Loading

風景写真家・松井章のブログ

ブエノスアイレスで生まれたタンゴの起源

ブエノスアイレスで生まれたタンゴ

タンゴは、19世紀の後半にアルゼンチンのブエノスアイレスで生まれました。

ブエノスアイレスの港町であるボカ地区がその発祥です。
当時、スペインやイタリア、欧州各地から、そしてアフリカからも移民が殺到していました。移民の多くは賃金の低い労働者で、ボカ地区も移民たちの集まる貧しい町でした。

場末の酒場に集まる人々のやるせない哀愁や情熱、あるいは郷愁から生まれたのが、タンゴという踊りです。
所説あるようですが、キューバやアフリカ系、ヨーロッパのワルツ、アルゼンチン民族音楽フォルクローレなど、様々な音楽が混じり合いながら生まれました。

初期のタンゴでは、アルゼンチン民族音楽・フォルクローレの影響が強かったことから、バンドネオンはありませんでした。
もともとはドイツでパイプオルガンの代用として生まれたバンドネオンが、徐々にタンゴに導入されたのは1900年代に入ってからです。

その後、タンゴの巨匠アストル・ピアソラの登場とともに、バンドネオンは不動の立場を得て、タンゴが完成しました。

現在では、アルゼンチン・タンゴとコンチネンタル・タンゴと形が異なっています。
とはいえ、起源とされるボカ地区から続く伝統を大事にするアルゼンチン・タンゴを、ブエノスアイレスで見ていただきたいところです。

期待以上に心の琴線に触れるのが、アルゼンチン・タンゴです。

関連ページ



温暖化によるペリトモレノ氷河の後退がいよいよ始まる

アタカマ砂漠を埋め尽くす花畑

関連記事

  1. 新写真集「パタゴニア」発刊のお知らせ:6月の販売開始

    2019.05.14
  2. 14色の山「オルノカル」へ/アルゼンチン・ウマワカ渓谷の絶景

    2019.08.05
  3. 写真展(12/20~25)の準備中

    2022.11.25
  4. 流氷街道の絶景:小清水原生花園から知床半島へ

    2022.02.24
  5. 屋久島・宮之浦岳①:水の恵みを辿る“洋上のアルプス”

    2020.08.27
  6. 地中海の歴史の十字路:マヨルカ島・パルマ旧市街

    2020.06.03
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP