Loading

PHOTO-BLOG

オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日

オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲

世界がこの世ならぬ幻想的な表情を見せてくれるのは、朝日の黎明と夕日の黄昏の瞬間ではないだろうか。

パタゴニアでは、独特な暴風が作り出す雲が、ときにオーロラのように空を演出してくれる。それはあまりにも幻想的で、言葉を失うほどに「この世ならぬ」という形容が大げさでないことを知るでしょう。

僕たちが見ている世界の表情はあまりにもごく一部なのだが、微細で豪快な地球の息吹はいつも寛大で、その気になればいつでもその一瞬に立ち会わせてくれる。

ある朝日や夕日を見て、人生が変わってしまうような深い衝撃を受けることだってあるのだ。

耳が痛くなるほどに張り詰めた静寂の中で、光と闇が織りなす壮大な劇に立ち会う。

必要なことは、寒さや静寂の中で、ひたすら待つことだけなのだ。

パタゴニア関連ページ

関連ページ

パイネ国立公園の夕景: YOUR SHOT<ナショジオ選出の1枚>... ナショナルジオグラフィックの写真投稿サイト「Your Shot」のDaily Dozen(本日の12枚)にて、パイネ国立公園の夕景(撮影:代表・松井)がセレクトされました。 一日の中に四季がある、と言われるパタゴニアではめまぐるしく天候が変化します。 パタゴニアを支配する湿った強烈な偏西...
パタゴニア氷原の上空に現れる幽玄な雲... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)の上空レンズ雲が現れた 太平洋の彼方から吹いてくる偏西風に、パタゴニアの気候は支配されている。 海風で湿った偏西風はアンデス山脈に当り、分厚い氷となるほどに雪が降り、大陸氷床に水分を供給している パタゴニアといえば、変幻する雲は魅力の一つ この偏西風が山...
探検家エリック・シプトンが探査した幻の「ビエドマ火山」... エリック・シプトンの伝記「嵐の大地」は、1958年から1962年にかけて行われた数度にわたるパタゴニア探検の記録だ。 当時、ビエドマ氷河の源流に、“ビエドマ火山”があると噂されていた。その火山があるとされる場所は割りと簡単に特定されていたが、誰も到達していなかった。その火山の真偽を確かめる...
映像と感性から掴む夢幻の世界/パタゴニアの夕日の感動... パタゴニアの針峰群の上空に現れたオーロラのように揺らめく雲を、夕日の一線が幻想的な「色」に染め上げた。世界そのものが異次元に迷い込んだかのような息を飲むような瞬間。同じ場に立ち会わせた人々も言葉を失い、じっと空を見上げていた。 パタゴニアに訪れる朝日や夕日は、世界を一瞬だけ別の次元に変えて...
いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓... 数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。 この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。 根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。 唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。...
ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-... ビエドマ氷河の氷穴にて。 アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓チャルテン村から、車と船を乗り継ぎ、約1時間半ほどで、氷河末端部にアプローチできます。 氷河末端部は、高さ50m・幅2.5kmの巨大な氷壁です。 パタゴニアで最も後退の速度が早い氷河で、上陸地点もこの数十年で氷河の...

南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)

乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. アルゼンチンの国民的なスイーツ:ドゥルセ・デ・レチェ

    2017.11.24
  2. 「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

    2015.06.13
  3. パタゴニアのキノコ③:アミガサダケ

    2015.09.12
  4. 「パタゴニア南部氷床トレッキング」、動画を作成しました!

    2013.05.02
  5. パタゴニア探検史:アゴスティーニ神父の写真遺産

    2016.12.30
  6. 大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④

    2014.09.18
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP