Loading

PHOTO-BLOG

パイネ国立公園の3本の岩塔「トーレス・デル・パイネ」/パタゴニア

パイネ国立公園の名峰トーレス・デル・パイネ

パタゴニアを代表するパイネ国立公園は、香川県とほぼ同じ面積の巨大な国立公園です。国立公園の中心のパイネ山群は実に多様な表情を見せるので、できれば4,5日は滞在して、いろいろな角度から山群を望みたいところです。

パイネ山群において、国立公園(Torres del Paine National Park)の名前の由来ともなった名峰が、3本の岩塔「トーレス・デル・パイネ」です。

この名峰を望むには、国立公園の東の草原から遠望するか、あるいはトレッキングで岩塔群の奥深くに入り間近で望むか、2つの方法があります。

岩塔の名前は右側から北峰(2248m)、中央峰(2800m)、南峰(2850m)です。花崗岩の岸壁は直下の氷河湖から標高差1300m前後もあります。

パイネ山群の大半は固い花崗岩の岸壁で構成されています。太古の昔に地下で固まったマグマが花崗岩となり、気の遠くなるような時間で隆起、そして氷河の氷と南極から吹く暴風が磨き上げました。

岩塔から吹き降りる冷たい暴風は、岩塔を見上げる山上の氷河湖を目指すトレッカーを厳しく阻むことがあります。ときに風は、左右、前方の3方向から代わる代わる谷に吹き付けるので、這うように歩くこともあるでしょう。

山上の氷河湖から望む絶景は、はるばる歩いて来たからこそ望める展望です。それは日本の山岳風景とは全く異なるパタゴニア的な絶景なのです。

動画:パタゴニア・パイネ国立公園のマジックアワー:朝日と夕日の絶景集

=★チャンネル登録はこちらをクリック★==
→→→ http://bit.ly/38DHeGc

動画:【南米パタゴニアの絶景】パイネ国立公園トレッキング(チリ)

《写真》世界の絶景写真フォトギャラリー:パタゴニア編

アンディーナトラベルの映像部門「松井章 写真事務所」のフォトギャラリー、パタゴニア編です。
雑誌や企業の会報誌、カレンダー等にご利用いただいている写真も含めています。ぜひご覧ください。

風と雲が作り出す幻想風景:パタゴニア・パイネ国立公園の夕日

【動画】富士山と星降る空を望むin本栖湖・浩庵キャンプ場

関連記事

  1. 南米最高峰アコンカグアへ②:ベースキャンプ -コンフルエンシア

    2018.03.03
  2. クリスティーナ牧場の草原歩き⑨ -パタゴニア

    2015.11.03
  3. 【予告】2021年5月開催「南米大陸の幻想風景/松井章 写真展」のご案内

    2020.10.24
  4. 【パタゴニニア】3月8・9・10日は、トレッキング祭の日です。

    2013.03.08
  5. 【今日の絶景】ブラジル・レンソイス砂漠の風紋と砂丘

    2015.12.24
  6. アラスカの原野を歩く「キャンプ・デナリ&カリブー・ロッジ」ツアー報告

    2017.08.28
パタゴニア
2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP
error: Content is protected !!