Loading

PHOTO-BLOG

【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓


南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。

ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。
一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。

パタゴニアの森を埋め尽くす南極ブナ「レンガ」

南極地方とも呼ばれる寒冷なパタゴニア地方では、動植物の種類はとても少ないのが特徴です。
パタゴニアの森では、ほぼすべての木が「南極ブナ」の木です。南極ブナには土壌に合わせて3種類ありますが、その中で最も繁栄しているのが「レンガ」です。繁栄の秘訣は、「レンガ」は環境に順応して姿を変えることです。風が強い場所ではハイマツ状に育ち、風が吹かない谷では樹高20mほどの森を形成します。

秋の始まりを告げる南極ブナ

フィッツロイ山麓のエルチャルテン村周辺では、秋の到来は南極ブナが伝えてくれます。森の木々は徐々に黄色へと変化していきます。フィッツロイ直下の尾根を見上げれば、ハイマツ状の南極ブナの木々が黄色から橙色へと変化しています。
この色彩の線が、秋の到来を示すラインで、日に日に標高を下げて近づいてきます。秋の到来を目で追うことができるのです

パタゴニアの紅葉はじっくりと一か月ほどかけて進みます。黄色の木々は、徐々に橙色に変化していきます、朝晩の冷え込みも厳しくなるころです。
夏の森に漂っていた活気はなくなり、森には静かに風にこすれる音だけが響きます。欧米人のバケーション・シーズンも終わり、この頃には訪問するトレッカーも減るのです。

この時期、ハヤブサの仲間である「カランチョ」の求愛シーズンです。運が良ければ求愛のポーズを見ることができるでしょう。

紅く燃える盛秋のパタゴニア

じわじわと色を変化させてきた南極ブナがいよいよ紅く染まる時期を迎えます。橙色から赤色へと変化する盛秋はわずか1週間ほどでしょう。
短い日数で一気に赤くなり散ってしまいます。この短い期間に、山も望めるような好天に恵まれたなら、とても運が良いのです。

南極ブナのレンガが森全体の植生のほとんどを占めるので、紅葉も鮮やかに、森全体を赤に染め上げます。

森そのものが赤く染まるこの季節、壮大な針峰フィッツロイの山麓の赤い絨毯を望めたならば、それは一年で最も美しい絶景であると言い切れます。
この時期、雨が雪に変わることが多く、朝目覚めると雪が積もっていたりします。それでも陽が差すと雪はみるみる溶けてしまいます。

一日の中に四季があると言われるパタゴニアですが、日本同様にパタゴニアの四季もまた春夏秋冬の季節ごとの美しさがあるのです

深紅に色づいた紅葉は、暴風が吹くたびに葉は一気に落ち、冬へと向かいます

パタゴニア関連ページ

パタゴニア関連ページはこちら↓

関連ページ

パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)... 秋のパタゴニアの森には、静けさがある。 それは日本の山の秋と同じで、紅葉が進むにつれて深化する静けさなのでしょう。 氷河から吹き下りて来る風はいっそう冷たく、木の葉の散る森は風通しが良く、寒色はより強くなり、落葉する森にある独特の静けさを演出するのかもしれません。 人気がなくなり静...
マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 氷河沿いに登り、大陸氷床を目指す。 真夏の晴天の日差しは強く、雪解けで川の水は増水している。 氷河が頻繁に崩壊して、轟音がマルコーニ氷河の谷に轟く。 スケールの大きなパタゴニアでは谷と言えども広大で、崩壊する氷河の雪崩は大迫力だが、対岸に...
【新ルート】パタゴニア・フィッツロイ山群:氷河回廊トレッキング5日間... パタゴニア・トレッキングの新ルート パタゴニアの名峰フィッツロイ周辺には、初級者の日帰りハイキングから上級者向けのエクスペディションまで様々なトレッキング・コースがあります。 まだ開拓されたばかりの新ルートのトレッキング手配を開始しました。チャルテン村を基点に、出発地点まで専用車で約4時間か...
パタゴニアの秋の森:南極ブナのレンガとニレ... チャルテンから少し標高を上げて、フィッツロイ山麓の方へ歩くと、さらに紅葉は増していきます。遠くの斜面の林は南極ブナの原生林でうっすらと秋の色に変わってきているのが分かります。 紅葉は、古木や倒木などで先に始まるようです。生命力が枯れていくことから葉の紅葉が普通の木よりも早まるのでしょう。 ...
フィッツロイで迎える秋:紅葉前線を待つ... チャルテンの南側の山(1,570m)の頂からは、東に大西洋まで続く乾燥したステップ草原を見渡せます。北を望めば、セロトーレやフィッツロイを始めとした岩と氷の世界、降雨量も北に行くほどに増えてチリへ至ります。 山麓は、広大な南極ブナの森に覆われています。標高400mのチャルテンはまだ紅葉していま...
パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ... パタゴニアの絶滅危惧種:ウエムル鹿 フィッツロイ山麓で使用するプライベート・キャンプはフィッツロイ峰を展望する川原沿いの森に設置されています。 ここに関係者だけが宿泊できるキャンプが作られたのはつい4年ほど前のことです。 一般のトレッカーの入り込まない静かな森です。 2年前は、この森...

パタゴニアの岩峰群の成り立ち:花崗岩の怪峰パイネ・クエルノ

「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング

パタゴニア

関連記事

  1. 春の中部パタゴニア・アイセン地方に咲き乱れる:サクランボの花

    2015.09.08
  2. 2011パタゴニア旅行 ⑨セロトーレ

    2012.03.04
  3. アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ

    2016.12.19
  4. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  5. ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-

    2016.08.24
  6. フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン

    2015.02.19
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP