Loading

PHOTO-BLOG

《モノクローム写真》パタゴニアの嵐と名峰フィッツロイ


パタゴニアで嵐が起きると、手を付けられないほどに暴風が吹き荒れる。
いつ止むともしれない悪天であるが、それは吉兆でもある。

嵐の後には、得も言われぬ絶景に恵まれることが多いからだ。

雲の動きが早ければ、いっそう目を離すことができないだろう。

突然現れて来る絶景を望むためには、山の方角をいつでも見ていたい。

絶望的に荒れ狂っていた鈍空が、瞬く間に幻想的な風景へと変化するのはよくあることだ。

特に、フィッツロイ峰は西麓に氷原を擁することから、複雑怪奇なほどに天候が目まぐるしく変わり雲が湧き出す。
かつて草原に暮らした先住民テウェルチェ族は、フィッツロイ峰を「煙を吐く山」(チャルテン)と呼び、20世紀初頭の探検家たちもフィッツロイを活火山だと考えていたほどなのだ。

もし姿を見せていないとしても諦めずに、一瞬の奇跡を信じて、フィッツロイが姿を現すのをじっと待ちたいものだ。

関連ページ

パタゴニア:チャルテン村の建設記念日... 10月12日は、アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓、チャルテン村の建設30周年記念日です。 1910年頃から、フィッツロイ山麓の開拓は、主にフィッツロイ牧場とラ・キンタ牧場により行われていましたが、現在のチャルテン村付近は30年前まで無人の土地でした。 チャルテン村の建設までは、アルゼンチ...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア... 未明の真っ暗闇の中、トーレ湖のモレーンを登る。 湖の畔にたたずみ、セロトーレが真っ赤になるモルゲンロートを待ちます。 フィッツロイ山群でも特に風が強いセロトーレで、耳が痛くなるような静寂の中で夜明けを待てるのは、めったにない幸運です。 日中は多くのトレッカーが訪れるトレイルも、夜明けの時間...
フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②... 「エコロッジ」の宿泊施設は、シャレー利用(1軒2名利用)です。 数棟のシャレーがあるだけですので、周囲の広大な自然を独り占めするように贅沢な環境です。 チリ側のアンデス山脈西部からの湿った空気の影響を受けるので、森は深く、天候の変化もより激しい地域です。 コンドル湖からさらに北へ40分ほど...
パタゴニア・パイネ国立公園の名峰:クエルノ「角」... パタゴニアの名峰:パイネ・クエルノ パタゴニア・パイネ国立公園(チリ)のクエルノ峰は、チリ・パタゴニアを代表する名峰です。 クエルノを始め、グランデ峰、トーレス・デル・パイネ峰などを、どのような角度で望むかにより、訪れる場所や方法も異なります。 「クエルノ」は、スペイン語で「角」を意味...
パタゴニアの変化自在な「レンズ雲」の魅力/フィッツロイ山麓... パタゴニアのもう一つの主役:レンズ雲 パタゴニアの魅力の一つが「雲」にあることは、実際に行ってみると納得がいくことでしょう。 西からの暴風に飛ばされて生じる「レンズ雲」と呼ばれる不思議な高積雲は、パタゴニア名物と言っても良いほどです。 その雲の形は、ときにこの世の終わりを感じさせる...

パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために

アルゼンチンの国民的なスイーツ:ドゥルセ・デ・レチェ

関連記事

  1. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  2. パタゴニア:3種類の南極ブナ② 落葉樹「ニレ」

    2015.09.19
  3. 2011パタゴニア旅行 ⑤ヘルシンガー牧場(その一)

    2012.02.05
  4. パタゴニア南部氷床:氷河昆虫

    2013.12.18
  5. パタゴニアのシンボル:黄金色のコイロン草と羊

    2015.03.06
  6. パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント

    2016.09.06
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP