Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ塩湖のフラミンゴとリカンカブール山

1.jpg
2.jpg
天候の巡り会わせが良く、アタカマ塩湖では晴れて無風であった。
鏡のように反射する湖面に、フラミンゴとリカンカブール山が写り込んでいる。
足元を見れば、フラミンゴの雛がいた。
人を恐れずに近づいてくるので、油断すると踏んでしまいそうだ
ボリビア側の空は乾季らしくない曇りだが、夕焼けで雲が赤く焼けるかもしれない。
西の空は快晴なので、日没の時間が楽しみになる
世界で二番目に大きい“アタカマ塩湖”だが、ウユニ塩湖と違い、人が入れる場所はわずかだ。短い遊歩道で30分もあれば十分だろう。サンペドロからの周辺観光を含めて4時間ほどで廻るのが一般的だ。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg

関連ページ

月の谷で撮影する、アタカマ高地の夕焼け... サンペドロ近郊の「月の谷」へ、夕焼けの写真を撮りに行く。 日没よりかなりの余裕を持って出たのだが、道を間違ってしまったことで、太陽はみるみる落ちて行く。 息を切らしながら急いで砂丘の頂上へ登る。 頂上部では、写真を撮るためには最も奥へ行く必要がある。 急ぎ足で場所を探し、ようやくたど...
アタカマ高地で、天の川の星空撮影 チリに入ると、道路などのインフラのレベルが格段に上がる。 国境からわずか1時間の移動で、標高は一気に2,000mも下がるので、空気の濃さが明らかに異なる。 ラグーナ・ベルデの背後に聳える、リカンカブール山の真裏に回ってきたのだ。 夜は、サンペドロ郊外の丘へ星空撮影に行く。 標高約4,50...
エルニーニョ現象:「アタカマの花園」と「ビクーニャ」への影響... 今年は“スーパー・エルニーニョ”とも呼ばれる強力なエルニーニョ現象に、世界中が翻弄されている。 エルニーニョとは、スペイン語で「El Niño」と書き、「神の子(=キリスト)」を意味する。 海水温の異常な上昇によって、ある地域では奇跡のような景観を生み出し、ある地域には災禍をもたらす...
アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ... 南米アタカマ高地とは 日本で「アタカマ高地」と呼ばれる地域は、実際の“アタカマ高地”のごく一部、東の外れとなります。 アタカマ高地の魅力の多くはボリビア側にあり、ウユニ塩湖からチリ国境ラグーナ・ベルデ付近です。正確には、アルティプラーノ~スド・リペスという地域の分類になるが、広義で「アタ...

アタカマ高地で、天の川の星空撮影

月の谷で撮影する、アタカマ高地の夕焼け

パタゴニア

関連記事

  1. アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ

    2019.02.15
  2. アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

    2019.01.07
  3. 南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング

    2017.07.23
  4. イースター島・モアイ文明の崩壊と大航海時代

    2018.11.26
  5. イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島

    2018.02.19
  6. アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ

    2015.12.15
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP