Loading

PHOTO-BLOG

パイネクエルノ峰を直下で望む「Wルート」トレック

1.jpg
山小屋泊でパイネ国立公園を縦走すると、パイネ山群の懐に入り込むような大展望を望めます。
日帰りで遠望するのとは一味違う、縦走するから望める迫力の展望。
山岳写真の撮影でパイネ国立公園に行くのであれば、どのような写真を撮るのかで、訪れるポイントも大きく異なってきます。
パイネ・クエルノの花崗岩の岸壁の直下から、パイネ山群を見上げるような展望、少しマニアックです。
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
※山小屋のベッド確保は、事前に旅程を全て固定する必要のある日本人ツーリスト(トレッカー)には、少し不利なシステムです。半年ほど前にはデポジットを入金して各山小屋を確保するのが推奨です。
※弊社の手配では、プンタアレナス発着からの専用車利用の手配です。トレッキングでは、専属トレッキング・ガイドが同行します。
※山小屋のみの手配はできませんので、予めご了承ください。

関連ページ

パイネ国立公園:縦走トレッキングのみで望める大岩壁... パイネ・グランデ南面 パタゴニアを代表する山岳展望といえば、チリ側では「パイネ国立公園」です。 パイネ山群の名だたる秀峰の中でも、最も有名なのはクエルノとグランデ、トーレス・デル・パイネです。この前者2つの巨大な山容は、見る角度により全く形が異なり、それぞれの魅力があります。 それらの角度...
光彩を放つパタゴニアの暴風 吹き荒れる時には、人が飛ばされるほどの風が吹く。 というのは信じがたいが、パタゴニアでは日常の風景です。 風の通り道では年中吹き荒れて、時に四方から不意を付くような風が、空気の塊が、ぶつかってくる。 ジェット機が離発着するような轟音が、上空から一晩中聞こえることもあります。 時にその風は...
山岳写真撮影:ペオエ湖畔でパイネ山群を定点観測... パイネ山群を一望するペオエ湖のロッジで、じっくりと山と雲と湖を見つめられる時間があれば、それはとても贅沢な時間です。動き回るのと違う、定点観測する強み。 雲間から差す光線の角度と量により、山も雲も湖もぐんぐんと色が変わっていきます 朝と夕方の、世界全体が紅に染まるほどの一瞬に立ち合えれば、そ...
広大なパイネ国立公園で、効率的に撮影対象を廻るには... チリ・パタゴニアの「パイネ国立公園」の魅力は広大な面積にあり、同時に悩みどころも、その広さにあります。 基点の町プエルト・ナタレスからも約3時間以上は離れているので、できればパイネ国立公園内のロッジに宿泊して、何日か滞在したいものです。 パイネ山群の全景を展望できれば良いとするか、それとも、...

光彩を放つパタゴニアの暴風

広大なパイネ国立公園で、効率的に撮影対象を廻るには

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. アルゼンチン開拓のシンボル:パタゴニアを駆ける牧童・ガウチョ

    2016.12.19
  2. パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史

    2015.09.15
  3. マテ茶の飲み方

    2010.03.15
  4. 3/18「フィッツロイ山群トレッキング 9日間」のお知らせ

    2016.10.12
  5. フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村

    2015.06.01
  6. 果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③

    2014.09.12
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP