Loading

風景写真家・松井章のブログ

アタカマ塩湖のフラミンゴとリカンカブール山

1.jpg
2.jpg
天候の巡り会わせが良く、アタカマ塩湖では晴れて無風であった。
鏡のように反射する湖面に、フラミンゴとリカンカブール山が写り込んでいる。
足元を見れば、フラミンゴの雛がいた。
人を恐れずに近づいてくるので、油断すると踏んでしまいそうだ
ボリビア側の空は乾季らしくない曇りだが、夕焼けで雲が赤く焼けるかもしれない。
西の空は快晴なので、日没の時間が楽しみになる
世界で二番目に大きい“アタカマ塩湖”だが、ウユニ塩湖と違い、人が入れる場所はわずかだ。短い遊歩道で30分もあれば十分だろう。サンペドロからの周辺観光を含めて4時間ほどで廻るのが一般的だ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

アタカマ高地で、天の川の星空撮影

月の谷で撮影する、アタカマ高地の夕焼け

関連記事

  1. アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ

    2015.12.15
  2. 《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島

    2017.06.13
  3. チリ暴動はなぜ起こったか:日本も抱える社会問題「貧富の格差」

    2019.10.29
  4. 【チリ・アタカマ砂漠】テレビ番組「チキュウノハテ」のご案内

    2014.01.21
  5. アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)

    2018.12.24
  6. チリ/「南米大陸の幻想風景」写真展」:撮影エリア紹介⑥

    2021.04.15
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP