Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・インカ帝国の中枢:“聖なる泉”タンボマチャイ遺跡

“聖なる泉”タンボマチャイ遺跡

ペルー・インカ帝国の都クスコの周辺には、インカ文明の中枢を象徴するような遺跡がいくつもあります。

クスコ近郊で、「聖なる泉」として知られる遺跡・タンボマチャイは、サクサイワマン遺跡からさらに丘を少し登る標高3800mの遺跡です。
この泉は、インカ時代から絶えることなく流れ続け、またその水源がどこにあるのかは今でも謎のままです。インカ以後500年が過ぎても、当時のように泉は水を湛えます。周辺の丘の上には川はなく、サイフォンの原理で水をくみ上げていると言われます。

遺跡の保存状態も非常に良く、どれほど地元の人々に大切にされてきたかが伝わります。遺跡の中心部では、インカならではの非常に入り組んだ石組を見れます。石組が精巧であればあるほどに、その場所が聖地であったことを意味します。
タンボマチャイはまさしくインカ時代の聖地だったのでしょう。

「タンボマチャイ」はインカ族の公用語「ケチュア語」で、今も多くのケチュア族に使われる言語です。
「タンボ」は宿泊施設を、「マチャイ」は休憩所を意味します。かつて王族の「宿場」を兼ねた「沐浴場」であったのではと言われます。
遺跡自体は、インカ帝国以前の先インカ時代(プレ・インカ時代)から受け継がれたものです。
下の2段はプレ・インカ時代の遺跡で、インカ帝国の時代になってから、さらに3段目より上を増築しました。

水の少ない乾燥したアンデスの高原で、水を営々と称え続けるタンボマチャイ遺跡は、インカ文明の技術力の高さを物語る貴重な遺跡です

関連ページ(ペルー)

パタゴニアに生息するラクダ:「グアナコ」の生態

インカ文明の聖なる3種の動物:“巨大な祭壇”ケンコー遺跡(ペルー)

関連記事

  1. アタカマ砂漠の花:ススピロ(ナス科ノラナ)

    2018.12.21
  2. ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)

    2016.07.03
  3. “地中海の真珠”マヨルカ島:パルマ大聖堂の建築400年の世界観とは

    2019.10.17
  4. 世界最大イグアスの滝:アルゼンチン側で間近に望むハイキング

    2019.07.02
  5. 【ペルー】山岳展望も楽しむ「インカ・トレイル」

    2013.08.30
  6. 何を見ても何かを思い出す:天山山脈の秀峰ハンテングリ

    2019.09.08
パタゴニア
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP