Loading

風景写真家・松井章のブログ

アタカマ砂漠を埋め尽くす花畑

チリ・アタカマ砂漠の花園


チリ北部、アタカマ砂漠は地球で最も乾燥した大地と言われます。

地平線まで砂漠の世界が、3~4年に一度、わずか10日間だけ、花が砂漠を埋め尽くす。
車で数時間走っても、どこまでも花が咲いているほどです。
そして、空気には花の香りが充満しています。

現地では「砂漠の花園」と呼ばれる花の一斉の開花は、エルニーニョ現象と深く関係しています。

海水温が上昇するエルニーニョ現象では、一般的には南米大陸の西岸に雨をもたらすことが多いです。
アタカマ砂漠の地中に眠る花の種は、このエルニーニョ現象による降雨を待っているのです。

雨と言っても日本の梅雨のような雨ではなく、霧雨のような前です。
太平洋から流れて来る濃霧は、アタカマ砂漠に少しずつ水を落とします。

この小さな降雨の蓄積が数ヵ月ほど続くと、ある日、一斉に種から芽を出し始めるのです。

発芽すると成長は早く、葉を出すよりも早く、ぐんぐん背を伸ばし、わずか数週間で花を咲かせます。
まるで示し合わせたかのように、花は一斉に咲き地平線まで覆います。
飛行機から地上を見ると、砂漠が花の色に輝いているほどです。

このとき、花のリズムに合わせて、蝶も大発生します。
花畑と同じくエルニーニョ現象に合わせて生きる不思議な蝶です。

わずか10日間ほどで花の受粉を助け、蝶もまたいつ来るか分からないエルニーニョ現象を待つことになります。

世界には、砂漠が花に覆われる場所がいくつかありますが、発芽が不定期であることを踏まえると、アタカマ砂漠の花園は唯一無二の存在と言えるでしょう。

【動画】砂漠が花に覆われる:チリ・アタカマ砂漠の絶景

「アタカマ砂漠の花畑」ブログ関連記事集

「チリ」ブログ関連記事集

アタカマ砂漠の花園:エルニーニョ現象と生命の連鎖 3つの不思議

3~5年に一度だけ、わずか10日間だけ出現するアタカマ砂漠の花畑が、いま満開とのことです。エルニーニョ現象と生命が生み出す奇跡の自然現象について

【悠久の南米大陸】NHKラジオ「まいにちスペイン語」8月号:アタカマ砂漠の花畑

アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ

アタカマ砂漠の花:マルビーリャ(アオイ科)

アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)

アタカマ砂漠の花:ススピロ(ナス科ノラナ)

チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園:フラワーリングデザート

チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園②/アニャニュカ

チリ/「南米大陸の幻想風景」写真展」:撮影エリア紹介⑥

「チリ」専用ページ

ブエノスアイレスで生まれたタンゴの起源

アルゼンチンの騎馬祭にて:ガウチョの少年と馬

関連記事

  1. 初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて

    2017.08.16
  2. 狂おしい“地球の鼓動”④:ペンギンの国「南極大陸」

    2019.10.08
  3. 牧童ガウチョの故郷:伝統料理「アサード」/オンブ牧場1日観光②

    2019.07.22
  4. パタゴニアのラクダ「グアナコ」と過ごすひととき

    2024.05.12
  5. 北極クルーズ⑥:残雪のフィヨルドを歩く

    2022.08.16
  6. ブランカ山群の山岳展望:ペルー・アンデス山脈の大地創生の成り立ち

    2017.12.08
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP