Loading

PHOTO-BLOG

《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群

モノクローム写真で見る、ケチュア族の暮らし

アンデス山脈で氷雪峰が集中するブランカ山群は、その豊富な水源から大地の豊穣さを保証された土地です。先住民ケチュア族は古来からこの地の豊穣を見抜き、多くの人々が山麓に集中して暮らしてきました。
畑を耕せば、古代の遺物が掘り起こされてきて、無造作に路肩に積まれていたりします。

「白い」を意味する「ブランカ」を冠した山群は、この100年の気候変動により急速に雪が減り、氷河はみるみる後退しています。水源が減ることで川の水も減り、山麓の農業をも疲弊させてしまう。山からの豊穣を頼りに生きてきた人々に、大きな変化がじわじわと押し寄せてきています。

豊穣な大地の富とは逆説的に、人々の富は数百年に渡る統治システムに収奪されて、貧しさが固定化されているのも一つの現実です。

壮大な山々の展望だけではなく、山麓に住むカラフルな民族衣装をまとうケチュア族の暮らしを目にするのもまたアンデスの旅の魅力です。

関連ページ

《山岳写真》ブランカ山群・ワスカラン国立公園の名峰ワンツァン... 標高差約2000mの大氷壁の名峰ワンツァン(6394m) ペルー・ブランカ山群(ワスカラン国立公園)の山々は、赤道直下で発達する“熱帯氷河”を抱く氷雪峰の一大山群だ。 広大な山域は真っ白な氷河に一面覆われていることから、「白い山脈=ブランカ山群」と呼ばれるようになった。 年々、氷河...
ペルー・ブランカ山群のワイラス回廊とアンデス山脈... (写真)ブランカ山群の南端部・カウジャラフ(主峰:5,686m)を、コノコーチャ峠から望む ペルー・アンデスの中で最も山岳展望の良い山群の一つは、ブランカ山群です。リマから北に400㎞にある、ワラス(標高3,090m)が基点の町となります。ワラスの東側には、ペルー最高峰であるワスカラン(6,7...
ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)... ペルー・アンデス:ブランカ山群とは 南米大陸の長大なアンデス山脈の中で、最も氷雪峰が集まる山群が、ペルー・アンカシュ県ワラス近郊の「ブランカ山群」です 6000m峰が林立し、名だたる名峰が集中することから、「南米の屋根」と呼ぶに相応しいエリアです。 基点となる町・ワラスは、標高30...
山岳写真・撮影旅行8~10日間: モデル①ペルー・ブランカ山群... アンデスの写真撮影をテーマに旅をする。 それは決して特別な事ではなく、道路網の発達した「ペルー・ブランカ山群」であれば、重い機材を担いで歩く必要もなく、誰もが写真撮影を楽しめます。 弊社では、ワラスをベースにしたサポート体制の基、高山病の安全管理ができる専属山岳ガイド(英語)がツアーを運行し...
ウルバンバ谷:ケチュア族のミスミナイ村の生活風景(ペルー)... ウルバンバ谷の小さな村:ケチュア族のミスミナイ クスコから丸一日を使って、ウルバンバ谷を巡ります。 撮影ツアー(フォトツアー)の今日のテーマは、地元の人々の生活風景を撮ることです。 朝少し早くクスコを出発して、ウルバンバ谷へ。 最初に立ち寄ったのは、マラス村です。 朝早く出...
《ペルー・アンデス》ブランカ山群の名峰ワンツァンの大氷壁... ブランカ山群:ワンツァン峰の大氷壁 氷雪峰が林立するペルー・ブランカ山群の中でも、見事なまでに巨大な氷壁を擁するのがワンツァン峰(6395m)です。 壮麗な氷壁には、ヒマラヤ襞のような美しいアンデス襞が浮き立ちます。 標高差1500mほどの大氷壁の表情は実に様々で、朝日・夕日・星空など...

アルミランテ・ブラウン基地に迫る氷河:パラダイスハーバー

《アリア号で行く》ペルー・アマゾンのネイチャー・クルーズ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. アンデスに生息する4種類のラクダ

    2013.02.24
  2. 《ペルー料理の食材》大地が赤く染まる唐辛子の天日干し

    2018.06.26
  3. ペルー・ブランカ山群:そこに暮らす人々の生活風景を撮影する

    2016.02.29
  4. 世界のペルー料理:クスコの名店の美食メニュー(セビーチェなど)

    2016.06.24
  5. ペルー・ブランカ山群の花畑をフラワーハイキングで巡る

    2017.10.01
  6. 【ペルー・アンデス】「ブランカ山群トレッキング」シーズン、あとわずか!

    2013.08.16
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP