Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ高地からウユニ塩湖へ② ミスカンティ湖

DSCN0076.JPG
ミスカンティ湖でピクニック
DSCN0069.JPG
荒涼としたアンデスの高原(アルティプラーノ)
青空がどこまでも青いアタカマ高地。
チリ側アタカマ塩湖から東へ少し移動して、ミスカンティ湖へ。
アタカマ塩湖周辺の標高は2500mほどですが、お昼ご飯は標高4000mまで上がり、高原のミスカンティ湖でピクニック・ランチです。
空よりも青いミスカンティ湖と、火山、草原、静けさ。
典型的なアンデスの高原・アルティプラーノの風景です。
こんな特別な場所でランチを食べて、空を見上げて、けっこう幸せになります。
運が良ければ、標高4500m付近に生息する野生のラクダ科・ビクーニャに会えるかもしれません。

関連ページ

今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」... 今年の9月上旬に出現したアタカマ砂漠の花園は、ここ数年でも一番の当たり年であったようで、砂漠は花で満たされました。 ツアーに同行した現地ガイドから、撮影した写真が届きました。 今年の花園の特長は、開花の時期が異なる花々が一斉に咲いたことでしょう。 紫の花(パタ・デ・グアナコ)を始め...
アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ... 南米アタカマ高地とは 日本で「アタカマ高地」と呼ばれる地域は、実際の“アタカマ高地”のごく一部、東の外れとなります。 アタカマ高地の魅力の多くはボリビア側にあり、ウユニ塩湖からチリ国境ラグーナ・ベルデ付近です。正確には、アルティプラーノ~スド・リペスという地域の分類になるが、広義で「アタ...
アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂... アンディーナトラベル・クラブの会員限定ツアー「アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂」ツアーの企画を詰めています。 2月中旬の日本発着13日間で、南米最高峰アコンカグアをたっぷりと望む充実のテント泊トレッキング、イースター島では最高峰テレバカ登頂とともに日の出や星空も望む、特別な...
アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)... 気候変動の象徴?アタカマ砂漠の花園 数年に一度わずか10日間だけ現れる「アタカマ砂漠の花園」は、その出現の回数は徐々に増えていると言われる。4・5年に一度の出現と言われた花園も、近年は2・3年に一度は出現する傾向にある。世界的な気象変動と連動するとも言われているが、そのメカニズムは今も謎に満ち...
イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島... 太平洋の絶海の孤島・イースター島に、モアイという類い稀な遺跡を残した文明が存在していた。 広大な世界地図を前にすれば、イースター島をすぐに見つけられる人は少ないのではないだろうか。 イースター島は南米・チリに所属するが、首都サンティアゴからは空路で約5時間かかる。空港に降り立てば、空...
イースター島・モアイ文明の崩壊と大航海時代... イースター島に勃興したモアイ文明 モアイにはかつて“目”があった。 空を見つめるように寂しげに佇むモアイがイメージとしてあるが、かつては目が嵌め込まれることで、モアイは霊力を持った存在として、威厳とともに人々を守る存在であった。 ポリネシアの海洋民族が太平洋の絶海の孤島に辿り着き、小さ...

アタカマ高地からウユニ塩湖へ① 月の谷

グアテマラの「青い空の会」

パタゴニア

関連記事

  1. アタカマ塩湖のフラミンゴとリカンカブール山

    2015.07.06
  2. イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島

    2018.02.19
  3. モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島

    2018.02.23
  4. 今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」

    2017.09.22
  5. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  6. アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

    2019.01.07
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP