Loading

PHOTO-BLOG

オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日

オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲

世界がこの世ならぬ幻想的な表情を見せてくれるのは、朝日の黎明と夕日の黄昏の瞬間ではないだろうか。

パタゴニアでは、独特な暴風が作り出す雲が、ときにオーロラのように空を演出してくれる。それはあまりにも幻想的で、言葉を失うほどに「この世ならぬ」という形容が大げさでないことを知るでしょう。

僕たちが見ている世界の表情はあまりにもごく一部なのだが、微細で豪快な地球の息吹はいつも寛大で、その気になればいつでもその一瞬に立ち会わせてくれる。

ある朝日や夕日を見て、人生が変わってしまうような深い衝撃を受けることだってあるのだ。

耳が痛くなるほどに張り詰めた静寂の中で、光と闇が織りなす壮大な劇に立ち会う。

必要なことは、寒さや静寂の中で、ひたすら待つことだけなのだ。

パタゴニア関連ページ

関連ページ

アンディーナトラベルの山岳写真:ワンランク上の撮影旅行... アンディーナトラベルの撮影旅行(フォトツアー) 撮影を目的とする旅行(撮影旅行)では、じっくりと撮影をする時間の確保はとても重要です。 何よりも写真撮影を優先するために、弊社の撮影旅行は少人数での催行を基本にしています。 1名様の貸し切りツアーから、多くても6名様ほどのグループ・サイズ...
マルコーニ峠の氷河谷に散らばる化石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 単調な色彩の岩場では、雄大な山の展望ばかりに目が行ってしまうものだが、目線を下げてじっくり岩を見ていると、化石が点在しているのに気付く 大陸氷床を目前とした標高1300m前後のこの岩場は、かつて海の底であった。 壮大な隆起という造山運動の果てに、3億5000...
セロトーレ直下の氷上キャンプ:パタゴニア南部氷原⑤... パタゴニアで好天に恵まれる事は、なんという幸運な事か。 しかし、好天だけに恵まれてしまうと、本来の凶暴な自然を体験できずに終わってしまいます。 風の大地と呼ばれるパタゴニアでこその、這って歩くほどの暴風も体験したいものです。一日に四季があると言われるほどの、激しい天候の変化も。 これは好天...
氷河の成り立ちを辿る壮大なトレッキング:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 氷原で3泊、幸運にも晴天に恵まれた。セロトーレ直下の絶景を漫喫した後で、ビエドマ氷河源流部からビエドマ湖を目指す。 ビエドマ氷河の源流域から末端部まで、氷河の歴史を辿ることになる。 ビエドマ氷河の谷へ近づくにつれて、氷原の氷にクレバスが増えてきた。 氷...
パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ... パタゴニアの絶滅危惧種:ウエムル鹿 フィッツロイ山麓で使用するプライベート・キャンプはフィッツロイ峰を展望する川原沿いの森に設置されています。 ここに関係者だけが宿泊できるキャンプが作られたのはつい4年ほど前のことです。 一般のトレッカーの入り込まない静かな森です。 2年前は、この森...
パタゴニア南部氷原:ビエドマ氷河とデル・ビエント峠... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) “風の峠”デル・ビエント峠から見下ろせる小さな湖が今日のキャンプ地だ。 5日ぶりに植物の生える下界に下りてきた。湖は緑の草でみずみずしく覆われている。 上から見ると、そのキャンプ地は緑の小さな染みのようだ。 ここまで来れば大丈夫だという安堵感も嬉しい。...

南米の伝統料理:エンパナーダ(ミートパイ)

乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア:秋のフィッツロイ・トレッキング

    2016.03.25
  2. パタゴニア開拓史:氷河の思わぬ前進に翻弄される①

    2014.03.10
  3. 白夜のパタゴニア:フィッツロイ峰で望む長い夕日

    2017.05.10
  4. 数千年の歴史をもつテウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」①

    2015.08.13
  5. 劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン

    2014.04.15
  6. 地平線まで白い大氷原に辿り着く

    2015.05.24
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP