Loading

風景写真家・松井章のブログ(アンディーナトラベル)

見頃を迎えるアタカマ砂漠の花畑「フラワーリング・デザート」

数年に一度だけ出現する奇跡の自然現象

チリ・アタカマ砂漠では、3~5年に一度、わずか2週間ほどだけ砂漠が花畑「フラワーリング・デザート」に覆われます。
世界で最も乾燥した地域で普段は荒野ですが、花が開花すると地平線まで、どこまでも花に覆われる。内陸部では主に紫色の花「パタ・デ・グアナコ」というスベリヒユ科の花が咲き、空から見下ろせば砂漠が紫色に輝いて見えるほどです。
砂漠の地中に眠る無数の種は、まるで示し合わせるかのように一斉に芽をだして、一ヶ月もすると花を咲かせます。早く花を咲かせるために、葉を大きくするよりも、まず茎を上に上に伸ばして、たくさんの花を咲かせることを優先しているようにも見えます。

砂漠に眠る種子が芽吹くサインとなるのは「水分」です。ある一定の降水が地中に染み込まれると芽吹き始めると言われています。
世界で最も乾燥している大地ですが、太平洋上にエルニーニョ現象が発生すると、霧や雨を砂漠にもたらします。エルニーニョ現象と連動して花畑が出現することが多いのです。

2021年の「フラワーリング・デザート」

今年はまさに今が見頃となっているそうです。おそらくあと1週間もすればもう花畑は消えて砂漠に戻っているのではと思います。
エルニーニョ現象に関しては、今年は発生していないので、エルニーニョ現象とは関係なく、3~8月頃まで定期的に雨が降ったのでしょう。

現地の新聞記事で、この自然の花畑に人の手を加えて、毎年発生するようにする計画があるそうです。現地でも反対意見も多くまだ実行はされていないようです。
人の力の及ばない自然の摂理により出現するからこそ、人はロマンを感じて集まるわけですので、人為的な観光地化にならなければと思います。

とはいえ、地平線まで広がるほどに広大な砂漠で、人の手で操れるのはほんのわずかな面積だけですので、「フラワーリング・デザート」の魅力が損なわれることはないはずと思っています。

【動画】砂漠が花に覆われる:チリ・アタカマ砂漠の絶景

==★チャンネル登録はこちらをクリック★==

「アタカマ砂漠の花畑」ブログ関連記事集

「チリ」ブログ関連記事集

アタカマ砂漠の花園:エルニーニョ現象と生命の連鎖 3つの不思議

3~5年に一度だけ、わずか10日間だけ出現するアタカマ砂漠の花畑が、いま満開とのことです。エルニーニョ現象と生命が生み出す奇跡の自然現象について

【悠久の南米大陸】NHKラジオ「まいにちスペイン語」8月号:アタカマ砂漠の花畑

アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)

アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)

アタカマ砂漠の花:ススピロ(ナス科ノラナ)

チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園:フラワーリングデザート

チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園②/アニャニュカ

チリ/「南米大陸の幻想風景」写真展」:撮影エリア紹介⑥

「チリ」専用ページ

ペルーの伝統舞踏「マリネラ」

西表島の原生林へ:ユツンの滝トレッキング

関連記事

  1. 何を見ても何かを思い出す:天山山脈の秀峰ハンテングリ

    2019.09.08
  2. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
  3. パタゴニアに生息するラクダ:「グアナコ」の生態

    2018.04.05
  4. アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂

    2017.06.01
  5. 【動画】ペルー絶景集:悠久のアンデス山脈とマチュピチュ

    2020.05.26
  6. 【動画】ウマワカ渓谷と“14色の山”オルノカル/アルゼンチン旅行

    2019.09.10
パタゴニア
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP