Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ高地からウユニ塩湖へ② ミスカンティ湖

DSCN0076.JPG
ミスカンティ湖でピクニック
DSCN0069.JPG
荒涼としたアンデスの高原(アルティプラーノ)
青空がどこまでも青いアタカマ高地。
チリ側アタカマ塩湖から東へ少し移動して、ミスカンティ湖へ。
アタカマ塩湖周辺の標高は2500mほどですが、お昼ご飯は標高4000mまで上がり、高原のミスカンティ湖でピクニック・ランチです。
空よりも青いミスカンティ湖と、火山、草原、静けさ。
典型的なアンデスの高原・アルティプラーノの風景です。
こんな特別な場所でランチを食べて、空を見上げて、けっこう幸せになります。
運が良ければ、標高4500m付近に生息する野生のラクダ科・ビクーニャに会えるかもしれません。

関連ページ

今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」... 今年の9月上旬に出現したアタカマ砂漠の花園は、ここ数年でも一番の当たり年であったようで、砂漠は花で満たされました。 ツアーに同行した現地ガイドから、撮影した写真が届きました。 今年の花園の特長は、開花の時期が異なる花々が一斉に咲いたことでしょう。 紫の花(パタ・デ・グアナコ)を始め...
イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島... 太平洋の絶海の孤島・イースター島に、モアイという類い稀な遺跡を残した文明が存在していた。 広大な世界地図を前にすれば、イースター島をすぐに見つけられる人は少ないのではないだろうか。 イースター島は南米・チリに所属するが、首都サンティアゴからは空路で約5時間かかる。空港に降り立てば、空...
チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園 アタカマ砂漠に訪れる奇跡 3~4年に一度わずか10日間ほどだけ、チリのアタカマ砂漠は地平線まで花で覆われます。その規模は、上空を通過する飛行機から見下ろすと、砂漠が紫色に輝いているほどです。 想像を超えるスケールの花畑がほんの一瞬だけ出現するのです 奇跡のような現象はなぜ起こるので...
アタカマ砂漠の花園 “デシエルト・フロリド”... チリ・アタカマ砂漠の花園 "デシエルト・フロリド" 世界で最も乾燥した砂漠と言われる“チリ・アタカマ砂漠”では、世界でも稀な奇跡が、約4年に一回だけ起こります。 わずか10日間ほどだけ、巨大な花園「デシエルト・フロリド」が現れるのです。英語では、フラワーリング・デザート呼ばれます。 ...
アタカマ高地で、天の川の星空撮影 チリに入ると、道路などのインフラのレベルが格段に上がる。 国境からわずか1時間の移動で、標高は一気に2,000mも下がるので、空気の濃さが明らかに異なる。 ラグーナ・ベルデの背後に聳える、リカンカブール山の真裏に回ってきたのだ。 夜は、サンペドロ郊外の丘へ星空撮影に行く。 標高約4,50...
チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園②/アニャニュカ... チリ・アタカマ砂漠の花園の動画をYou Tube「アンディーナ・トラベル・チャンネル」にアップしました。 今回の動画は、アタカマ砂漠の『海岸部』をテーマにしています。 海岸部では、ユリ科のアニャニュカなどが咲き、内陸とは植生が全く異なります。 内陸ではスベリヒユ科のパタ・デ・グアナ...

アタカマ高地からウユニ塩湖へ① 月の谷

グアテマラの「青い空の会」

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 月の谷で撮影する、アタカマ高地の夕焼け

    2015.07.07
  2. 【チリ・アタカマ砂漠】テレビ番組「チキュウノハテ」のご案内

    2014.01.21
  3. <動画>アタカマ砂漠の花園 “デシエルト・フロリド”

    2016.10.01
  4. 《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島

    2017.06.13
  5. モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島

    2018.02.23
  6. 古代ポリネシアの海洋文化圏:イースター島、そして南米大陸

    2017.07.26
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP