Loading

風景写真家・松井章のブログ

クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都

1.jpg
2.jpg
クスコの旧市街で散策をしながら一日を過ごせるとしたら、それはとても贅沢なことだ。
マチュピチュへの経由地としてクスコを訪れるが、旧市街の魅力は半日や一日では味わい尽くせない。忙しく通り過ぎることが多いのだが、何日かの時間を取りたいとは毎回思うことなのだ。
中央広場であるアルマス広場沿いのレストランは一等地だ。2階のテラスで食事をしながら、ゆっくり景色をを見ていても飽きることがないだろう。
広場の噴水にインカの王の彫像がある。その向うにはスペイン時代に建設されたカテドラルがある。
カテドラルでは、お祭りの飾りを付ける準備をしていた。
乾季の始めは、祝祭の季節だ。
冬至の“太陽の祭”を数週間後に控えているが、別のお祭りも週末に開催されるという。
空を見上げれば、アンデスらしい真っ青な空に、雲がゴンゴン流れているのだ。
3.jpg
3_1.jpg
4.jpg
5.jpg
8.jpg
9.jpg

コロニアル調の白壁と石畳の街を歩く-クスコ-

ケチュア族のミスミナイ村:信仰に根付く生活風景

関連記事

  1. アンデス屈指の山岳展望:ペルー・ブランカ山群を巡る3つのプラン

    2017.10.26
  2. ペルー最大の祭り「インティライミ」の前夜祭

    2022.09.21
  3. ペルー:コンドルが舞う谷、コルカ・キャニオンへ

    2016.07.30
  4. ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望

    2017.04.29
  5. インカ後の南米:歴史家インカ・ガルシラーソの時代

    2023.02.06
  6. マチュピチュ遺跡に残るインカの精緻な石組みと巨石

    2015.08.04
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP