Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設

牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」

たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。

この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。

当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放置されて、アルゼンチンとチリの国境も未画定であった。そんな未開の土地に、フォークランド諸島を起点に進出してきた英国系の移民が、パタゴニアの草原が羊の放牧に最適であることを発見する。
北米のアラスカでゴールド・ラッシュが起きた同時期に、パタゴニアではウール(羊毛)・ラッシュが起きたのだ。

アルゼンチン政府は慌ててパタゴニアの実効支配に乗り出し、未開のパタゴニアの土地を開拓民に配り始める。医療も全くない時代に、家族だけで、中にはたった一人で牧場を建設して、パタゴニアの草原を羊と牧羊犬、そして牧童(ガウチョ)が闊歩するようになる。
同時に、この地に訪れた文明の衝突で、先住民テウウェルチェ族、ヤーガン族などの狩猟採集民は絶滅に近いダメージを受けてしまう悲しい時代でもあるのだ。

1983年に始まる「エル・チャルテン村」建設

フィッツロイ山麓にも、数家族が牧場を建設していたが、まだ村は存在しなかった。

チャルテンに村が建設されたのはわずか30年ほど前の1983年だ。この時期、チャルテン周辺でチリとの小さな紛争が起きたことで、戦略的な理由で村が建設された。
村が建設されてから15年ほどの時期に訪れたが、まだフロンティアという言葉が相応しいほどに、まるで西部劇に出てきそうなワイルドな村だったものだ。

チャルテン村の建設以後、ペリトモレノ氷河も有名になり、パタゴニアは急速に観光地として発展する。フィッツロイ峰とセロトーレ峰という山の魅力に、この30年で人類はやっと気づいたわけだ。

まだまだ小さな村であるのは、国立公園局がしっかりと開発を食い止めていることもあるだろう。山麓は国立公園として保護されて、今も人工物を置くことは禁止されている。建前的には倒木さえも動かすなというほどに徹底している。

人の心を揺さぶるようなフィッツロイに魅了されて、チャルテン村は年々大きくなる。最近はとうとうディスコができてしまった。
でも、そこに住む人々の気持ちは、「フィッツロイへの憧憬」で共通するだろう。

フィッツロイ峰という自然の伽藍を望む“聖地”として、チャルテン村はきっと大きく肥大化することはなく、パタゴニア的な素朴さはいつまでも保たれるような気がしている。

パタゴニア関連ページ

関連ページ

紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓... 4月中旬、フィッツロイ山麓の南極ブナの森は、真っ赤に色づきました。 パタゴニアで紅葉するのは、南極ブナの森です。 フィッツロイ山麓は、南極ブナに覆われているため、この森が秋には真っ赤になるのです。 南極ブナの森は、3月下旬から一ヶ月近くかけて、少しづつ赤くなっていきます。 そ...
果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③... マルコーニ峠を越えると、パタゴニア大陸氷床の大雪原が広がります。 快晴の雪原では陽の光の反射は強く、空の青と雪面の白だけの世界では、まるで光に包まれているかのようです。 荒れた天候で有名なパタゴニアの中でも、特に天候の厳しい大陸氷床では、快晴に恵まれることは大変な幸運でしょう。 東にフィッ...
【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓... 南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。 ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。 一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。 パタゴニアの森を...
フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②... 「エコロッジ」の宿泊施設は、シャレー利用(1軒2名利用)です。 数棟のシャレーがあるだけですので、周囲の広大な自然を独り占めするように贅沢な環境です。 チリ側のアンデス山脈西部からの湿った空気の影響を受けるので、森は深く、天候の変化もより激しい地域です。 コンドル湖からさらに北へ40分ほど...
雪が降るたびに深化する紅葉:フィッツロイ山麓にて... 満点の星空 朝、テントから顔を出すと、早朝のまっくらなフィッツロイの様子を見ていると雪が降り始めました。シンシンと降る雪は1cmくらい積もったのではと思います。 雪が止み、雲はぐんぐんと晴れて行き、天気予報通りの晴れに急転。日が差し始めると、驚くほどの速さで雪は消えてしまいました。 このよ...
パタゴニア:チャルテン村をベースにしたサポート体制... 11月から始まるパタゴニアのトレッキング・シーズン。 2014/2015シーズンは、アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山群、チャルテン村を基点にご案内いたします。 弊社は、個人でも安心してトレッキングを楽しむために、トレッキング専門の現地パートナー会社とともに、お客様を現地サポートします...

信州②:塩の道「千国街道」小谷村から糸魚川起点まで歩く4日間

パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. フィッツロイ山群で迎える夜明け(パタゴニア)

    2016.08.21
  2. フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②

    2015.04.24
  3. 180°SOUTH

    2011.01.09
  4. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  5. パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」

    2015.09.24
  6. フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退

    2014.02.27
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP