも、アタカマ高地の夕陽には、崇高さというか畏敬の念が生まれる。
アタカマ高地からウユニ塩湖への縦断は、驚きだらけで、とても静かでもある、そんな旅となります。

関連ページ

アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)... 気候変動の象徴?アタカマ砂漠の花園 数年に一度わずか10日間だけ現れる「アタカマ砂漠の花園」は、その出現の回数は徐々に増えていると言われる。4・5年に一度の出現と言われた花園も、近年は2・3年に一度は出現する傾向にある。世界的な気象変動と連動するとも言われているが、そのメカニズムは今も謎に満ち...
モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島... 草原にたたずむモアイは、どこか寂し気に遠くを見ている。モアイの頭の上には、ハヤブサが止まっていた。獲物を見つけるのに、モアイの頭の上はちょうど良い物見台なのだ。ときおりハヤブサが鋭く鳴く声を聴きながら、草に埋もれて風に吹かれるモアイを見ていると、そこには寂しさとは異なる爽やかな無常感をさえ感じる...
太平洋から吹く風「カマンチャカ」と砂漠にもたらす恵み... チリ中部からペルー北部まで伸びる長大な太平洋の西岸砂漠は、太平洋の海流の影響を常に強く受けています。その海流の名前は、フンボルト海流です。南極から北上する冷たい海流の影響で赤道近くのペルーでも海水は冷たく、大気も冷やします。 5月~10月頃は、この海流の影響で吹く風と霧により、気温はぐっと...
南米の絶品フルーツ:アタカマ産チリモヤ... 世界でも屈指の乾燥した大地である「アタカマ砂漠」では、緑はオアシスにあります。インカの時代から湧く泉もあり、砂漠の中で緑が見える時、そこに地下水が湧いている事を意味します。 水はとても重要な資源です。アタカマで開拓を進めるために、水の確保が最も重要な問題となります。 地下水を利用したプランテ...
アタカマ砂漠の花園 “デシエルト・フロリド”... チリ・アタカマ砂漠の花園 "デシエルト・フロリド" 世界で最も乾燥した砂漠と言われる“チリ・アタカマ砂漠”では、世界でも稀な奇跡が、約4年に一回だけ起こります。 わずか10日間ほどだけ、巨大な花園「デシエルト・フロリド」が現れるのです。英語では、フラワーリング・デザート呼ばれます。 ...
アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)... 「荒野の小さなバラ」を意味する「ロシータ・デル・カンポ」は、アタカマ砂漠の固有種の一つで、アカネ科の一年草です。 アタカマ砂漠に一斉に咲く花々はどれも可憐で儚げに揺れているものですが、「ロシータ・デル・カンポ」は特に小さく、その凛とした佇まいが目立つ花です。 砂漠を染めるような群生はして...

ブランカ山群を歩く【ペルー・アンデス】

アタカマ高地からウユニ塩湖へ② ミスカンティ湖

パタゴニア

関連記事

  1. アタカマ高地で、天の川の星空撮影

    2015.07.04
  2. <動画>アタカマ砂漠の花園 “デシエルト・フロリド”

    2016.10.01
  3. モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島

    2018.02.23
  4. アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ

    2019.02.15
  5. チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園

    2018.09.09
  6. アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)

    2018.12.24
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP