Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代

パタゴニア・フィッツロイ山麓のエルチャルテン村の空港建設計画

パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓にある小さな村・チャルテンは、建設されてまだ約30年ほどのとても若い村です。

かつては、チリ国境の安全保障の問題から建設された村ですが、いまではフィッツロイ山群に訪れる多くのトレッカーの基点となっています。
年々発展しているチャルテン村の人口は現在約2000人です。村の発展は著しいのですが、夏だけの居住者がほとんどで、年間14万人のツーリストのほぼ全てが夏に訪れます。

着実に定住者が増えているなか、中断していた空港建設の計画が、先日大きく進みました。

この空港は、民間の定期便を就航させるものではなく、緊急時に使用する小さな空港です。チャルテン村で大きな社会問題となっているのが、居住者やツーリストの数に比べて、なおも都市から孤立していることです。
医療施設のある町・カラファテまでは、約3時間の道程です。かつては6時間かかった道も舗装化で大きく短縮されましたが、冬季は凍結や吹雪でアクセスできないこともあります。

チャルテン村に滑走路ができることで、医療施設のあるカラファテ町と空路で繋ぐことができるのです。定住する人にとっては切実な問題でしょう。

また、山火事への消火対応にも滑走路の必要性が叫ばれています。強風が吹き荒れるパタゴニアでは、小さな失火でも巨大な山火事につながるからです。トレッカーが急増するチャルテン村では、山火事の対応にも空港が必要とされています。

この空港建設の工事も進んでいましたが、約7割の工事を終えたところで、アルゼンチン政府の慢性的な資金難によりストップしてしまいました。

完成を目の前にして、なぜ計画は進まないのか、
それでは自分たちで呼びかけて、資金を調達しようではないかと、クラウドファンディングが始まりました。
結果はあっという間に予定金額が集まりました。

空港の運用では、将来的にはセスナ機の遊覧飛行も予定されているそうです。
天候の良い日には、フィッツロイ山群や南部氷原を望むために、遊覧飛行を体験する日もそう遠くはないかもしれません。

開発という言葉には、環境破壊とうイメージがあります。実際に、カラファテから大西洋に注ぐサンタクルス川には、ダム建設計画が着実に進んでいます。環境への負荷は計り知れないということで、反対の声は日に日に大きくなる感があります。それでも国家プロジェクトとして大量の資金が投じられ、中国の投資とともに進んでいます。

それに比べると、チャルテン村に小さな滑走路を作る一部の費用をクラウドファンディングで集めようというのは、とても牧歌的に感じます。

村が建設されて約30年ですが、フィッツロイ山麓のトレイルの景色はほぼ完璧に保存されています。国立公園の保護に意識の高いチャルテン村で、空港はどんな活用をされていくのか、とても興味があることです。

パタゴニア関連ページ

関連ページ

秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア... パタゴニアの秋は、降雪とともに一段と冬に近づいて行く その歩みは遅く、日に日に寒さも厳しくなっていく そんな秋のフィッツロイの良さは、雪化粧したフィッツロイと紅葉の景色だろう 未明に降る雪が一面に積もっていることもあるが、この季節の雪は陽が差すと融けて行く まだまだ積極的に歩ける季節...
パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②... 約3日間かけて、谷をつめ、氷河を辿り、源流・パタゴニア大陸氷床へ登る。 マルコーニ氷河は中規模ではありますが、末端を始め、氷河上での大展望は圧巻です。深くえぐるようにできた花崗岩の谷底には、周りの山からの氷瀑が無数に落ちています。 眼下に、歩いてきたマルコーニ氷河を見下ろす。...
セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア... 未明の真っ暗闇の中、トーレ湖のモレーンを登る。 湖の畔にたたずみ、セロトーレが真っ赤になるモルゲンロートを待ちます。 フィッツロイ山群でも特に風が強いセロトーレで、耳が痛くなるような静寂の中で夜明けを待てるのは、めったにない幸運です。 日中は多くのトレッカーが訪れるトレイルも、夜明けの時間...
ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥... セロトーレを背に、再び氷原へ パタゴニア大陸氷床は、数百の氷河の源として、絶えず四方に氷を押し出しています。偏西風に乗って流されてくる大平洋の湿った空気の影響で、膨大な雪が氷床に降り、厚い一枚の氷を作りだしました。絶妙な氷の需給のバランスが、現在の大陸氷床と氷河の姿です。上空から見れば氷床は無...
パタゴニアの秋:南極ブナの森で(フィッツロイ山麓 エルチャルテン村)... 秋のパタゴニアの森には、静けさがある。 それは日本の山の秋と同じで、紅葉が進むにつれて深化する静けさなのでしょう。 氷河から吹き下りて来る風はいっそう冷たく、木の葉の散る森は風通しが良く、寒色はより強くなり、落葉する森にある独特の静けさを演出するのかもしれません。 人気がなくなり静...
《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング... 個人旅行でも体験できる「フィッツロイ展望ハイキング」 パタゴニアに行くからには、名峰フィッツロイを望むハイキングは体験したいところです。フィッツロイの迫力は日本では見たことない圧倒的なスケールで、感動すらしてしまうハイキングとなるでしょう フィッツロイ山麓のチャルテン村では弊社のサポートデス...

「イグアスの滝」の歩き方/ブラジル側&アルゼンチン側

本当は平和なリオデジャネイロの過ごし方(ブラジル)

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア開拓史:ピオ11氷河の前進と牧場の水没②

    2014.03.12
  2. 【パタゴニア】パイネ国立公園で迎える、幻想的な日没

    2016.08.15
  3. 映像と感性から掴む夢幻の世界/パタゴニアの夕日の感動

    2018.07.30
  4. パタゴニア原生林のコンドル・ロッジとカヤック・ツアー(フィッツロイ)

    2018.06.19
  5. パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥

    2015.10.17
  6. サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)

    2016.05.28
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP