Loading

風景写真家・松井章のブログ

《モノクローム写真》パタゴニアの嵐と名峰フィッツロイ


パタゴニアで嵐が起きると、手を付けられないほどに暴風が吹き荒れる。
いつ止むともしれない悪天であるが、それは吉兆でもある。

嵐の後には、得も言われぬ絶景に恵まれることが多いからだ。

雲の動きが早ければ、いっそう目を離すことができないだろう。

突然現れて来る絶景を望むためには、山の方角をいつでも見ていたい。

絶望的に荒れ狂っていた鈍空が、瞬く間に幻想的な風景へと変化するのはよくあることだ。

特に、フィッツロイ峰は西麓に氷原を擁することから、複雑怪奇なほどに天候が目まぐるしく変わり雲が湧き出す。
かつて草原に暮らした先住民テウェルチェ族は、フィッツロイ峰を「煙を吐く山」(チャルテン)と呼び、20世紀初頭の探検家たちもフィッツロイを活火山だと考えていたほどなのだ。

もし姿を見せていないとしても諦めずに、一瞬の奇跡を信じて、フィッツロイが姿を現すのをじっと待ちたいものだ。

パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために

アルゼンチンの国民的なスイーツ:ドゥルセ・デ・レチェ

関連記事

  1. BA Styleコラム7月号:アルゼンチンで親しまれる「乗馬」

    2021.07.15
  2. チャルテンからさらに北へ:パタゴニアのサンマルティン湖

    2016.05.27
  3. 写真展の会期は残り2日

    2023.08.25
  4. 秋のパタゴニア:フィッツロイ山麓が色づく紅葉①

    2015.08.17
  5. スペインのおすすめ小皿料理「タパス」:バルセロナ編

    2022.06.24
  6. 早春の北海道:風車と草原の宗谷丘陵へ

    2022.05.30
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP