Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日


パタゴニアの先住民・テウエルチェ族は、フィッツロイを“チャルテン(煙を吐く山)”と呼んでいました。
そして、ヨーロッパの探検家や開拓民も、つい100年ほど前まではフィッツロイを活火山と考えていました。

それほどに、フィッツロイの峰々は雲に覆われることが多い山です。

フィッツロイを望むには、荒天の停滞日も踏まえて日程に余裕を持つと、展望できるチャンスが上がります。

パタゴニアの秋、雨は頻繁に雪に変わります。
そんな日はテントで停滞を余儀なくされますが、空を見上げれば、チャルテン村の方角の空は青空だったりします。
青空と雲の境目が、フィッツロイBC付近なのが分かるでしょう。

ときおり鋭く陽が差し込み、うっすらとフィッツロイが姿を現したりするので、停滞日といえどもフィッツロイから目を離すことはできません。

荒天で強風が荒れ狂う日は、空からゴーゴーととてつもない轟音が聞こえます。
キャンプのある森は、そんな強風からも守られているので、じっくりと天気が好天するのを待ちます。

こんな停滞日を体験すれば、パタゴニアの体験もぐっと深くなります。



関連ページ

劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>... 「フィッツロイで朝日を迎えたい」という問い合わせを、今年は頻繁にいただけるようになり、とても嬉しいです。 フィッツロイで最も美しい時間帯は、間違いなく「朝日」だからです。 その朝日を確実に安全に望むには、プライベート・キャンプでのテント泊がベストです。 ダイニング用のドーム・テ...
「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典... 特製カレンダー2018「パタゴニア&南極」 アンディーナトラベル・クラブ会員特典「カレンダー 2018」を作成中です。 来年のカレンダーのテーマは、『パタゴニア&南極』です。 パタゴニア創成から深く関連する南極の自然とともに、「亜南極」の風景写真を集めたカレンダーです。 南極...
暴風圏の樹木:パタゴニアで繁栄する「南極ブナ」... “風の大地”と呼ばれるパタゴニアでは、南極ブナもまた“風”に支配されている。 春に咲く南極ブナの花の受粉の仲立ちとなるのは、風(風媒花)だ。 晩夏に熟した実は、やはり風によって広く運ばれて行く。 100年を越す大木に育った南極ブナも、最後は風によって倒される。 森を歩けば、いたるとこ...
カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ... カラファテからビエドマ湖までは、アルゼンチンを南北に大縦断する国道、ルート40号線で北上する。レオナ牧場を通過してしばらくすると、分岐を左に曲がり、県道のルート23号線でチャルテンへ向かう。 今ではこの区間は舗装道路となり2時間半ほどの距離となったが、十数年ほど前までは砂利道であった。 古び...
パタゴニア南部氷原:フィッツロイから氷河創生の歴史を歩いて辿る... 世界3番目の氷塊:パタゴニア南部氷原 パタゴニア南部氷原は、世界で3番目に大きな氷の塊だ。 南極やグリーンランドに次ぐ大きさと言われると、とてつもない巨大な氷の塊であることが分かるだろう。 幅30キロ、長さ300キロほどの細長い谷が、深さ1500mほども氷で埋め尽くされている。その巨大...
《初心者も歩ける》パタゴニアの名峰フィッツロイ展望ハイキング... 個人旅行でも体験できる「フィッツロイ展望ハイキング」 パタゴニアに行くからには、名峰フィッツロイを望むハイキングは体験したいところです。フィッツロイの迫力は日本では見たことない圧倒的なスケールで、感動すらしてしまうハイキングとなるでしょう フィッツロイ山麓のチャルテン村では弊社のサポートデス...

パタゴニア:秋のフィッツロイ・トレッキング

パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日

    2017.12.28
  2. パタゴニアのエスタンシア:レオナ牧場①

    2015.10.19
  3. マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原

    2015.05.18
  4. パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ

    2014.05.19
  5. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
  6. パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ

    2016.03.31
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP