Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ塩湖のフラミンゴとリカンカブール山

1.jpg
2.jpg
天候の巡り会わせが良く、アタカマ塩湖では晴れて無風であった。
鏡のように反射する湖面に、フラミンゴとリカンカブール山が写り込んでいる。
足元を見れば、フラミンゴの雛がいた。
人を恐れずに近づいてくるので、油断すると踏んでしまいそうだ
ボリビア側の空は乾季らしくない曇りだが、夕焼けで雲が赤く焼けるかもしれない。
西の空は快晴なので、日没の時間が楽しみになる
世界で二番目に大きい“アタカマ塩湖”だが、ウユニ塩湖と違い、人が入れる場所はわずかだ。短い遊歩道で30分もあれば十分だろう。サンペドロからの周辺観光を含めて4時間ほどで廻るのが一般的だ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

アタカマ高地で、天の川の星空撮影

月の谷で撮影する、アタカマ高地の夕焼け

関連記事

  1. モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島

    2018.02.23
  2. 砂漠を花が埋め尽くす「アタカマ砂漠の花園2017」

    2017.09.12
  3. 南米アンデス山脈に生息する“4種類のラクダ”記事集

    2020.05.06
  4. フォト・ギャラリー「チリ」:新ページのご案内

    2020.05.06
  5. チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園:フラワーリングデザート

    2018.09.09
  6. 【悠久の南米大陸】NHKラジオ「まいにちスペイン語」8月号

    2021.07.18
パタゴニア
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP