Loading

PHOTO-BLOG

貿易風とアマゾンが作る奇跡の絶景:レンソイス砂漠

水晶の白い砂漠「レンソイス」の成り立ち

白いキャンバスに翡翠を散りばめたような世界。
巨大な砂漠をキャンバスに、湖を翡翠に例えたとしたら、それは荒唐無稽な景色だろうか

レンソイス砂漠は水晶の粒で成り立つ白い砂漠だ。その地下に膨大な水を蓄える雨期明けの数ヶ月、砂漠から滲み出た水が、砂漠に無数の湖を形成する。
水晶の砂粒は光線の微細な変化を映す万華鏡のように、眩く色彩変化する

わずか数ヶ月の奇跡のように儚い絶景は、壮大な地球のリズムに支配されている
南米大陸で肩のような部分に当たるブラジル北東部の沿岸は、貿易風の影響で東風が吹く。西の内陸のアマゾンから流されて来る土砂が風に撹拌されて、悠久の時を経て硬い水晶の結晶だけを残し砂漠を形成した。
貿易風は恵みの風でもある。雨季には雨をもたらし、地下に水を蓄えていく。地下から水が溢れ出す季節がレンソイスで最も美しい季節なのだ。

《旅の仕方》

レンソイスを半日だけ訪れるツーリストが大半だが、もっと滞在を楽しみたい。
年々、滞在の選択肢が増えているので、旅の仕方も工夫できる
レンソイスに何日滞在できるか、そして滞在中は何をするか、歩くのか、あるいはのんびしたいのかなど、テーマを作ると面白いだろう

歩きたければ、半日、1日、2日、あるいは縦断トレッキングで3日も可能だ。
車とボートをうまく活用すると、1日、2日ほどで体力を使わずにレンソイスの奥地へ行くこともできる。

ブラジル:エリア紹介ページ

パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る

イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島

関連記事

  1. 狂おしい“地球の鼓動”⑥:“一瞬に燃える”アタカマ砂漠の花畑

    2019.10.13
  2. アンデス高原で人と供に暮らすラクダ「リャマ」

    2019.03.11
  3. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
  4. パタゴニアの風の造形:レンズ雲と斜めの木

    2019.05.08
  5. 「地球のリズム」ブラジル・レンソイス砂漠の劇的な変化

    2015.04.06
  6. フォト・ギャラリー「ベネズエラ・ギアナ高地」:新ページのご案内

    2020.05.07
パタゴニア
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP