Loading

PHOTO-BLOG

チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園

アタカマ砂漠に訪れる奇跡

3~4年に一度わずか10日間ほどだけ、チリのアタカマ砂漠は地平線まで花で覆われます。その規模は、上空を通過する飛行機から見下ろすと、砂漠が紫色に輝いているほどです。

想像を超えるスケールの花畑がほんの一瞬だけ出現するのです

奇跡のような現象はなぜ起こるのでしょうか。

普段は荒涼とした砂漠のアタカマ砂漠は、世界で最も乾燥した場所の一つです。もし普段の砂漠を見ていれば、そこが地平線まで花で覆われることを、なおさら信じられないでしょう

奇跡の花園の仕組み

この砂漠の特異な現象には、「エルニーニョ現象」が大きく影響しています。アタカマ砂漠が接する太平洋は、エルニーニョ現象が発生する海域として有名です。3~4年に一度、エルニーニョ現象が発生するとき、海水温が上昇します。この海水温の上昇は、太平洋岸に濃霧を発生させます。
この太平洋岸の濃霧は、ペルー沿岸では「ガルーア」、アタカマ周辺では「パチャマンカ」と呼ばれます。

濃霧は砂漠に水分をもたらし、時に雨を降らせます。雨は、砂漠に蓄積されている膨大な種子に発芽の小さなサインとなります。といっても、雨が降ればすぐに発芽するわけではありません。

継続的に雨が降り、地面に必要な水分が溜まった時に、初めて種子は発芽を始めます。何カ月もの水分の積み重ねの上で、種子はまるで示し合わせたかのように、ある日小さな芽を出します。それからは日々みるみる成長して、わずか2週間ほどで花を咲かせるほどのスピードで育ちます。

花が咲くまでの成長のスピードがあまりにも早いので、葉はまだ小さく、しかしたくさんの花を咲かせます。葉よりも花の表面積の方が大きいほどなので、より花の鮮やかさは砂漠で目立ち、花の色が埋め尽くすほどなのです

紫の花「パタ・デ・グアナコ」

この時、地平線まで砂漠を覆う花は主に紫色の花、スベリヒユ科の「パタ・デ・グアナコ」です。これは俗名で、スペイン語で“グアナコの足”を意味します。“グアナコ”とはラクダ科の一種で、アンデス高地に行けば、リャマやアルパカが親戚となります。学名は「Cistanthe grandiflora」です。

この花が地平線まで砂漠を埋め尽くし、眩しいほどに輝くわずか2週間、空から見下ろすと砂漠そのものが紫色に輝いています。

そんな奇跡のような現象を見てしまえば、地球のあまりにも深淵な謎に触れてみれば、きっと何かを考えてしまうでしょう。
奇跡のような絶景を見ることは、ただ驚嘆するだけではなく、世の中の見え方さえをも変えてしまうのだと思います

関連ページ:アタカマ砂漠の花園

《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン

薄明のパタゴニア・フィッツロイ峰:知覚できない領域へ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

    2019.01.07
  2. イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島

    2018.02.19
  3. アタカマ高地からウユニ塩湖へ② ミスカンティ湖

    2012.06.03
  4. アタカマ砂漠の花①:パタデ・グ・アナコ(チリ)

    2015.11.22
  5. 月の谷で撮影する、アタカマ高地の夕焼け

    2015.07.07
  6. 今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」

    2017.09.22
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP