Loading

PHOTO-BLOG

初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて

フィッツロイ山麓のエルチャルテン:巡り替わる季節

季節を五感で感じることができるのは、人間ならではの微細な感性ではないだろうか。
それとも、それは太古の時代から生き残る命に宿る本能的な野性なのか

ある日、ある瞬間、来る季節の到来を明確に感じることがある。

それはとてもふと瞬間に唐突に訪れるものだが、その感覚は自身の体に記憶されるようで、
かくして身体の季節感は感情や情報よりも一つ先を行き、準備を済ませてしまうようだ。

パタゴニアの冬の足音

パタゴニアで冬の足音を聞いたのは、ふとした瞬間であった。

その日、フィッツロイに射す朝日を撮るために、真っ暗な時間に出発した。
その暗闇を歩き始めたときの、その闇の響きの中に、唐突に冬の到来を感じたものだ。
それは闇に響く足音か、それとも吹き付ける風にあったのか。

紅葉の最盛期を前にまだ盛秋という気持ちであったが、その日に冬がやって来たようであった。

それからの数日でフィッツロイ山麓は、降雪と融雪を繰り返しながら、みるみる内に冬へと突き進んだ。
晩秋、あるいは初冬と呼ぶべきか、たしかに小さく季節が前進した日であった。

身体が感じる微細な変化を、意識や感性が感じ取る時には、素直に受け入れる余裕を持ちたいものだと思っている。
そして、その感覚を他者と共有するのは少し難しいので、胸に秘めるようにしている。

パタゴニア関連ページ

ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」の歩き方

世界的な美食「ペルー料理」のスター:ガストン・アクリオの偉業

関連記事

  1. パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設

    2018.01.22
  2. 黎明の富士山を大岳山から望む:東京・御岳

    2019.01.06
  3. パタゴニアのフィッツロイ峰を望む撮影ベスト・ポイント

    2016.09.10
  4. 青い氷穴・アイスケーブを探して-ビエドマ氷河ハイキング(エルチャルテン村)

    2018.03.21
  5. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡

    2015.10.30
  6. ガウチョの歌声と伝統舞踏/オンブ牧場1日観光③

    2019.07.25
パタゴニア
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP