Loading

PHOTO-BLOG

ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)

カラフルな先住民の民族衣装

ペルー・ボリビアの先住民ケチュア族とアイマラ族の民族衣装は、とてもカラフルだ。

村ごとにデザインは異なるので、アンデスを旅していると色とりどりの衣装に身を包む人々を目にすることになる。

ペルー・ブランカ山群は、山の氷河がもたらす“水”という恵みのおかげで、多くの人々が暮らすエリアだ。
特に太平洋側の西斜面は氷河が発達している。そして、山麓にはびっしりと段々畑が広がる。

ワンドイ西峰(6356m)を一望するヤンガヌコ谷付近の村では、女性が被る山高帽が美しい。
虹色のグラデーションの帯を帽子に巻いているのだ。

来年に写真の贈呈をすることを約束すると、家族で写真を撮らせてくれた。
とても貧しい生活をしているのが現実で、家族の写真さえもなかなか撮れる機会がないのだろう。

ガイドが慣れた手つきで凧を作り女の子にプレゼントするととても喜び、飽きずに凧揚げをしながら走り回っていた。

ペルー・ブランカ山群:専用ページ

関連ページ

ブランカ山群・ワスカラン展望の丘と、古代の遺物... ワラス近郊の村へ、夕方のワスカランを望みに行く。 電線や建物の屋根が写真に入らないように、村の高台を探した。 外国人はまず来ないような生活道だ。 ワスカランは雲の中に隠れているが、周囲の雲は徐々に散っている。 日没までは時間があるので、しばらく待つことにした。 現地ガイドは近所のおばち...
ペルー・ブランカ山群:ラフコルタ谷とワンツァンの大氷壁... ブランカ山群の名峰:ワンツァンの大氷壁とラフコルタ谷 南米随一の山岳展望を誇るブランカ山群。 大氷壁をたたえるワンツァンの迫力は、ブランカ山群でも群を抜く山岳写真の撮影には最適な絶景だ。 ワンツァン(6395m)の氷壁は圧巻だ。 左右に屏風のように広がる氷壁は見事なアンデス襞をたたえ...
ブランカ山群の名峰ワンドイ:朝日と星空の展望台(ペルー)... ペルー・アンデス:ブランカ山群とは 南米大陸の長大なアンデス山脈の中で、最も氷雪峰が集まる山群が、ペルー・アンカシュ県ワラス近郊の「ブランカ山群」です 6000m峰が林立し、名だたる名峰が集中することから、「南米の屋根」と呼ぶに相応しいエリアです。 基点となる町・ワラスは、標高30...
ペルー・ブランカ山群の花畑をフラワーハイキングで巡る... 乾季の始めはアンデスの花の季節 6000m級の氷雪峰が屹立するペルー・ブランカ山群は、乾季の初めの数週間ほどが花の季節です。アンデス高原に咲くワイルドフラワーは一斉に咲き乱れ、青や黄色などの花があちこちに咲くので、乾燥したアンデス山脈で最も美しい季節でしょう。 青や紫のルピナスは、この季...
ペルー・アンデス:ブランカ山群のワラスから、秘境ワイワッシュ山群へ... ペルー・アンデス山脈の秘境・ワイワッシュ山群へ ブランカ山群の山中でじわじわと宿泊高度を上げる時間をかけた高度順応を経て、弊社オーダーメイド手配の撮影行はいよいよワイワッシュ山群を目指します。 ブランカ山群の拠点ワラスから、豪華キャンプのスタッフとともに、丸一日の悪路を経て、ワイワッシュ...
《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群... モノクローム写真で見る、ケチュア族の暮らし アンデス山脈で氷雪峰が集中するブランカ山群は、その豊富な水源から大地の豊穣さを保証された土地です。先住民ケチュア族は古来からこの地の豊穣を見抜き、多くの人々が山麓に集中して暮らしてきました。 畑を耕せば、古代の遺物が掘り起こされてきて、無造作に路肩...

ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイをヤンガヌコ峠から望む

白砂の砂漠を歩く、レンソイス縦断トレッキング

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. マチュピチュ遺跡のシンボル:ワイナピチュ登頂ハイキング

    2015.03.11
  2. 【ペルー】インカトレイルの季節がやって来る

    2012.11.18
  3. 第二のマチュピチュ:チョケキラオ遺跡・テント泊トレッキング

    2018.05.21
  4. ペルー&ボリビア:アンデス山脈の山岳展望を求めて

    2017.11.08
  5. ペルーとイグアスの滝を結ぶ直行便:ラ・タム航空

    2017.06.10
  6. マチュピチュ遺跡からインカ道を“太陽の門”へ歩く

    2015.07.31
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP