Loading

PHOTO-BLOG

初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて

フィッツロイ山麓のエルチャルテン:巡り替わる季節

季節を五感で感じることができるのは、人間ならではの微細な感性ではないだろうか。
それとも、それは太古の時代から生き残る命に宿る本能的な野性なのか

ある日、ある瞬間、来る季節の到来を明確に感じることがある。

それはとてもふと瞬間に唐突に訪れるものだが、その感覚は自身の体に記憶されるようで、
かくして身体の季節感は感情や情報よりも一つ先を行き、準備を済ませてしまうようだ。

パタゴニアの冬の足音

パタゴニアで冬の足音を聞いたのは、ふとした瞬間であった。

その日、フィッツロイに射す朝日を撮るために、真っ暗な時間に出発した。
その暗闇を歩き始めたときの、その闇の響きの中に、唐突に冬の到来を感じたものだ。
それは闇に響く足音か、それとも吹き付ける風にあったのか。

紅葉の最盛期を前にまだ盛秋という気持ちであったが、その日に冬がやって来たようであった。

それからの数日でフィッツロイ山麓は、降雪と融雪を繰り返しながら、みるみる内に冬へと突き進んだ。
晩秋、あるいは初冬と呼ぶべきか、たしかに小さく季節が前進した日であった。

身体が感じる微細な変化を、意識や感性が感じ取る時には、素直に受け入れる余裕を持ちたいものだと思っている。
そして、その感覚を他者と共有するのは少し難しいので、胸に秘めるようにしている。

パタゴニア関連ページ

ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」の歩き方

世界的な美食「ペルー料理」のスター:ガストン・アクリオの偉業

関連記事

  1. トーレス・デル・パイネ峰と山上の湖/パタゴニア

    2016.12.15
  2. 【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏

    2018.12.01
  3. キンチャクソウ「トパトパ」の花:パタゴニアのワイルドフラワー

    2015.08.25
  4. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
  5. パタゴニア南部氷原:ウエムル峠を越えて、ビエドマ湖へ

    2015.05.27
  6. 「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング

    2018.05.03
パタゴニア
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP