Loading

PHOTO-BLOG

【パタゴニニア】3月8・9・10日は、トレッキング祭の日です。

DSCN0920.JPG
3月8・9・10日は、アルゼンチン・パタゴニアのチャルテン村では「トレッキング祭り」の日です。
このお祭りは、1948年3月18日に、フィッツロイがアルゼンチン人によって初めて登頂されたことを祝うために行われています。
シーズン終盤ののんびりしたチャルテン村のゆるい雰囲気の中で、クライミングヤトレッキングが行われます。トレッキングでは、普段歩かないルートを歩いたりするそうです。
ツーリストも減り、静かなパタゴニアのチャルテン村も魅力的です。

関連ページ

2011パタゴニア旅行 ④レオナ牧場(エステーラ牧場)... 憧れのレオナ牧場に宿泊しました。ここの魅力は、対岸に見えるフィッツロイです。 ビエドマ湖からフィッツロイ山群を望む。左の氷河は、北部氷床から流れるビエドマ氷河。 レオナ川 パタゴニア史のドラマに満ちたレオナ牧場。おみやげ屋併設の本館には、40ドルで宿泊できます 牧場の敷地内を延々と歩く ...
南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り... カスティーリャ地方のスペイン語:カステジャーノ 16世紀に新大陸に波及したスペイン文化は、今日の南米大陸に「スペイン語」という共通言語をもたらしました。スペイン各地方からの移民が中南米各国の中枢を形成する中で、中南米ではスペイン語が「カステジャーノ」と呼ばれるようになります。 「カステジャー...
パタゴニアの岩峰群の成り立ち:花崗岩の怪峰パイネ・クエルノ... 花崗岩の怪峰「パイネ・クエルノ」 「角」を意味するパイネ山群の怪峰・クエルノは、見る角度により、形が全く異なります。 車道やトレッキングのトレイルからの展望で、花崗岩の独特な絶壁が刻々と姿・形を変えていくことに、きっと息を飲むほどに圧倒されるでしょう。 標高差2500m近い絶壁を周りながら...
サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)... 延々と続く草原の彼方へ、土埃を濛々と上げて進む パタゴニアでは何時間も同じ景色が続く。 24時間移動しても景色が全く同じであったりする それくらい、パタゴニアは、南米大陸は、とてもつもなく広い。 サンマルティン湖の西の外れ、コンドル牧場(エスタンシア・コンドル)では、牧童(ガ...
劇的に変化する森の様相:デシエルト湖とチャルテン... チャルテンの北へ約30キロ、デシエルト湖へ移動すると、気候は湿度を増し森の様相も変わります。チャルテン周辺では、サルオガセが着生していますが、この周辺の木には、分厚い絨毯のようなコケが着生しています。大西洋からの湿度が流れ込みやすい地形で、気候はチリ・パタゴニア的と言えるでしょう。 デシエルト...
パタゴニアのキノコ①:春の森の名物・キッタリア... 「インディオのパン」と呼ばれる“キッタリア”は、綺麗な球体をしているキノコだ。 「ジャオジャオ」とも呼ばれている。 先住民にとっては貴重な食糧の一つであった。 特に、ビーグル水道近辺のフエゴ島に住んでいたヤーガン族は、このキノコを主食の一つとしていた。 カヌーで狩猟採集するヤーガン族は、...

6月24日は、「太陽の祭(インティライミ)」の日です。

【グアテマラ】伝統料理ホコンを食べる

パタゴニア

関連記事

  1. パイネ国立公園:縦走トレッキングのみで望める大岩壁

    2014.08.26
  2. パイネ国立公園:グアナコと食物連鎖の果て-パタゴニア

    2016.05.14
  3. 薄明のパタゴニア・フィッツロイ峰:知覚できない領域へ

    2018.09.14
  4. パタゴニアの名峰・フィッツロイを展望する3つの方法(チャルテン村)

    2017.05.20
  5. パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史

    2015.09.15
  6. マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原

    2015.05.18
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP