Loading

PHOTO-BLOG

コロニアル調の白壁と石畳の街を歩く-クスコ-

1.jpg
2.jpg
クスコを訪れる時には、時間が少しでもあれば、迷路のような路地を散歩するようにしている。
スペイン植民地時代の古い街並みを歩いていると、インカ帝国の名残をいたる所で目にする。インカの頑丈な基礎は破壊しきれずに、貴族の屋敷や教会に転用されたのだ。
今では景観にインカとスペインは融合して、クスコは独特に風光明媚な町として存在する。
漆喰の白い壁に赤い瓦の屋敷は、スペインのコロニアル様式の典型だ。屋敷の中には、噴水をもつ中庭・パティオがある。
街路を歩いていれば、インカ時代の精巧な石組みが土台となっていることが、よくわかるだろう。
坂道の多い、石畳の細い路地を歩いていると、アンデスの都にいることを実感できる。
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

インカの聖なる谷“ウルバンバ谷”の7つの魅力(ペルー旅行)... クスコとマチュピチュの中間地点:ウルバンバ谷 インカ文明の中心を担った“聖なる谷”として知られるウルバンバ谷は、クスコとマチュピチュの中継地点としての役割だけではなく、丸一日を費やしても時間が足りないほどの魅力があります。 インカ帝国の都クスコ(3400m)とマチュピチュ遺跡(2400m...
ペルー・インカの古都クスコを満喫する「5つのポイント」... マチュピチュ遺跡への基点:クスコ 標高3400mに位置する、インカ文明の古都クスコは、南米の中で最も魅力のある町の一つです。 丁度良い規模の町にぎっしりと魅力が詰まっているところが、他の中南米の“古都”とは一味違うところでしょう。 マチュピチュ遺跡への通過地点として、クスコを急ぎ足で通...
南米3大祭り:インカの祝祭・太陽の祭り(インティライミ)... 南米三大祭りの一つ「太陽の祭り」 南米3大祭りの一つに数えられる太陽の祭り(インティライミ)は、ペルーのクスコで6月24日の冬至に開催されるお祭りです。 3月のブラジル・リオデジャネイロのカーニバル、2月のボリビア・オルーロのカーノバルに並ぶ大祭で、世界中からツーリストが集まります。 太陽...
アンデス高原鉄道① 古都クスコから天空のチチカカ湖へ... チベットの西蔵鉄道に次いで、世界で二番目に標高の高い鉄道「アンディアン・エクスプローラー号」は、ペルーの古都クスコとチチカカ湖畔のプーノを繋ぐ豪華鉄道だ。 正確に説明すると、世界で二番目にカウントされる根拠は、最高地点・ラヤ峠が4,320mを通過するからだ。ボリビアやアルゼンチンにも高原鉄...
ペルー・アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ号」... アンデスの高原を列車にゴトゴト揺られながら旅をする 鉄道の旅ならではの独特の旅情に浸れるのが、クスコ/プーノ間を結ぶ「アンディアン・エクスプローラー号」です。 私自身も子供の時に、「世界の車窓から」でこの路線を知り、大いに好奇心を沸かせたものです。 いつか自分も世界を旅するのだと、子供...
アンデス高原鉄道②:過ぎ行くアルティプラーノの景色... アンデス高原鉄道・アンディアンエクスプローラ号は町に入ると、鉄道は速度を緩めて徐行する。 線路の両側はギリギリまで露店の軒先が伸びていて、油断すると展望車両の乗客は接触してしまいそうだ。 鉄道が通り過ぎると、何事もなかったように線路を人々が行き交う。なかには風呂敷を広げて露店を再開する人...

巨石の要塞:クスコ展望の丘のサクサイワマン遺跡

クスコの街角にて:祝祭に活気づくインカの古都

パタゴニア

関連記事

  1. ブランカ山群・ワイラス回廊:カルワス村の市場

    2015.07.16
  2. ペルーの古都アレキパから、コンドル舞うコルカキャニオンへ

    2016.07.28
  3. 【ペルー】ブランカ山群トレッキングの魅力

    2013.05.31
  4. ヤンガヌコ谷のキャンプで天気待ち(ブランカ山群)

    2015.07.15
  5. マチュピチュを歩いて感じる旅①

    2012.03.28
  6. 第二のマチュピチュ:チョケキラオ遺跡・テント泊トレッキング

    2018.05.21
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP