Loading

風景写真家・松井章のブログ

初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて

フィッツロイ山麓のエルチャルテン:巡り替わる季節

季節を五感で感じることができるのは、人間ならではの微細な感性ではないだろうか。
それとも、それは太古の時代から生き残る命に宿る本能的な野性なのか

ある日、ある瞬間、来る季節の到来を明確に感じることがある。

それはとてもふと瞬間に唐突に訪れるものだが、その感覚は自身の体に記憶されるようで、
かくして身体の季節感は感情や情報よりも一つ先を行き、準備を済ませてしまうようだ。

パタゴニアの冬の足音

パタゴニアで冬の足音を聞いたのは、ふとした瞬間であった。

その日、フィッツロイに射す朝日を撮るために、真っ暗な時間に出発した。
その暗闇を歩き始めたときの、その闇の響きの中に、唐突に冬の到来を感じたものだ。
それは闇に響く足音か、それとも吹き付ける風にあったのか。

紅葉の最盛期を前にまだ盛秋という気持ちであったが、その日に冬がやって来たようであった。

それからの数日でフィッツロイ山麓は、降雪と融雪を繰り返しながら、みるみる内に冬へと突き進んだ。
晩秋、あるいは初冬と呼ぶべきか、たしかに小さく季節が前進した日であった。

身体が感じる微細な変化を、意識や感性が感じ取る時には、素直に受け入れる余裕を持ちたいものだと思っている。
そして、その感覚を他者と共有するのは少し難しいので、胸に秘めるようにしている。

パタゴニア関連ページ

ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」の歩き方

世界的な美食「ペルー料理」のスター:ガストン・アクリオの偉業

関連記事

  1. アルゼンチンの国民的なスイーツ:ドゥルセ・デ・レチェ

    2017.11.24
  2. 【動画】北海道・摩周岳登山:摩周ブルーの絶景トレッキング

    2020.10.08
  3. 【風景写真の基本】定点観測で望むモニュメントバレー

    2020.05.19
  4. 日本の夏を象徴する花火:日本人の美と世界観

    2020.06.15
  5. パタゴニアに生息する幻の鹿:ウエムル

    2015.03.12
  6. マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

    2015.05.17
パタゴニア
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP