Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設

牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」

たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。

この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。

当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放置されて、アルゼンチンとチリの国境も未画定であった。そんな未開の土地に、フォークランド諸島を起点に進出してきた英国系の移民が、パタゴニアの草原が羊の放牧に最適であることを発見する。
北米のアラスカでゴールド・ラッシュが起きた同時期に、パタゴニアではウール(羊毛)・ラッシュが起きたのだ。

アルゼンチン政府は慌ててパタゴニアの実効支配に乗り出し、未開のパタゴニアの土地を開拓民に配り始める。医療も全くない時代に、家族だけで、中にはたった一人で牧場を建設して、パタゴニアの草原を羊と牧羊犬、そして牧童(ガウチョ)が闊歩するようになる。
同時に、この地に訪れた文明の衝突で、先住民テウウェルチェ族、ヤーガン族などの狩猟採集民は絶滅に近いダメージを受けてしまう悲しい時代でもあるのだ。

1983年に始まる「エル・チャルテン村」建設

フィッツロイ山麓にも、数家族が牧場を建設していたが、まだ村は存在しなかった。

チャルテンに村が建設されたのはわずか30年ほど前の1983年だ。この時期、チャルテン周辺でチリとの小さな紛争が起きたことで、戦略的な理由で村が建設された。
村が建設されてから15年ほどの時期に訪れたが、まだフロンティアという言葉が相応しいほどに、まるで西部劇に出てきそうなワイルドな村だったものだ。

チャルテン村の建設以後、ペリトモレノ氷河も有名になり、パタゴニアは急速に観光地として発展する。フィッツロイ峰とセロトーレ峰という山の魅力に、この30年で人類はやっと気づいたわけだ。

まだまだ小さな村であるのは、国立公園局がしっかりと開発を食い止めていることもあるだろう。山麓は国立公園として保護されて、今も人工物を置くことは禁止されている。建前的には倒木さえも動かすなというほどに徹底している。

人の心を揺さぶるようなフィッツロイに魅了されて、チャルテン村は年々大きくなる。最近はとうとうディスコができてしまった。
でも、そこに住む人々の気持ちは、「フィッツロイへの憧憬」で共通するだろう。

フィッツロイ峰という自然の伽藍を望む“聖地”として、チャルテン村はきっと大きく肥大化することはなく、パタゴニア的な素朴さはいつまでも保たれるような気がしている。

パタゴニア関連ページ

関連ページ

マルコーニ峠を目指して、氷河を登る... パタゴニア南部氷原(大陸氷床)とマルコーニ峠 広大なマルコーニ谷を抜けて、もうすぐマルコーニ峠だ。 見上げる空がどんどん大きくなる 左右の山も目線の高さか眼下に見下ろすようになり、パタゴニア大陸氷床に近づいていることを空の広さが教えてくれる パタゴニアでは異例の快晴・無風のなか、マル...
フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村... 3月末のチャルテンは、徐々にゆっくりと紅葉して行く 少し標高を上げると、南極ブナの樹林帯は、真っ赤になっていた 夜が明ける時間も、夏に比べるとだいぶ遅く、夜間の冷えもかなり厳しくなってきた ...
パタゴニア:フィッツロイBCの快適なキャンプ生活... フィッツロイBCのある森は、パタゴニア独特の猛烈な風からも守られている貴重な場所です。 一般トレッカーの立ち入りできない特別な場所に設置されているので、プライベートキャンプとして、目の前のフィッツロイの展望を独占できるのは大変な魅力です。 雲で山頂が隠れてしまい、なかなか姿を現さない...
チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①... 北半球の冬至は、南半球では夏至にあたります。冬至の昨日は、太陽が南緯23.5度の南回帰線の真上に位置していました。 このように北半球と南半球では、赤道を基点に季節のリズムに「半年のずれ」があります。 この半年のずれは、生き物の生息には時に大変な壁となります。種子が発芽する植物は順応が比較的に...
パタゴニア・ペリトモレノ氷河:今なお前進する神秘... ペリト・モレノ氷河 温暖化による氷河の後退は世界的な一つの事実ですが、観光地として有名なペリト・モレノ氷河は過去約200年の間、後退も前進もほとんどしていないのは、ご存知でしょうか? すぐ近くのウプサラ氷河の後退は急激であるにも関わらず、モレノ氷河末端はほとんど同じ位置を維持しています。この...
マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 氷河に磨き上げられた花崗岩は、登山靴でも滑ってしまうほどにツルツルになっている この硬い岩盤が削られたのは、いったい何万年前の出来事なのだろうか そして、これだけの高さまで氷河におおわれていたとしたら、かつての大陸氷床の規模はどれほどであったのか 花崗...

信州②:塩の道「千国街道」小谷村から糸魚川起点まで歩く4日間

パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る

関連記事

  1. 広大なパイネ国立公園で、効率的に撮影対象を廻るには

    2015.03.24
  2. ひっそりと凛と咲くアヤメの花:カンパニージャ

    2015.08.27
  3. 「地の果て」パタゴニアに魅了される作家・怪盗・探検家

    2016.12.16
  4. ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-

    2016.08.24
  5. パタゴニアのエスタンシア:観光牧場として新たな発展

    2015.10.09
  6. マテ茶の飲み方

    2010.03.15
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP