Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・インカの都クスコを一望する城塞:サクサイワマン遺跡

ピューマの形を模したインカ帝国の都「クスコ」

ペルー・インカ帝国の都「クスコ」は、大地を司る聖なる動物・ピューマの形を模して建設されたと言われます。

インカの王様が住んだ帝国の首都として、南米中に広がるネットワークの中心がクスコであり、情報と物の全てがここに集まりました。
クスコはもともとは「コスコ」と発音され、インカの末裔ケチュア族の言葉で「へそ」を意味します。

クスコを一望する丘の上にあるのが、「サクサイワマン遺跡」です。

たしかに地図で歴史地区をなぞれば、ピューマのような形が浮き出てきます。そして、この丘のサクサイワマン遺跡はピューマの頭の部分を成していたといわれます。
サクサイワマン遺跡の周辺にも、インカの人々にとって重要な聖地であった遺跡が点在しています。

クスコを守護する城塞、サクサイワマン遺跡

サクサイワマン遺跡は巨石を緻密に組んだ遺跡として有名です。高さ4~5mもある巨石を、剃刀一本さえ通さないといわれるほどに組み合わせています。これだけの巨石をどのように組んだかは今は謎の一つです。
見上げるような石組みは三段に渡り高さ20mほど、幅は約400mも連なります。

まるで粘土細工のように自由自在に巨石をデザインしていますが、インカ文明、そしてインカ以前の文明から続く石への執着は、現代の我々には想像できない次元であり、その遺物は偉業と言えるでしょう。インカの人々にとって、どれほどの時間がかかるかは関係なく、何をどのように作るかが最も大事だったのです。

スペイン人に落とされた最後の牙城

1492年のコロンブスの“新大陸”到達以来、中南米に進出したスペイン人とポルトガル人は、わずか30~40年ほどで中南米各地の文明を滅ぼしてしまいます。あまりにも平和なインカ人は刃物を持たず、ユーラシア大陸の切磋琢磨されて鍛えられた文明とは武力の面では明らかな差がありました。そして、人々に取り入る狡猾さとともに、わずかな人数で次々と侵略していきます。
車輪や馬を見たことがない中南米の人々にとって、突然侵入してきたヨーロッパ人の全てに驚愕したことでしょう。

インカ帝国も内部から崩壊するなかで、1536年に王マンコ・インカとともに人々は最後の戦いに撃って出ます。戦いの場は、このサクサイワマン遺跡でした。
戦いはスペイン人の夜襲であっさりと終わり、スペイン人にサクサイワマン遺跡は破壊されてしまいます。しかし、この城塞の基部を成した巨石の石組は壊すことができず、今に残されました。

氷河期の名残:氷河の「擦痕」が刻まれた岩

サクサイワマン遺跡の向かい側には、巨大な丸い岩山があります。一枚のつるりとした岩があります。サクサイワマン遺跡を俯瞰するのにちょうど良い岩山に、かつての氷河期の名残りを見ることができます。
丸く綺麗に削られた岩山は、かつて氷河期にここが氷河に覆われていたことを示す証拠です。つるりとした岩肌には無数の「擦痕」が刻まれています。氷河に圧縮されながら移動した石が氷河の底であったこの岩山を削ったあとです。
全ての「擦痕」は同じ方向を向いているので、氷河はどのように流れていたかを知ることができる物理的な証拠でもあります。

南米3大祭り「太陽の祭り(インティライミ)」

今のサクサイワマン遺跡は、6月24日の冬至に開催される「太陽の祭(インティライミ)」の舞台です。南米3大祭りに数えられる大祭で、毎年お祭りの3週間ほど前から、町はお祭り気分となり、夜まで民族衣装を着た人々が街路をカーニバルで練り歩きします。
ケーナ、サンポーニャ、チャランゴなど、アンデスの音楽に欠かせない音とリズムに町が包まれます。
お祭りのメインとなる6月24日は、クスコ近隣からも人が集まります。サクサイワマン遺跡周辺の広大な草原は、人々ですべて埋め尽くされます。彼らが熱い視線とともに見守るのは、サクサイワマン遺跡をバックに行われる舞踏です。当時のインカ帝国の栄光を称える劇を見るために、毎年インカ直系のケチュア族の人々は、自らも民族衣装をまとい集まるのです。

クスコ周辺の聖なる遺跡を巡る

クスコの高台の丘陵地帯は、サクサイワマン遺跡の背後に、インカ文明にとって重要な遺跡が残ります。これらの遺跡もご案内していきます。

関連ページ

マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開... マチュピチュ遺跡が、Googleのストリートビューで見れるようになりました。 かなり細かく遺跡内部を公開しているので、ちょっとした疑似体験をできるようになっています。 個人的に好きな場所は、“石切り場”周辺です。 割と人が少ない場所なので、ここでのんびりと遺跡を見ていることができま...
聖なる谷・ウルバンバから、鉄道でマチュピチュへ... ウルバンバ谷は、その地形的な好条件により気候は割と温暖で、インカ帝国の時代にはクスコからの避寒地や穀倉地帯として栄えた。農業試験場跡のモライやマラス塩田など多くの遺跡が残り、インカ帝国にとって、ウルバンバ谷はインカ文明の核心部であった。そのことから、「聖なる谷」と呼ばれる。 谷を通り、マチ...
ペルー・インカ帝国の中枢:“聖なる泉”タンボマチャイ遺跡... “聖なる泉”タンボマチャイ遺跡 ペルー・インカ帝国の都クスコの周辺には、インカ文明の中枢を象徴するような遺跡がいくつもあります。 クスコ近郊で、「聖なる泉」として知られる遺跡・タンボマチャイは、サクサイワマン遺跡からさらに丘を少し登る標高3800mの遺跡です。 この泉は、インカ時代から...
2015年のインカトレイル:入山許可証の販売開始が間近... マチュピチュへ、インカの古道を歩く 「インカトレイル」の入山許可証の確保は、年々厳しさを増しています。 世界中のトレッカーの注目を浴びていますが、入山制限の条件は同じなので、今では4ヶ月前には完売してしまうような状況です。 2015年のインカトレイル入山許可証は、一月中旬に開始する予定です...
ペルー・インカトレイル・トレッキング1日目:マチュピチュ遺跡へ... インカトレイルとは ペルー・インカ古道「インカトレイル」は、マチュピチュ遺跡へと続く約30kmの道です。 南米中に張り巡らされたインカ時代の道のなかで、この区間だけがインカ時代から封印されるように、約100年前にハイラムビンガムに発見されるまで、マチュピチュ遺跡とともに密林の中で眠ってい...
マチュピチュ遺跡のシンボル:ワイナピチュ登頂ハイキング... マチュピチュの背後にそびえる“ワイナピチュ”峰。 山頂まで続くインカ時代の石組みを見ながら、階段状の急坂を登ります。 防塁のような石組みと段々畑を登るにつれて、マチュピチュが眼下に現れ、その周りをぐるりと囲むように流れるウルバンバ川の大屈曲部も望めます。 山そのものがご神体であった...

目黒川の桜の花:パタゴニアに分布するサクラの仲間

秋のブータン:ツェチュ祭と秘境ブムタン地方、素朴な生活体験の旅

関連記事

  1. インカ文明の知恵の結晶:段々畑「アンデネス」とは

    2017.07.07
  2. ペルー・インカの古都クスコを満喫する「5つのポイント」

    2016.05.21
  3. ウルタ谷の花畑にて、シェフの贅沢な昼食ピクニック

    2015.07.11
  4. ペルー旅行手配:カーボンオフセットの販売

    2015.06.19
  5. インカの天然染料:ウチワサボテンの虫、コチニージャ

    2015.03.14
  6. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP